いい本どこかな

読んだ本を忘れないように貯蓄しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おばけのナンダッケ/巣山ひろみ

2017-01-30 19:25:21 | 低学年
てのひらにのるほど小さなおばけ、ナンダッケ。
くいしんぼうのナンダッケは今日もごちそうを探して出かけて行った。

ナンダッケの大好物は、人間の”かんがえごと”
考えごとをしている人に近づいて、パクリと食べてしまいます。

考えごとを食べられてしまう人間は大変です。
パン屋さんは”そろそろ食パンが焼けるころだ”という考えを
食べられてしまいます。

”焼ける頃”を忘れてしまったパン屋さんは、パンをこがしてしまいました。

おむかいのお家のお父さんとお母さんと弟の
”きょうはおねえちゃんのなっちゃんのたんじょうび”
を食べられてしまったので、
3人とも、何かを忘れてしまった気がして”なんだっけ、なんだっけ”と考え
続けてしまいました。

でもでも、食べてしまうとうれしい考えごともありますね。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
国土社 1200円
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅猫リポート/有川浩 | トップ | いつも心の中に/小手毬るい »

コメントを投稿

低学年」カテゴリの最新記事