gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「これは、がんや」=検査前に手術決定か-山本病院事件・奈良県警(時事通信)

2010-02-13 21:04:48 | 日記
 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)で肝腫瘍(しゅよう)の摘出手術中に男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された元理事長山本文夫容疑者(52)は、主治医塚本泰彦容疑者(54)の着任前、看護師らに「これは、がんや」と話していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 塚本容疑者はこれまでの調べに対し「元理事長に持ち掛けられた」と話していたという。奈良県警捜査1課などは、塚本容疑者による十分な検査が実施される前に、腫瘍摘出手術を決めていたとみて調べを進める。
 捜査関係者によると、患者は2006年1月、慢性肝炎の疑いがあることから山本病院に転院。当時の主治医は山本容疑者で、肝臓について「異常なし」と診断していた。
 同病院は同年3月、コンピューター断層撮影装置(CT)検査とエコー検査を実施、患者の肝臓に約1.5センチの白い影が見つかった。ただ、がんの目安となる腫瘍マーカーに異常はなく、放射線担当の勤務医が「肝臓がんか肝血管腫」と診断し、精密検査することを希望した。
 しかし、山本容疑者は「これは、がんや」と断定。その後着任した塚本容疑者にも「がんということにしとき。手術したら、もうかる」と手術を指示したという。 

【関連ニュース】
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡
必然性ないがん治療も=良性腫瘍の死亡患者に
「異常死隠すため病室に運んだ」=主治医塚本容疑者
反対押し切り、専門外の手術強行=山本容疑者「任せとけ」
日記に「説明ちんぷんかんぷん」=山本病院患者死亡事件

嘉手納統合案提示へ―国民新(時事通信)
国内最高齢のゾウ「はな子」が63歳 井の頭自然文化園でお祝い会(産経新聞)
岩手側海境北限廃止へ 青森との争い終結 「なべ」漁場(河北新報)
局長ら幹部に面談実施へ=人事の「事前調査」と警戒も-前原国交相(時事通信)
アホウドリ ヒナ15羽、鳥島から移送(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <石巻2人刺殺>元交際相手... | トップ | <JAL>ドラえもんジェッ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。