scrap!

猫と暮らす日々の覚え書き。

カナくん五七日

2017-04-28 06:30:30 | カナ
カナくんはもういないのに、
たくさんの方々が今もこのブログを見守ってくださっていて、
本当にありがたく思っています。

カナくんの存在を知ってから猫さんをおうちにお招きした方や、
外にいる猫さんの為に動き始められた方からのコメントもいただいて、
みなさんの行動をすごいなあと思いながら読ませていただいてます。

ねえ、カナくん。
君が頑張って生きた証はたくさんのヒトの心の中にしっかりと残っているよ。


(撮影:イッチさん)


愛猫
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

チャロカナの日#1

2017-04-25 06:30:30 | チャロカナ


チャロさんがやって来たのが4月25日なので、
以前は毎月25日を「チャロの日」として、
夜ゴハンをちょっとご馳走にしたりしていました。

が、カナくんがやって来て、
日々一進一退の体調や食欲をみながらお世話しているうちに、
1ヵ月というスパンで物事を考えることが出来なくなってしまいました。
それにカナくんのおかげで、チャロさんも毎日のようにご馳走だったしw



そんなワケで「チャロの日」はお休みしていたのだけど、
カナくんが旅立ったのも25日。
「チャロの日」は「チャロカナの日」として、再開です。
チャロさんと一緒に暮らして今日で丸4年。
カナくんが旅立って1ヵ月。とてもかなしい1ヵ月でした。
まだまだつらい月命日だけど、
「チャロカナ」というコトバをこれからも使い続けられることがうれしい。
カナくんからのプレゼントかな。



以前にコメントをいただいていましたが、
63氏がカナくんを迎えに行ったのも25日なんですよね。
---
M子さま
『角田光代とトト』見ました。
教えてくださって、ありがとうございます。


愛猫
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

カナくん四七日

2017-04-21 05:57:44 | チャロカナ


ちょっと落ち着いたかなと思った翌日にはまた一日メソメソしていたりと、
行ったり来たりの毎日です。
頭ではいろいろ理解しているつもりなのだけど、
まだまだ気持ちがついていきませぬ。
スーパーのお刺身売り場で目に涙を浮かべている不審者がいたら、ワタシですw






愛猫
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

素直な心境

2017-04-16 16:22:57 | チャロカナ
今日は63氏が来てくださいました(感謝)。
生クリームのスキなカナくんにショートケーキを持って来てくれましたよ。


狙うチャロさん。
カナくんのですよ〜。


——
昨日の夕方、ブランケットはかすかな匂いに戻っていました。

読んでくださっている方々がひくんじゃないかと思い、
「オカルト」なんて書いて濁してましたが、
過去記事から「オカルト」の文字を削除しました。

昨日もその前の時もカナくんが来てくれたのだと思います。
カナくんとの日々は試行錯誤の連続で、ワタシのしていることが
カナくんにとって本当に正しいことなのかわからないことばかりでした。
もっとやれたんじゃないのかなと後悔の残ることもほんの少しあります。
でも、2度も来てくれたということは、
一緒に過ごした日々がカナくんにとっても、
しあわせな時間だったんだなと思えるようになりました。

カナくんに愛された記憶を持たせて旅立たせることが出来て本当によかった。

この気持ちはこれから前に進むためのチカラになってくれると思います。
来てくれてありがとう、カナくん。
心配かけてゴメンね。

もうひとつ書かせていただくと、
昨日の記事の箱詰めチェック中のチャロさんの3枚目の写真。
カナくんの骨壷を見ていたんです。
なにかお話していたのかもしれません。


愛猫
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

猫から猫へ

2017-04-15 14:13:04 | チャロカナ
カナくんの闘病グッズ各種を福猫舎さんに送らせていただきました。
まだまだある療法食はチャロさんが平らげてくれるけれど、
強制給餌用に用意した『キドナ』、
珍しくチャロさんのお口に合わない『カロリーエース』、
そして高カロリー過ぎてチャロさんには与えたくないw『a/d』もお送りしました。
頑張り抜いたカナくんから、いま頑張っている猫さんたちへの贈り物。

箱詰め作業をチェックするチャロさん。






届けてくれるのはクロネコさんですよ。


——-——-——-——-——-——-—-——-
枕元に置いてあるカナくんのブランケット。
徐々にカナくんの匂いが薄れてきて寂しく思っていたのだけど、
今日ベッドに座ってスマホを見ていたら、
隣にあるブランケットから今までになく強く感じたカナくんの匂い、、、。
「カナくんが来てるんだ」と思って、ブランケットを抱きしめて撫で続けました。
泣いちゃったけど嬉しかったよ、カナくん。
魂ってのはあるのかもしれないね。


愛猫
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加