ファニチャー製作と俺物語

家具づくりと俺物語を書いています。新品の木材に独自のペイントを施し、ヴィンテージのような風合いに仕上げているのが特徴です

ストーリーと想い

2016年10月18日 | ファニチャー


うれしいコメント頂きましたm(._.)m



ぼくの家具にはストーリーがあるんです
エイジングと言われる使い込まれた風合いに仕上げるのもそうですが、きれいに塗りどうやって使いどこのペンキを剥がすか?

そしてスクラップヘヴン55としてのファニチャーは完成します(`◇´)ゞ

しかーし、そこからがぼくの重要な部分で実際に購入された方がずっと使い更に子供へと受け継ぎ更に孫まで使い込み本物のアンティークになる 

なので木材もしっかりとしたモノを使っていますし、見た目はボロいですが笑 新品ですからねーっ長持ち( ´∀`)

とってもうれしいコメントでした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 製作 | トップ | 木工家と話す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL