SC相模原 情報局

SC相模原の情報やレポートを発信します!!
ツイッターも、『ひろきかいちょー』でやっています。

第17節 鹿児島ユナイテッド戦にむけて

2017-07-10 21:11:39 | SC相模原レポート
J参入1年目での”躍進” 鹿児島ユナイテッドFC
  ・念願だったJ参入1年目の昨季は浅野監督(現:長野)のもと、5位という好成績を残した。
   今季は三浦監督を迎えて今季をスタートした。昨季の主力が残留し、新たに松下選手(元:横浜FC)・上本選手(元:V長崎)
   らが加入し大きな戦力を獲得した。今年は、攻撃的で躍動感あるサッカーでJ3優勝を狙う。

鹿児島の予想スターティングメンバー
 *松下選手はけがかどうかがわかりませんが、一応入れておきます・・・。

   


鹿児島の攻撃的サッカー
 ・昨季はホームで0-4と大敗を期した。前線からのプレスに硬い守備そして、前線には昨季J3得点王の藤本選手が待っている。
  セットプレーも武器としており、PKを含め9点を取っている。SBも高い位置に上がり攻撃に参加し、パスワークでも魅せる鹿児島。
  しかしここ数試合は決定機を決めきれていない印象がある。セットプレーも一つのカギを握る試合になると思うし、接戦になるし
  面白い展開になるのかなと思います。前節初出場ながらゴールした岩田選手ら前線の選手が決定機を決めきれるか
  そしてスタメンもどうなるか見どころです。

要注意選手  
  
 ①藤本 憲明 選手
  ・昨季はJ3得点王だった藤本選手。鹿児島のエースで絶対的ストライカー。
   ゴールの嗅覚・得点能力が優れた選手で、オフ・ザ・ボールの時の的確なポジショニングセンスも
   ゴールにつながっている。
   『2年連続得点王』を目標にかかげ、ファンからもイケメンで天才肌なので愛されている。
   要注意選手です。

  ②松下 年宏選手
   ・複数のポジションをこなせるユーティリティープレイヤー。
    試合に出場した時はJ3屈指の正確無比の右足でのキックでチャンスを演出
    そしてパスで攻撃を組み立てる。正直いないときつい、という感じの選手なのかなという印象。

 ③赤尾 公選手
   ・鹿児島の攻撃はここから始まり、”鹿児島の心臓”の選手。司令塔で昨季は判断力・広い視野で攻撃を牽引。
    チームに安定感をもたらし、キャプテンとして精神的支柱でも引っ張っている。

  ④五領 淳樹選手
   ・松下選手がいないときは、精度の高いキックを生かしてセットプレーキッカーを務めている。
    左サイドの突破口を開く選手でドリブルで魅せ、シュートでもアグレッシブさが光る選手。

まとめ
 ・前節は決定力を欠き、1-1でのドロー決着と悔しい結果となった。
  一方で麦倉選手の2戦連続アシストや岩田選手の初ゴールと好材料もある。
  この前の試合での監督会見でこういう言葉がありました。
  
  『ただ、その後に何度もチャンスがあった中で決めきれないという点では、
   我々がここまで勝ち点が伸びていないポイントだと思います。
   セットプレーもやっと惜しくはなってきましたけど、惜しいと決めるのとでは違いますからね。
   そこは極端に言うと、練習時間を増やしてもいいのかなとも思いますし、ゴールのダブルボックスで足を振るトレーニングを、
   もっと、もっと、やっていってもいいのかなとも思います。
   そうでなければ、ゴール前に行ったときに足を振るという思い切りの良さというのが出てこないと思うので。
   斜めのクロスに対して一歩間に合わないとか、相手にぶつけてしまうというところは、ある意味、仕方がないんですけど、
   そこにこだわれるように。ただ、逆に言えば、そこに特化できる段階にまで来たのかなとも思うので、
   そこを突き詰めていければなと思います。』
  
  攻撃面での練習の成果が出てきてほしいなと思うし、ボックス内で足を振る事、ゴールへの執念が見える、
  セットプレーで得点するなど結果が一つでもついてくると今の状況下では大きな自信になると思うので期待したいと思います。

 
 ・そして鹿児島戦レポートもこの前は少し甘かったので質のいいものを書けるように考えていきたいと思います。
    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第16節 ガイナーレ鳥取戦 ... | トップ | 第17節 鹿児島ユナイテッド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。