いわき・うぶすな広場だより

セカンドライフの生き方を書いています。

「そば用たれ」を作りました・・・いわき

2017-05-17 08:30:36 | 豊間そば打ち道場

「蕎麦たれ」を創りました。
何回作りましてもなかなか難しい。


きれいに咲き始めました。
なかなか名前が浮かばない。


皇帝ダリアが先日芽を出したと思ったら
こんなに伸びてきました。

 

そば用たれの作り方:

作り方:

  ①鍋に一晩「しいたけ」「昆布」を入れておきます。

 ②それを中火で沸騰するまで煮ます。

  ③「しいたけ」「昆布」を取り出します。

  ④2種類の節を入れて最初は強火で、
    煮立ちましたら、
    弱火にし40分以上を煮出します。
    その間、こまめにアクを取ります。

    煮出す時間は個人によりかなり異なります。

   本などでは15分くらいのものもあります。
    日本料理のだしの取り方と「そば汁」のだしの取り方は違います。
    「そばのだし」を取るには、
   いのししは、
   時間をかけたほうがおいしいと感じています。  
 
   それで、
  いのししは、
   時間をかけて「だし」をとっています。
   40分以上くらいかけています。

 ⑤鍋に布をかぶせ、ゆっくりこします。

 ⑥一番だしが取れました
  (二番だしに使いますので節は別の鍋に取っておきます。)

 ⑦これと「かえし」を自分の好みに合わせ
    ブレンドしますと出来上がります。

「かえし」と「だし汁」をブレンドして、
おいしい・自分オリジナルの
「そば用たれ」が出来上がりました!!

「かえし」は2か月は寝かせたいです。

その寝かせ期間が業務用と違い
素人の強みでもありますので。

2か月以上「かめ」で寝かせますと
まろやかさが全然違います!!

今回は
4か月以上のものを使いました。
今月末に
「なるほど歴史塾」の皆さんと10人以上で
大國魂神社内で
「そば打ち&試食会」をしますので
その試食会の為に作りました。

午後から
公民館でのパソコン3回講座に
ITサポーターで6人ほどお手伝いで参加。
「パソコンをはじめよう」
マウス操作、ウインドウズ10での操作などを学ぶ講座です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨上がりの庭の花たち・はつ... | トップ | 公民館講座「パソコンをはじ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む