ボーイスカウト・ブログ[ScoutStyle]

今年の8月に行われる日本ジャンボリーに向けて、ボーイスカウトの活動内容を紹介します。

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前月 翌月

gooID:
パスワード:
ログイン状態を保持する
ブログの作成・編集 ブログの作成・編集







goo ID
scout2006
性別 男性
都道府県
自己紹介
ボーイスカウトが大好きで、この魅力をもっともっとみんなに知ってもらいたいと思ってこのサイトを開設しています。



URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(forPC & MOBILE)
XML



日本ジャンボリーが閉幕!次回は静岡であいましょう!!

日本のボーイスカウトの祭典「第14回日本ジャンボリー(14NJ)」が石川県・珠洲市が昨晩の閉会式で閉幕。本日は撤収と移動の一日でそれぞれの参加者は帰路についていきます。

子どもたちのその場で感じたことを世界に向かって表現できるということの楽しさが一瞬にして理解してくれて、情報発信することの楽しさ、またそれに対して連係がとられてくることのおもしろさなど、これはみんながブログにはまりこんだところでもあります。ただこれも「日記」なので、ブログをはじめたけど3日だけの終わってしまったとか、という感想とともに、ブログを書いている、あるいは書こうと思っている子どもたちは多く、自分のブログにリンクをはりたいと、このことを自分のブログに書く、夏休みの宿題がブログづくりというカブスカウトもいました。わたしたちにとってもよいプログラム提供の経験になりました。

スカウトたちの生の感動が伝わってくる、ボーイスカウトたちの書き込みが溢れている
J・アーカイブセンター → http://blog.goo.ne.jp/14njscoutblog1/


Comment ( 15 ) | Trackback ( 3 )


スカウトたちの挑戦!日本初のブログ・ワークショップ!

日本のボーイスカウトの祭典「第14回日本ジャンボリー(14NJ)」が石川県・珠洲市にて開催されています。昨晩の開会式によってスタートしましたが、本日はいよいよ実際の活動がスタートです。ここ、「わくわく夢らんど」では、さまざまなボーイスカウト以外の団体・企業の協力・協賛を得て、テーマパビリオンを開催。なかでも飛行船による災害時のブロードバンド構築実験をかねている、プログラム・パビリオンの「IT館」では、日本初の「ブログ・ワークショップ」を野外で開催。

14NJに参加しているボーイスカウトの皆さんと見学にこられた一般の方々を交えながら、「最新のIT技術を体験」して、株式会社バッファローの提供による無線LANアクセスポイントの接続サービス、ソニーエンターテーメントと任天堂の提供によるPSPとニンテンドーDSのインターネット接続実験、中部大学とバッファローの提供によるソーラー飛行船「Solan」が災害時ブロードバンド環境実験や、搭載しているWebカメラからの画像を確認してモバイルコンピュータでその映像を確認しながら野外位置を確かめる実験や、開催地石川県に拠点をもつEIZO(七尾に由来する)の提供による大型ディスプレー5台をつかっての海外(モンゴル)スカウトのご協力によってビデオ通話や、NTTグループの提供するポータルサイト「goo」を使って、ジャンボリー体験の感動をグループでgooブログに書き込みするプログラムを実施している。

それぞれこの14NJで期待することや意気込みをそれぞれ、用紙にまとめてもらい、それをみんなで記念写真にして、その画像と一緒に、ジャンボリーに実際に参加して感じたことや、実際に22000人のスカウトと接しての感想、また昨晩の開会式のスケール感ある状況などについて紹介をしてくれている。

一日だけのアンケートの結果を見ていると、コンピュータでいろいろなことができることについての驚きや、災害時での飛行船などの技術がすごいといった最新のテクノロジーについての素直な喜びに加えて、思ったことをブログにつくることがとても楽しい、情報発信するのは楽しい、簡単にブログをつくることができることに驚いたなどの感想がよせられて、こどもたちにとってもよいプログラムが提供できたと思っている。

スカウトたちの生の感動が伝わってくる、ボーイスカウトたちの書き込みが溢れている
J・アーカイブセンター → http://blog.goo.ne.jp/14njscoutblog1/


Comment ( 2 ) | Trackback ( 0 )


飛行船があがりました。14NJ会場にぽっかりと!

いよいよ本日「第14回日本ジャンボリー」が夜の開会式でスタートです。災害時のブロードバンド構築実験をかねて、プログラム・パビリオンの「IT館」では、飛行船をあげました。遠く離れた開会式会場や珠洲市役所からも見えたそうです。

多くのディスプレーでマルチに映し出してチャットを楽しんだり、Webカメラからの映像で自分の姿を探したりといったプログラムが用意されています。
また、夜には開会式が始まりました。すごい人数で始まりました。何といってもこの圧倒感を見るだけでも、楽しいです。


Comment ( 2 ) | Trackback ( 0 )


無線LANがつながりました。14NJ会場のネット環境。

石川県・珠洲市で開催されているボーイスカウト最大の祭典「第14回日本ジャンボリー」の会場でネット環境をつくりだしていこうと、ADSLから無線LANアクセスポイントが設定できました。プログラム・パビリオンの「IT館」を通じての野外でのブロードバンド環境をつくりだしています。

中部大学と株式会社バッファローのみなさんのご協力によってこれらのインフラを生かしたプログラムが利用できるようになってきました。これにつながること自体、「IT館」として、最新のIT機器に触れる機会になります。Skypeを活用することによって新しいコミュニケーションのありかたについて見識を深めることをねらってプログラムが提供されます。


Comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ブログをつくろう。14NJのプログラムの実際。

ボーイスカウト最大の祭典「第14回日本ジャンボリー」は、8月3日から7日まで石川県・珠洲市で開催されます。ここでは、日本各地で活躍するボーイスカウトたちに加えて、世界37カ国からの外国スカウトを加えて22,000名の参加者が集まって、さまざまなプログラムを体験します。また一般からの見学者も数多く会場を訪れます。スカウトたちの大きな夏が始まります。

そのなかで展開される「選択プログラム」に「IT館」というテーマパビリオンがあります。ここでは、最新のIT機器に触れながら、新しいコミュニケーションのありかたについて見識を深めることをねらってプログラムが提供されます。このプログラムの展開の模様は、会場からブログで紹介され、楽しいプログラムを数多くの仲間と共有できることを目指していきます

またこれらの活動を通じて、ネットワーク社会の中での正しいルールを学んでいきます。ここでは、そのひとつ、「ブログをつくろう」を紹介していきます。

●ブログってなに?
ブログはインターネット上で記事を書いていくことでつくれるホームページの一種です。特別な知識がなくても簡単にはじめることができるのが特徴です。

●ブログなら簡単にホームページができる
「ホームページをつくりたい」とインターネットをはじめると誰もが思います。これまではホームページを作成するには覚えることがたくさんありましたが、ブログならば特別な知識がなくても、誰でも簡単に自分のホームページをつくることができます。基本的には、ブログサービスに申し込み、ブラウザ上でメニューを選んだり、記事を書いたりするだけで、あなただけのブログができてしまいます。

●ブログの3大特徴
「どこからでも投稿できる」「コメントがもらえる」「記事が自動的に整理される」


Comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )


14NJブログ・プログラム・ワークショップ

ボーイスカウト最大の祭典、第14回日本ジャンボリーでは、成人指導者の指導の元、日本で初めてのブログをプログラムに利用する「ブログ・プログラム・ワークショップ」を、プログラムパビリオンIT館を中心に開催します。これは、ブログを使った新しいプログラムの可能性を探ると共に、ますます情報化するユビキタス社会において、情報リテラシーを正しく身につけると共に、野外におけるブロードバンド構築実験をかねて行います。アイデアと工夫によってどのようなプログラムが展開できるかをさぐっていきます。

このプログラムは、中部大学と株式会社バッファローの協力によって構築された野外における無線LANアクセスポイントを基にして、携帯できる情報端末(PDA)として、PSP(プレーステーションポータブル)やニンテンドーDSをつかいながら、様々なプログラムを体験し、そこで体験したことをブログにアップしていきます。ブログはNTTグループが提供するポータルサービス「goo」を利用します。

ワークショップ・スタイルで展開されるこれらのプログラムはどんどんと内容が変化していきますので、ジャンボリー会場からの情報発信や日本中のジャンボリーに参加していないけれども興味をもって見つめている数多くの皆さんからの反応によってプログラム内容がどんどんと変化していきます。

現在のところ、用意されているブログ・プログラムは次のようなものです。(プログラムは諸条件によって変更することがあります)

1)Webカメラを追いかけよう
会場にやってくるソーラー飛行船には、無線LANのアクセスポイントとWebカメラを搭載しています。この画像を確認しながら、自分たちで地図とコンパスの力を発揮して、PDAを片手にWebカメラからの画像に移りこもうとするもの。鳥瞰(バードアイ)からのジャンボリー会場はどんな見え方をするんだろうか?うまく映し出されたところをブログに書き込んでいこう。

2)すずの地上絵
50名の仲間を集めて、みんなで地上絵をつくろう。それをWebカメラから映し出してみよう。どんな図や文字になるかは地上からはわからない。しかし空高くに舞い上がった飛行船からのWeb映像だからこそ、地上にみんなと協力して描いた図形も確認できるのだ。これらの活動をブログにアップしていこう。

3)Jアーカイブセンター
世界中のスカウトたちのユニフォームやスカウトソング、スカウトマークなどをこの機会にブログ図鑑に記録していこう。ほかにも派遣隊でそれぞれ持ち寄ってきた、特別な資料などを紹介しよう。

4)世界の仲間 アラウンド・ザ・ワールド
来年2007年にスカウティング創始100周年を迎える私たちのテーマは「ギフト・オブ・ピース」。仲間を仲間が紹介していくと世界中の仲間がつながっていく。これをブログで連続していこうというものだ。リアル版SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)といったようなもので、どう具合よく展開できるか、どんな仲間がいるか、仲間との交流そのものをどんどん紹介できたらと思っている。

ほかにも「IT館」では、インターネットによって世界中の仲間をつないでいくことを体験してもらおうと、インターネット・テレビ電話やさまざまなITを支える技術の紹介などを予定している。ぜひとも立ち寄って欲しい。場所は、14NJ会場内のわくわく夢らんどに設けられたテーマパビリオンで、となりにはあの宇宙飛行士・野口聡一さんの活躍を紹介する「野口聡一館」がある。野口さんも14NJに参加していただけることになった。たぶん、野口聡一館にもこられるだろうから、そのついでに「IT館」にも立ち寄ってもらえないだろうかな?


Comment ( 1 ) | Trackback ( 1 )


手回しラジオ、手回し充電器、手回しライト。

ボーイスカウトの活動場所である野外では電源はないものと考えられているが、最近は防災グッズで被災したときにも役立つアイテムが数多くある。こうしたものをうまく取り入れることで、アイデアと工夫によって不便の中でも快適に過ごす方法を考えてみよう。

手回しラジオは、ハンドルをまわすことによって自己発電して、放送を聴くことができる。1分間回すと約60分間聴くことができる。これにはラジオ以外にも、ライトとして使用することができるようになっていて、これだと約15分間使うことができる。携帯電話も充電できるようになっているので、急な充電に対しても重宝する。

ほかにも最近、便利に思っているのは、衣類の圧縮パックで、ふとんの圧縮と同じように空気を抜いて、圧縮した荷物はかなり細くできるようになっている。いまでは海外旅行用のものとかあって、かなり一般化しているらしいのだが、最近まで知らなかった。

また、アウトドアで便利につかっているのは、冷却用のウエットティッシュだ。一日入浴できる機会以外にも汗を多くかくことがあるので、その際に便利でさっと取り出して使うことができる。さっぱりするので、気持ちもリフレッシュできます。


Comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )


インターネットを使ってみる。

ボーイスカウト・スカウトハンドブックにはさまざまな役に立つ知識やノウハウが掲載されていて、人生を生き抜く上での多くの知恵を知ることができます。なかでも「インターネットの使うに当たっての注意事項」は、大人になってからでも役に立つ大切な知識・マナーです。

コンピュータは、莫大な情報量を取り扱うことを可能にしてくれます。とくにインターネットの世界に入り込んでみるときみは世界中の情報源を活用することができま>す。きみはすでに学校の授業や家庭での趣味、または単に楽しみとしてインターネットを使ってみたことがあると思います。また世界中にいるスカウト仲間とどこであろうとオンラインでの友情を発見することができるのです。しかしすべてよいことだらけのようですが、インターネットは、きみが知るべきことと避けるべき事がらとがいっしょに送られてくる危険があります。

ほとんどの人々はインターネットを友好的にまた節度をもって利用しています。しかし、残念ながら他の人々をだますためにインターネットを使っている人もいるのです。また若い人には不適当な内容のウェブサイトもあります。ガイドラインにあてはめればきみのプライバシーを守り、インターネットですばらしい時間を満喫できます。本よりもはるかに多くの情報量を手元で検索できることのすばらしさを体験できるでしょう。

<インターネットを扱うにあたってのガイドライン>
● きみがおかしいなと感じたり、大人向けを意味するウェブサイトやメッセージには、答えない。もしきみの理解できない情報や画像が送られてきたら、保護者やインターネットのインストラクターに伝えなさい。
● 不用意にきみの個人情報は与えない。きみの住所、電話番号、顔写真、学校名、保護者の勤務先や連絡先など。
● きみの保護者やインターネットのインストラクターの同意なしにネット上で出会った人に会う約束をしてはいけません。
● いわゆるコンピュータウィルスに対して十分に警戒をする。これはインターネットのインストラクターによくたずねておきます。
● 他の人の権利について尊重し、迷惑をかけたりしないようにこの機会に基本的人権について学んでおきます。


Comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ジャンボリーに「飛行船(!)」がやってくる。

ボーイスカウト最大の祭典、第14回日本ジャンボリーは、8/3-8の開催にむけて、参加のスカウトにもいよいよ「14NJガイドブック」が配布され、実施に向けて全国で準備が整ってきています。自然の中で楽しんで生活する方法―キャンプ―で実施される今回のジャンボリー会場に、遠くから「飛行船」がやってきます。

「なんのための飛行船」
飛行船は、みていてものんびりとした雰囲気で、大空をゆったりと漂うように浮かんでいきますね。ちょうどスローライフを象徴しているといわれる方もいらっしゃいます。

今回、ジャンボリー会場にやってくる飛行船は、災害地においてどうやって緊急連絡網をつくりあげていくか、といった実験をかねて、会場にやってきます。被災地においてもインフラ整備のためには、水道や電気、電話網と同じくこの時代においては、インターネット網を提供することが、必要であることから、無線LANアンテナ(アクセスポイントの提供)とWebカメラを搭載してやってきます。実は、昨年に愛知県で開催された「愛・地球博」でも登場したようです。

中部大学ソーラー飛行船プロジェクト → http://www.makesnet.com/top_page/solan/

バッファロー「ソーラー飛行船」紹介サイト → http://buffalo.jp/expo/airship.html

これを含めて会場内では、わくわく夢らんどで開催されている「草原の風」というテーマパビリオンのなかにカテゴリー「未来」のなかに位置づけられている「IT館」を中心に無線LAN網が整備される見通しです。広い会場内で、野外で無線LANによってブロードバンドを体験できるように準備をすすめていっています。

「草原の風」は、外部団体の協力によって行うプログラムや海外から参加しているスカウトのブースなどがさまざまなプログラムを提供し、テーマパビリオン(宇宙館、野口聡一館、野鳥の館、もったいない館)や地球開発村(GDVグローバル・ディベロップメント・ビレッジ)、世界スカウトセンターなどがあります。

「IT館」は、持続可能な社会に役立つIT技術を考えることをねらいにして設定されて、さまざまなIT機器を使ったプログラムを用意しています。なかでもブログを使ったプログラム・ワークショップを予定していますので、このブログでもいくつかを紹介できたらと思っています。




Comment ( 6 ) | Trackback ( 0 )


環境のこともボーイスカウト流に「トレルNo.1」

ボーイスカウトは自然の中で楽しんで生活する方法-キャンプ-については、よく知っている。そして、「感謝以外何も残さない」をモットーとしてずっと実践を続けている。このやり方は最近話題のLOHAS(持続可能な暮らし方のライフスタイル)にもおおいに通じるところがある。そんな取り組みのひとつ、「とれるNo.1」について紹介しよう。

「それは自然に流してもよいバイオ洗剤」
先日も、W杯関連企画として週刊女性でドイツとの洗剤の比較として日本の代表洗剤として紹介されていたのが「トレルNo.1」いまでは、全国の東急ハンズなどで専用コーナーが設けられて、人気が出でいるということだ。もともとは京都の平安神宮で、庭の池にたまったヘドロを浄化することから開発されたものだ。開発の経過としては、平安神宮では琵琶湖の疎水を引き込んでつくられた庭があり、そこでは多様な動植物が息づき、建立して100年ほどすると元々田畑であったところが、素晴らしい自然の生態を保つようになってきていた。庭の池も以前は水を堰きとめて水を抜いて掃除をしていたようであったが、生物が息づいているのでそうもいかなくなってきている。そこで何とかそのヘドロを取り除くことができないかというところがスタートであった。有益微生物と米ぬかを原料にしたこのバイオ洗剤は、油汚れに特に優れた効果を発揮します。素肌にも優しいので化粧のクレンジングにも利用できます。また何といってもすごいのは、いままでの洗剤は界面活性剤が入っているので、汚れを包み込み、それがそのままで水の中を流れていくために水に流してはいけない、流せば流すほど水が汚れていったのですが、トレルNo.1は汚れ自体を分解するだけでなく、水に流せばさらに汚れを分解しながら流れていくので、使って流せば流すほど水がきれいになっていくのです。厳密にはこのように界面活性剤をふくまないものは、「洗剤」ではないのですが、わかりにくいのでバイオ洗剤としていっています。洗濯、洗い物、消臭、汚れ落としなどに効果を発揮します。使うことによって、地球に優しいだけでなく、どんどん地球を元気にしていく。そういう洗剤への取り組みを通じて、ボーイスカウトとして実践していくことから、ボーイスカウト京都連盟のキャンプ場では指定洗剤としているそうです。


Comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )

« 前ページ