SCUM’S BLOG
満たされている時は
満たされている事に気付かない
むしろ枯渇すら感じる
 






丸善の「ホモソーセージ」


庶民が「ソーセージ」と言われ、まず一番にイメージが沸くであろう、あのソーセージ。

ピンク色の、あのソーセージ。


前々から気にはなっていたのだが、なぜに「ホモソーセージ」なのか。


ソーセージに、ホモ。

狙っているのか?とか、ついつい思ってしまう。

そんなわけはないだろうと、ちょっと調べてみた。



丸善のサイトによると、


>「ホモソーセージ」の『ホモ』は、英単語の"homogenized"(均一する)からとったものです。
>魚のすり身を全体が均一になるよう、よく混ぜ合わせた生地を使用しているからです。



...だそうな。

ふむふむ。
homogenizedとな。


【homogenized】〈異質な要素を含むものを〉同質[均質]にする.〈ミルク・クリームなどを〉(混合して)均質化する (プログレッシブ英和中辞典)


フーム。


【homo】 《同じ、の意》。同一細胞内に同一の遺伝子が対になって存在すること。一組の対立形質をAとaで表すと、AAかaaの遺伝子型となる。同型。ヘテロ。
《homosexualの略》同性愛者。ふつう、男性にいう。 (大辞泉)



なるほどね。
ホモって、略されちゃってるけど、つまり、homo=同じ+sexualなわけね。


homoそのものの意味は、すごく単純なものなので、homoを頭に持つ言葉も非常に多い。



っていうか、ホモソーセージの原料は魚なのね。
そっちも意外。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« メダカが気になる 恋愛バトン »
 
コメント
 
 
 
Unknown (nao)
2007-02-09 19:18:41
こんにちは。
なぜ「ホモソーセージ」なのか!!
ふと、疑問を感じ調べたらココに辿り着きました。

ありがとうございます^^
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。