いい本どこかな

読んだ本を忘れないように貯蓄しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いつも心の中に/小手毬るい

2017-01-30 19:35:36 | 高学年
いつもの毎日がつづいていくと思ったみずきに
突然父が亡くなるという出来事が。

いつものように明るく仕事に向かった父は会社で急にたおれてしまった

お父さんのお葬式が終わって6日経った頃から
みずきは時々突然”悲しみのうずまき”に襲われるようになった
急に泣き出してしまったり、泣きながら教室を出て行ってしまったり、
悲しみのうずまきは、なかなか去ってくれなくて
6年生の途中から学校へ行けなくなった。

 そんなみずきは、夏休みの間、アメリカに住むおばさんの
家で過ごすことになる。

 おばさんの摩耶さんは、お父さんのお姉さん。
みずきを温かく迎えてくれた。
でもアメリカでも時々悲しみのうずまきが襲ってくる。

 摩耶さんは、みずきに簡単な英語を教えてくれて、
森の小学校へ入学させてくれた

 森の小学校の一時間目は
野菜の時間
二時間目は
給食の時間
三時間目は
たまごの時間

動物がいっぱいの森の小学校は、新しい体験に満ちていた。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
森の小学校は、行ってみたくなるような
やさしい場所。悲しみから立ち直っていくみずきが
最後に手にした手紙は、みずきの宝物になります。


ーーーーーーーーーーーー
金の星社  1300円
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おばけのナンダッケ/巣山ひろみ | トップ | 教室の祭り/草野たき »

コメントを投稿

高学年」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。