松江人の日帰り登山

未踏の山を幾つ登れるか挑戦しています

イングリッシュ・ガーデンの3兄弟?

2017-07-26 | 風物詩

最近、松江のイングリッシュ・ガーデンへは入口からでなく湖岸側の裏口から入ることにしている。そして滅多にないけど、白鳥(数羽が1年中宍道湖のどこかに居る)の姿を見るときがあるが、いつも目につくのはこの3羽。仲良くエサを探したり、砂浜で日光浴をしていて仲が良い。白いのはアヒル、いわゆるシロアヒル。1羽だけ色が違うので図鑑で調べるとマガモのオスらしい。アヒルの原種はマガモで、家禽化したものがアヒル。カモと同じように宍道湖のような海水の混ざる汽水湖でも生息できるらしい。夜もここを寝ぐらにしているかも。夏になってガーデンの花々も、訪れる人もめっきり減ったけれど、展望棟の中を通って岸辺に下り、宍道湖を眺めながら、仲良し3羽のほほえましい姿を見てほしい。




園内の池にはスイレンの花...

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この1冊 『小さなモネ ア... | トップ | ちょっとドライブ、雲南の滝へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。