いわき・うぶすな広場だより

セカンドライフの生き方を書いています。

飯野八幡宮の古図を読み解く・・・なるほど歴史塾

2016-10-14 08:40:43 | なるほど歴史塾

甲塚の今。
稲刈りのを終了した田んぼ、
これからの田んぼが見られる風景です。


稲刈り前の他の簿sの風景。


大國魂神社境内の竹林風景。


飯野八幡宮境内の古い地図です。
これから今回の講義を。


大森舘の位置です。
中世のお城や生活を学びました。


中世の「東庄放生會例祭」の記録です。
相撲や流鏑馬が行われていることが書かれています。


いわき市四倉町の大森舘・・・中世です。


福島県の中世城館跡」から。


本の中はこんな風にまとめられています。

昨日
なるほど歴史塾の例会でした。
飯野家文書も
4月から始まり約半年が終了し、
今回は
飯野八幡宮境内の古い地図を参考に
謎解きを。

明治元年の廃仏毀釈前は
神社とお寺が一緒になっていました。
飯野八幡宮も一緒になっていました。
もちろん
現在は神社のみです。

☆図の真ん中上の方に放生池が見られます。
 放生會のお話を
 くにたま 第205号に山名先生が書かれています。

☆図の右下に鐘楼が見られます。
 鍋田三善著 磐城志 巻之 三にその詳細が書かれています。
 その解説を詳しくしていただきました。
 伊達政宗にも関係してくるお話です。
   時は流れ、
 廃仏毀釈になりその鐘は捨てられ、
 その運命は ?
 今もどこかに残っているのでしょうか。
  
歴史を学ぶとは
本当におもしろい!!

これから三日間は仙台へ。
寒いのでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そば打ちを楽しむ!!・・・... | トップ | わらじ祭のわらじが・・・福島駅 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仙台 (ユースンミン)
2016-10-14 11:23:10
仙台に行かれるとのこと。精力的に動かれてますね!絶えざる自己研鑽に頭が下がります。先日、士業の実態についての本を読みました。今のご時世、資格取得だけでは食えないというのがよ~く分かりました。弁護士なんかもかなり余剰なんですね。一方で社会のニーズを上手く捉えられた士業の方は重宝されてるとも。勉強になりました。私も挑戦しようかな…なんて。
Unknown (とり)
2016-10-15 20:36:24
一段と秋が深まってきましたね。
「牛タン」パワーで乗り越えようと思います。
Unknown (いのしし)
2016-10-17 20:46:59
ユースンミンさま

こんばんは!!

パソコン、ネット・メール繋がらず
今、直りました。

時流の理論をうまくとらえられれば
重宝されます。
又は自分で作れれば。
Unknown (いのしし)
2016-10-17 20:47:54
とりさま

コメントありがとうございます。
大分寒くなってきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む