宇宙の歩き方

The Astrogators' Guide to the Charted Space.

第五次辺境戦争風ミニゲーム「Grenzkrieg: Spinward」

2012-12-24 | Mini Game



(クリックすると拡大)



(クリックすると拡大)


 『グレンツクリーク:スピンワード』は、帝国史における「第五次辺境戦争」を1ターン=10週間のスケールで再現した戦略級シミュレーション・ウォーゲームです…とかしこまってみましたが、マップやユニットはせっせと各種ツールを活用して自作したものの、実はルール本文は雑誌『コマンドマガジン』(国際通信社)のサイトにあるハガキゲーム『ラッテンクリーク:スターリングラード』をそのまんま利用しています(大汗)。
 ですから、ルールを「ドイツ軍→ゾダーン軍」「ソ連軍→帝国軍」「市街地→帝国領」「ママエフ墓地→リジャイナ」と読み替えて遊んでいただくことになります(一応整形したテキストも作りましたが、それも公開するのはちょっと気が引けたので)。また、帝国側傭兵部隊が出現するのは「コアワード」エリアで、勝利条件は「第6ターン終了時にインズ、スピンワードメイン、ランスの3エリア全てをゾダーン軍が占拠していればゾダーン側プレイヤーの勝利、それ以外は帝国側プレイヤーの勝利」とします。
 ゲーム中の「イベント」は以下のように読み替えてください。効果は原文と同じです。

●ゾダーン軍
 スペード・クラブ:J…アイン・ギヴァー Q…提督の名采配 K…秘密基地
 ダイヤ・ハート:J・Q・K…奇襲攻撃

●帝国軍
 ダイヤ・ハート:J…偵察艦 Q…提督の名采配 K…リジャイナ公ノリス
 スペード・クラブ:J・Q・K…奇襲攻撃

 ゲームを遊ぶには、トランプを一組用意し、上のゲームボードをB5で、ユニットカウンターを適当な大きさで、さらに補助シート(帝国側ゾダーン側計2枚)をA4で、ゾダーン占領マーカーを適当な大きさでプリントアウトして加工してください(無圧縮版のゲームマップが必要な方はマップ左マップ右を結合してご利用ください)。

 帝国軍が初期配置で中立エリアに展開しているのが気になる方は、以下の初期配置を試してみてください。
 「帝国軍第125艦隊をジュエルに、第193艦隊をイフェイトに、第23艦隊をヴィリスに、第212艦隊をディノータムに、第1臨時艦隊をリジャイナに、傭兵部隊をコアワードに配置します。また、ヴィリスは帝国領エリアとして扱います」

 さらに、ゾダーン軍が有利だと感じられる場合は、以下のオプションルールを段階的に採用してみてください。
 ・ゾダーン艦隊は帝国領エリアでの防御時に有利な戦闘力修正(+2)を得られないものとします(突撃艦隊の-2修正はそのままです)。
 ・ゾダーン軍プレイヤーはリジャイナを占拠しても手札が増えない、とします(帝国軍プレイヤーの手札は減るので、リジャイナを占拠する意味はあります)


 ……まあ実際にプレイする方がいるかどうかわかりませんが(汗)。
Comments (11)
この記事をはてなブックマークに追加