松江人の日帰り登山

未踏の山を幾つ登れるか挑戦しています

夕景城址(矢筈山)探訪登山

2017-04-29 | 日帰り登山

矢筈山 やはずやま 936.5m
4/29 晴れ 出発地:奥出雲町大峠 吾妻山第1駐車場 553m

恒例の馬木公民館・馬木地区振興会主催の今年の登山は、山陰の城跡では一番標高の高い山にある夕景 ゆうげ 城址探訪。30人ほどの参加者は城の歴史について話を聞いた後、近くの人家前(許可を得て)から山道に入る。ポツリと落ちて来る雨も上がり、青空が広がりだす。今日は小学生も参加しているので休憩回数も多く、ちょっと調子が狂いそう。スギの植林帯に入るとキイチゴ(葉っぱを確かめてないけど)の茎や枝が伸びていてトゲに警戒しながらの登山。途中から作業道が切れて道の無い背の低い植林帯を、大小の倒木を避けながら直登するので大変歩きづらい。振り向くと吾妻山や烏帽子山が大きく眺められる。二つのピークの鞍部に出て、左のピークに登れば三角点のある山頂。1時間弱のコース。樹間から周りの山々、里の集落が見えるが、夏になると葉が茂って何も見えなくなる。昼食後、郷土史家の方から城の構造について、歩きながら説明を受けた。隣りのピークの方が築城が古いという。昔は今よりずっと寒さ厳しく、積雪も多かったはず。冬は里に下りていたのもうなずける。参加者の皆さん、熱心に話を聞いておられた。下山で男の子が「おじいさんにあげる」と言いながらタラの芽を採っていた。馬木小学校の生徒に、お父さんの影響で城を研究している男子がいるそうだが、今日は来ていたのかな?
県道25号線の行き帰りの車中から、道路沿いに薄紫色のフジの花があちらこちらに垂れ下がり、ツツジも見られて道を彩っていた。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美保関ヘ 4/24 | トップ | 独松山だより 5/2 地元小学... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。