FLY to the world!! 【一口馬主・地方競馬応援記】

“一口馬主ウイング・大航行日誌”
出資する社台・サンデーを中心に、馬主ライフと競馬のあれこれ。

激ムズ!菊花賞(G1)予想!

2017-10-22 14:00:26 | 馬券
いやあ、ただでさえダービー1〜3着が全て不出走という難解なレースの今年の菊花賞。

加えてこの超大型台風21号の影響で泥んこ馬場になっている今週の開催。

上位人気馬には良馬場の方がいい馬が多いように見受けますし、ここは重適性も加味して穴目の馬券で勝負!

◎11 サトノクロニクル
◯04 クリンチャー
▲05 トリコロールブルー
△03 スティッフェリオ
×10 ベストアプローチ

04⇆05⇆03.10.11の3連複、3連単

11→03.04.05.06.08.10.18→たくさん笑

で勝負^_^

ホントは3連複で投網かな、とも考えたのですが…結局軸をどうするのか?ということに尽きるのでしょう。

藤岡兄、岩田、福永騎手。
根性見せてくれぃ!

期待してます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋華賞(G1)予想!

2017-10-15 01:54:42 | 馬券
早いもので秋華賞。
ここから天皇賞・秋までいよいよ秋競馬も本格化します🏇

毎年、結構荒れているイメージがありますがよくよく見てみると大きく荒れたのはブラックエンブレム(11人気)→ムードインディゴ(8人気)→プロヴィナージュ(16人気)の1,000万馬券だけであとは2桁人気が飛んで来たのもメイショウマンボ(3人気)→スマートレイアー(2人気)→リラコサージュ(15人気)の時くらい。

1人気が意外と強いし、勝たないまでも3着以内には来ています。

今年はオークス馬ソウルスターリングの天皇賞行きとG1ホースがレーヌミノルのみ、かつ皐月賞に挑戦した人気馬ファンディーナもいることで混戦模様ですが、
軸になる人気馬はしっかり走ってくると思います。

◎14 ディアドラ(ルメール)
◯01 アエロリット(横山典)
▲17 ポールヴァンドル(三浦)
△04 モズカッチャン(Mデムーロ)
×02 ラビットラン(和田)
×03 ブラックオニキス(大野)
×05 ブラックスビーチ(川田)
×06 メイショウオワラ(松若)
×07 リスグラシュー(武豊)
×08 カワキタエンカ(北村友)
×09 ハローユニコーン(田辺)🦄
×11 ミリッサ(福永)
×13 リカビトス(浜中)
×15 ヴゼットジョリー(菱田)
×16 ファンディーナ(岩田)
×18 カリビアンゴールド(田中勝)

3連単で

01.14
→01.02.04.14.16
→01.02.03.04.05.07.08.09.11.12.14.15.16.18

を昨日の朝10時に買いました。

よしっ!

あれ?

06.13.17買い忘れてる!(◎_◎;)

ということで明日14.17軸のマルチと14→06.17→手広く買い足しました。

ルメールが来なければ終わりですが、そこはキッチリ届いてヒモ荒れではないでしょうか。

このコースで距離だと川田騎手・ルメール騎手がダントツ強いのでブラックオニキスにも頑張って3着来てもらって…なんて。

昨年はこの秋華賞を制し、その後ヴィブロスが国際G1ホースまで駆け上がりました。

今年もニューヒロイン誕生を期待したいと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハマオリ、97万円で落札

2017-10-10 20:43:04 | 【引退】ハマオリ
中央の登録を抹消されたハマオリ。

楽天競馬サラブレッドオークションにて97万円の価格で落札されました。

ハマオリがオークションか…
あんまり上位に来れなかった成績だから、地方に出るとしても買いたい人はいるんだろうか?と思いましたがなんと66件もの入札があり97万円で無事に落札されました。

中央ではデビューが遅れ3戦0勝と本賞金すら獲得できませんでしたが、逆にあまり使っていないことから「フレッシュ」と取られたようです。

ゴールドアリュール、ゴールスキー、夏に平地と障害での両重賞制覇のソロルと活躍馬も近親にいる血統ですし繁殖として先買いする方もいるのかもしれませんね。
母父キングカメハメハですし。

ともあれ、ちょっと調べるすべがないのでどなたが落札されたかはまだわからないのですが(楽天競馬オークションはハンドルネームです)、その方に大事にしてもらえるといいな。

今は阿見にいるんですね。

地方で出て来たりで余程タイミングが良くない限り、なかなか会えない存在になってしまいましたが、第2の競走馬としての時間をまだ過ごして行けることにとても嬉しい気持ちです。

彼女の名前が地方競馬から聞こえてくる日を楽しみに、また縁が繋がることを願っています。

良かったね、ハマオリ。

地方でも元気に走るんだぞ。
今度こそ、ちゃんとゆっくりトレーニングして、そのポテンシャルを爆発させてアッと言わせてください^_^

そして楽しい時間をありがとう。
さようなら。元気でね〜❣️
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリルカレント、前に行ききれず5着

2017-10-10 19:29:25 | クリルカレント
10/6現在、大井競馬場在厩。
----------
10月6日(金)大井12R・ハナミズキ賞・B3(三)組・距離1200m戦へ54kg中野騎手で出走しました。馬体重はプラス3kgの501kg、引き続き張り艶良く、好気配でした。単勝は10.1倍の4番人気。レースでは好スタートからダッシュ良く4番手につけ、馬場の外目をスムーズに追走していきました。4コーナーから追い出しを開始して、馬場の外目へ持ち出しましたが伸び切れず、0.5秒差の1分13秒8の5着に終わりました。
中野騎手からは「良いスタートから馬のリズムを崩さないように乗ったのですが、追ってから手応えほど伸びてくれませんでした。勝った時のように積極的に乗るべきでした、すみません。」と、月岡調教師からは「オーナーさんは『クアトロの位置(2番手)を何故取らないか』と、中野騎手に厳しく指導していましたが、最近ズブくなってきているのでイメージが違ったのでしょう。戸崎騎手、岡部騎手のように気合いをつけながら乗らないと、ふわっとしてしまいます。馬のほうは、月1回ペースで良い状態を維持できていますのでこのまま続戦していきます。」とのコメントがありました。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

先週のハナミズキ賞に出走したクリルカレントですが、残念ながら5着。期待していたクラスアップはなりませんでした。

スタートからまずまずでしたが確かに少し落ち着いてしまったかもしれませんね。
最終コーナーでいつものいい時だともう先頭にいてそこから力で突き放すか粘りこむか⁈という競馬が良かったと思うのですが、確かにあの乗り方ではクリルカレントらしさを活かせなかったかも。

中野省吾騎手は若手の注目株で年末に勝たせてくれたので期待していましたが…残念。

次走はどうなるのかな?

「あの人」になるという話もありますし…

クリルカレント4歳、またも続戦。
冬が得意なタイプですのでここらからエンジンかけて連勝街道へ!行って欲しいなぁ。

でも、無事に回って来てくれてありがとうございました。また、期待してますね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社台秋ツアー(2日目)

2017-10-08 00:24:04 | クラブライフ
ようやく、2日目のレポートです。
公約どおり1ヶ月かかりました(笑)

2016年産を中心に、愛馬となったカルマートの16を見に行くツアーが一転、まさかの新規出資に巡り合ってしまう一日の物語です。

朝も早くから起き出して、御大先生に朝食で挨拶してからスタートですw

さすがにここ5年くらい毎回挨拶してるので、友人とセットでは覚えてくれてるらしいです。ツアーに長く来たかいがありました(?)。

朝はノーザンファームから。



(165)インダクティの16

友人の出資馬です。今や話題の中心、ロードカナロア産駒。動かしてもらったの見てましたが滑らかなストライドが好感触みたい。距離は不明ですがやはりマイル〜中距離かな。

このツアーの最中幾度となくカナロアの話題が出ましたが、産駒はもしかしたら2,000mまで持つのではないか?という話を何度か耳にしました。
そして来年は間違いなくこの値段では買えないと。
キャンセル募集で狙うか⁈(笑)
もしかして大種牡馬になるかもしれません。

しかしカナロアの産駒はキンカメ系の顔してますね〜
父に似ているというのは、走る馬のサインなのかもしれません。

2日目も現役馬展示がありました。


レーヴミストラル

さすが重賞ホース。堂々としています。
何より筋肉がやばい。お尻プリンとしてますが、この後肢が爆発的な差し脚になるのだなあと馬を見る参考にさせていただきます。


(183)ダークサファイアの16

今年の募集でネットを賑わせた産駒です。
キンシャサ産駒ということでどんな体型になるか楽しみにしていましたが、募集時よりドッシリとしてもしかしてこれは走るのか…と思わされる雰囲気を持っていました。

ノーザンファームイヤリングへ移動。
ここではお楽しみが…と言っても買えなかった馬なのですが。



(181)シークレットルームの16

クラーベセクレタの半妹です。
ゴールドアリュールに父が変わり、その醸し出す雰囲気から今年の第三希望で投票しました。
流星のCが特徴的ですね。

自分の馬を見る目はいいかわかりませんが、成績はソコソコ出てますかね。そんなわたしから見てこの馬も何がいいのか説明できないのですが(じゃあ語るなよ…)堂々とした雰囲気と力強そうな足腰を見るに長く活躍してくれそうな一頭でした。

シークレットルームはずっと地方だったので初めて中央の40口に出て来て期待していました。ただいろいろ悩んで第三希望で出して、第一希望確定で取れず。
結局余っていたので追加出資も考えていたのですが、秋ツアーで見ようかなと思っているうちにアレヨアレヨと満口になってしまいました。
縁がなかったといえばそれまで。
注目した馬だけに走って欲しいですね!

さて、近年活躍馬だらけのノーザンF。
ここでは有名人wの産駒を拝見。


(152)ジェンティルドンナの16

一口200万。ちょいとにわかには手が出ませんね。
ジェンティルドンナに似ている気もします。


(153)ブエナビスタの16

こちらは一口175万。垂涎の的です。
御大先生からもこれはイイぞ!とのこと。
まあ言われてもそもそもで買えませんけどね!!
若干大人しすぎる点が気になりました。

そして早来ファームへ移動。
このツアーのメインイベント、そう今年の出資馬カルマートの16とご対面です。


(162)カルマートの16<出資馬>



ラッキーナンバーを通り越して第二ラッキーナンバーであたるという強運を見せつけました!
6月より体重が大幅に増加し、422kg。小さいのですが。父オルフェーヴル。
父に似ているのが良いことならば、きっと三冠取れるw

とにかく、募集時よりもさらにしっかりと筋肉がついてメリハリのある体に。
そしてしっかりとした踏み込みと「走りたくてたまらない!」という雰囲気がヒシヒシ感じられる馬です。出資したから言うわけじゃないですが、いつまでも見ていたくなる不思議な空気の持ち主。
ただ、本人は「早く解放しろーー!」と言わんばかりにずーーっとチャカチャカと。他の馬たちが大人に見える程、グルグル動いていて全く落ち着く気配なし(笑)
インダクティを見習えーと言いたくなる程友人の馬とは対照的な仕草でした。ただ、歩かせてみるとおーさすがという感じ。やっぱり期待しちゃいますね。

早来の場長さんいわく、「走る気と気性の悪さは父譲り。とにかくじっとしてられない。走るのが大好き。気性についてはコメントしたくないw」という評価を頂きました。すげえな、よっぽどなんでしょう。
なので、「阪神大賞典に出るときは気を付けます。そもそもでそこくらい出れる可能性ある馬です」とのことでした。
距離が持つのか?とは思いますが、重賞に出るチャンスのある馬というのは嬉しいコメントですね。

ちなみにドリームジャーニーなどを含め一族を見て来た場長さんが、オリエンタルアートは感受性の高いA型タイプ、オルフェーヴルはメリハリのあるB型タイプ。この馬(カルマートの16)は間違いなくB型タイプだそうで。レースに行って爆発的に燃えるタイプなので暴走しないようにジョッキーには伝えますと言ってました(笑)

さあ、最後はノーザンファーム空港へ帰ってお昼ご飯かなと思って帰りかけたその時…



(ここから心の声との葛藤をお聞きください)

ん?

出口側に一頭いるな。募集中だって。

あ、◉してたシュペリユールの16だ!
へえー誰も見てる人いないけど良い雰囲気だなぁ。
でも社台かぁ。お知り合いも良いって言ってたな。

あ、スミマセン、ちょっと見ていいですか?
可愛いね、へえー耳が大きいんですね。クリスエスの走る馬の特徴なんだ、なるほど。
あ、歩かせてみてください。
おー、後脚バラバラだぞ(笑)でもいい空気感。

あっ!柔らか仕草をしている。
私が勝手に名付けた時々走る(と思う)馬がする動きです。これはいいかもしれないな。




社員さんがやって来た。
「こっちはどうですか?」前日から何度も来ては説明してくれる社員さん。「僕はね、この馬は一つ勝てる。間違いないと思ってる。」
「加藤先生もいいですよー!」

いやーそんなこと言われても…でもいいな。
引いてたスタッフさん可愛いしwいやいやそんなの馬には関係ない。


バスにて
「いやーよかったなぁ、あの馬」
(半兄ヴェルラヴニールをもつお知り合いに加藤厩舎と血統的な良さを聞く)


ノーザンファームYearlingにて

うーーーん、、どうしようかなぁ。
ノーザンの馬見たいんだけど…シュペリユール気になるなあ。
社員さんがやって来た。まただ。
「決めましたか?どうです?勝てなかったら責任とりますよ!」
ホント?いやーでもなぁ。馬は良かった。
顔も好み(スタッフさんではなく馬のです、念のため)。タイプ的にも堅実そうだし、ハマオリが未勝利引退の可能性あるしもう一頭買うのもアリなのか…

早来の場長登場
「あー、、あの馬は、いいですよ」
それだけ??
ちなみにノーザンファームでもカルマートの16の話で盛り上がるw馬見ろよ。

シュペリユールのあまりのコメントのなさに募る不安…

結局ノーザンファーム空港ではほとんど馬を見ず。
見ながらシュペリユールの16のこと考えていました。

そしてお昼。
よし、決めた!買おう。



1億円の牡馬、マジックストームの16を横目に見ながらそんなことを決めた日曜日でした。

ただ、午後にもう一頭だけ見たい馬がいた為🐎心を悟られないようにwつとめて平静を装ってノーザンファーム空港牧場へ。ここで見たかったのが、ノーザンファーム最後の一頭募集中の144トレッビアーノの16。
いい馬でした。一口25万でしたし。でも写真撮るの忘れました…ちなみにもう満口になりました!
買えた方には掘り出し物かもしれませんね〜。

そんなこんなで、怒涛の2日目の見学もオシマイ。

秋ツアーはお昼超美味しかった!!
初日の夜はご飯もパーティー内容もあんまり…だっただけにランチが美味しいのは最高ですね!



友人が豚汁を3杯食べたのは内緒です…w
でも毎回この豚汁は絶品です。作り方教えて…いや売って欲しい!
ツアーのお土産が豚汁だったらいいのに(笑)

秋ツアーは最後にノーザンホースパークで1時間くらいのんびりする時間があるんです。

珍しく奥の厩舎群に行ってきました。アドマイヤジュピタ・デルタブルース・バランスオブゲーム・アロンダイト・インティライミなど歴々の活躍馬がいっぱい
久しぶりに来て嬉しかったなあ。

何より今回の目的はこの馬を見ることでした。




ディープインパクトの母、ウインドインハーヘア。
言わずと知れたキタサンブラックの父ブラックタイドと伝説の名馬ディープインパクトをこの世に紡いだ歴史の原点とも言える2,000年代日本競馬の文字通り生みの親です。

自身が産み落とした産駒が実に15頭。
その勝ち鞍38勝!そしてディープインパクトがG1を7勝で獲得賞金15億円。ディープの子は1,365頭、1,461勝。重賞154勝うちG1を38勝。三冠牝馬ジェンティルドンナが13億円など日本のリーディングサイヤーとして君臨。
ディープインパクトの兄ブラックタイドはG2までしか勝てませんでしたが、産駒が活躍。653頭、173勝。重賞12勝、キタサンブラックがG1を5勝しています。
さらに競走馬として活躍できなかった産駒も種牡馬や繁殖で大活躍!
ディープインパクトの全弟オンファイア。未勝利勝ちだけでしたが血統を買われて種牡馬入りし298頭が誕生し47勝。キーンランドカップ勝ちのウキヨノカゼやフェニックス賞のシゲルキョクチョウなどを排出。

ウインドインハーヘア初期の産駒からもサンダーガルチとの仔ヴェイルオブアヴァロンはカシオペアSのリルダヴァルやヴォルシェーブを、シーキングザゴールドとの産駒レディブロンドは母として帝王賞勝ち馬のゴルトブリッツを排出。産駒数5頭ながら18勝を挙げています。

さらにさらに…その中からシンボリクリスエス産駒のラドラーダが繁殖牝馬に。そして生まれたのが先日の神戸新聞杯も圧勝だった、今年のダービー馬レイデオロ!(◎_◎;)

凄い!凄すぎる!!

全てウインドインハーヘアがこの世にいなかったら、存在していなかった奇跡です。キズナも、サトノダイヤモンドもマカヒキも、そしてキタサンブラックも。

しかもさらに凄いのはこんな世界的な名牝と言ってもいいウインドインハーヘアがノーザンホースパークではポニーの母親をしているということでした。

2年前の記事に書きましたが、この時からずっとウインドインハーヘアに会いたかった。
親のない馬の母として、世界的な名牝がまた一つの命と向き合うこの記事には本当に心を動かされました。競馬って競走の世界ですが、同時に馬と人の、そして人の世界に生まれ生きる馬たちの物語でもあると心から思います。だからやっぱり馬が好きなんだなあと。

毎年春ツアーでは厩舎群まで行く時間が取れず、個人的には念願の対面でした。残念ながらアロンダイトとウインドインハーヘアだけは一般人に触られないようになっていました(アロンダイトは他のツアーのお客様に展示中)。

ウインドインハーヘアは1991年生まれですのでもう26歳。ですが、高齢を全く感じさせない気品と物怖じしなそうな雰囲気。何より気高いというより何物をも包み込むような空気が漂っておりました。これが名牝の証か。
感激より、嬉しかったなあ。
ウインドインハーヘア、少しでも長くその優しい姿をみんなに見せて欲しいですね。

最後は久々に自転車で展望台へ。途中、調教台でそういえば昔グラスワンダーとスペシャルウィークが有馬の前に併せ馬してたなぁとか懐かしい話をしながら広大なパークを自転車で疾走🚵🚵‍♀️🚴‍♀️。

素晴らしい景色を堪能しました。


(この中にショウリュウムーンがいますw)

ということで1ヶ月に渡ってお送りして来た(ただ間空いただけですが…秋ツアーの記事もオシマイです。
初めてでしたが、春と全く違う雰囲気。
春はある意味全員鉄火場です。そしてクラブ会員のダービーみたいな雰囲気です。秋は何ていうのかな、自分と馬と向き合うために行く時間かもしれませんね。

本当に楽しかったです。

秋ツアーに伴って、ツアーだけでの往復も初めてでした。毎年次の日も北海道観光なので。でも、純粋に牧場そして社台グループとの営みを楽しむことができてオススメです。
あと、初日の歓迎夕食会さえ盛り上がってくれれば(まだ言うかw)

カルマートの16の成長した姿も見れたし、友人を通じ社台グループやお知り合いの方々ともたくさん話せたし、新しい愛馬もできたし150点のツアーでした!

えっ?シュペリユールの申込は結局どうしたかって?

実は空港まで迷って✈️しかもまあ東京帰ってからでもいいかなーと言い出せずいたんですが、友人やお知り合いからせっかくなんだから北海道で買おう!と背中を押してもらいなんと新千歳空港で申込をいたしました(笑)

つまり、正確には牧場で馬を買う🐴ではなく

🐴🛩空港で馬を買う🐎🛫


さらに新しいですね!

社員さんに「じゃあ会員番号は…」と言ったら
「大丈夫です!知ってます!」だって。

手が早い!!

空港で社員さんと握手をし、お知り合いの集団に「おめでとう〜🍾」と声をかけていただき、最近ハマっている佐藤水産の塩辛職人を買って帰りました。

羽田空港に降り立つとたまたまですが今私が一番欲しいクルマが展示中。リボンかけてあって、、これは俺のためのプレゼントだな🎁と。


さあ!ますます仕事も家庭もそして競馬もガンバルゾ!と心に誓った秋の日でした。

また来年も、行ってみたいなと思います。

そして新たな仲間も加わり2016年産の2頭が活躍してくれることを願っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリルカレント、本日大井12Rに登場!

2017-10-06 09:18:28 | クリルカレント
10/4現在、大井競馬場在厩。
----------
10月6日(金)大井12R(20時50分発走)・ハナミズキ賞・B3(三)組・距離1200m戦へ54kg中野騎手で出走します。16頭立ての6枠12番です。
----------

9/27現在、大井競馬場在厩。
----------
10月6日(金)大井12R(20時50分発走)・ハナミズキ賞・B3(三)組・距離1200m戦への出走を予定しています。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

すっかり月一最終レースが定番化しているクリルカレントですが、本日ハナミズキ賞1,200mへ出走します。

少し外目の枠でベストと言える位置。

年末に勝利を収めてくれた中野省吾騎手とのコンビ再開で、これが長く続くといいなぁと願っています。

秋ツアーで社台の社員さんと話したところによると、やはり3走前の戸崎騎手の騎乗(ポートサイド賞・3着)が非常に馬にいい経験になったようで「生まれ変わったようだ」とのことでした。

ここ3戦は3.4.2着と崩れず来ています。

若手NO.1の呼び声も高い中野省吾騎手で年末から約1年ぶりの勝利を挙げてほしい。

今回、内枠に4連勝中のエイシンムーランが来ます。大井転入後矢野騎手とのコンビで負けなし。強い相手になりますが、こうした相手を倒してこそ上に行っても通用するんだと思います。

関東オークス馬の母に世界的良血馬カジノドライヴ。
期待されてデビューしたクリルカレントももうすぐ5歳、あと1年半の現役生活です。

ここで一発決めて、クラスアップしていきたいですね。

頼むぞ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュペリユールの16、早来ファームで初期馴致

2017-10-05 08:38:39 | シュペリユールの16
2017年10月02日 早来F在厩
------------
早来Fに在厩しています。現在は、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っています。遅生まれのため馬格は小ぶりですが、血統から受けるイメージどおりにゆったりと堅実に成長してくれています。心身ともに健康的でいつも生き生きとしており、兄たちと同様、奥の深いタフな競走馬へと成長してくれそうです。走ることに対して前向きな気性は頼もしく、馬格以上の存在感があります。9月牧場見学ツアー時の測尺は、体高150cm、胸囲171cm、管囲18.8cmでした。現在の馬体重は427kgです。
------------
【レポートの転載につき、社台サラブレッドクラブの許可を頂いております】

うわー、久々に社台サラブレッドクラブの…という文章を書きました(笑)

しばらく縦縞の勝負服の馬を出資馬🐎として見ることはないかと思っていたら秋のツアーで出会ってしまいました!

現場で馬を買うという初の体験をさせて頂き、晴れて愛馬となりました。

ハマオリが3歳未勝利で引退してしまいまして、4歳1頭・2歳1頭・1歳2頭という形になりました。

さて、母シュペリユールは言わずと知れた名牝ファビラスラフィンとサンデーサイレンスの仔です。
ファビラスラフィン自身は7戦しかできませんでしたが秋華賞を含む4勝でジャパンカップでも2着に入っておりその年の最優秀3歳牝馬に選ばれています。
秋華賞ではエアグルーヴやエリモシックに勝ち、ジャパンカップではシングスピールに敗れていますがエリシオ、ダンスパートナー、バブルガムフェローを負かすなど優れた資質の持ち主でした。

産駒からも母シュペリユール(特別連勝を含む5勝、獲得賞金1億円超え)を始め、あのオルフェーブル逸走で有名な阪神大賞典の勝ち馬ギュスターヴクライ(父ハーツクライ、5勝、獲得賞金1.7億円)などを出しています。

母シュペリユールは本馬のほか、ナリタハリケーン(父キングカメハメハ、5勝、獲得賞金1.2億円)などコンスタントに8頭の産駒を送り出し計11勝を挙げています。

母の産駒は
・2008 イッツスパーブ(牝・父ファルブラヴ)15戦2勝…社台TC・大久保洋吉厩舎、社台F
・2009 ナリタハリケーン(牡・父キングカメハメハ)32戦5勝…オースミ・中尾秀正厩舎、白老F
・2010 ポートドラルーン(牝・父チチカステナンゴ)4戦0勝…社台TC・堀宣行厩舎、白老F
・2011 カネトシキフジン(牝・父キングカメハメハ)7戦0勝…兼松利雄・荒川義之厩舎、白老F
・2012 ブレイクザポケット(牡・父ジャングルポケット)19戦3勝…サンデーレーシング・萩原清厩舎、白老F
・2013 ナディール(牡・父クロフネ)2戦0勝…G1レーシング・中尾秀正厩舎、白老F
・2014 ヴェルラヴニール(父ハービンジャー)5戦1勝…サンデーレーシング・加藤征弘厩舎、白老F

そして一世代空いて本馬となります。

仔だしの良い母ですが、生産こそ白老Fで一定ですがクラブ間でも3クラブ全てから募集され厩舎もバラバラ、父もバラバラ(笑)

ようやく加藤征弘厩舎で落ち着いたのかな、というのがヴェルラヴニールと本馬の流れでの感想です。

大きなレースに勝った産駒はいませんが兄たちを見ていても1,000万下までは通用する血統かなと。
牝馬なので6歳春の年齢制限はありますし牝馬があまり走らない系統なのを買ってから気づきましたが(笑)ファビラスラフィンの牝系を代表する繁殖になることを期待しています。

半兄ナリタハリケーンを超えたら最高ですね。
ただ、8歳現役でこの歳にして札幌記念2着という実績から晩成だったらどうしようと不安になりますw

直近の半兄ヴェルラヴニールをお持ちのお知り合いからは、加藤征弘先生は良い騎手を連れてくると太鼓判!

確かにヴェルラヴニールは戸崎・四位・川田・ルメールと実力と実績を兼ね備えた騎手を配してくれています。
初戦がダイワギャグニーの3着、2戦目で1.3倍の圧倒的1番人気で4馬身差の圧勝で1着。
500万下で多少足踏みしていますが、まだ上にいくのではないでしょうか。

半兄ナリタハリケーン・ブレイクザポケット・ヴェルラヴニールは現役ですし、この血統的に5勝というのが一つのキーワードかなと思いますので目標は大きく5勝。
そして1,600万と言わずぜひオープン馬として繁殖に上がってほしいです。
主戦を確保しコンスタントにたくさん走ってほしい、それが本場馬にかける一番の期待です。

母も16歳で繁殖としてはピークを過ぎたかもしれませんが昨今のトレンドを見ていると繁殖も活躍年齢が上がっている気がします。

カルマートの16は母父シンボリクリスエスですし、ブランネージュといいどうもクリスエスに縁があるようなのでこの馬も1億円の王台目指して頑張ってほしいですね!

まずは無事にデビューまで行ってほしいな、と願っています。兄を見ていてもクリスエスという血統からもダートも?ノンコノユメの厩舎ですし。


↑社台秋ツアー、早来ファームにて

額のダイヤモンドが💎輝く日を心待ちにしています^_^



↑募集写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルマートの16、NF空港へ移動+近況レポート

2017-10-05 08:33:34 | カルマートの16
2017年10月02日 NF空港在厩
----------------
早来ファームでは夜間放牧を継続しながら、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っていました。生まれながらに父とそっくりな個性が際立っていただけでなく、ここまでの成長過程もよく似ており、毎日を生き生きと過ごしています。サイズこそ小さめですが、骨格や筋肉の発育は健全そのもので、なにより動きのひとつひとつに優れたバネを感じます。気性的にまだ幼さが残っている分、伸びしろもたっぷりありそうです。本格的なトレーニング開始を前に、まずは騎乗馴致でしっかり基礎を築いていきます。現在の馬体重は419kgです。9月牧場見学ツアー時の測尺は、体高150.5cm、胸囲170cm、管囲19.2cmでした。
----------------

2017年09月27日 NF空港
----------------
9/27(水)に早来ファームからNF空港の育成厩舎へ移動しました。馴致を進めていきます。
----------------

【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

レポートが来ない!と思っていたらメンバーズオンリーのリストでチェックボックスが押してなかった。
そりゃ来ない(笑)

父オルフェーブルにそっくりということで80票の争奪戦の末まさかの第2ラッキーナンバーで出資することとなったカルマートの16。

早来の清水場長も「オルフェーブルにそっくり。とりあえず走るかどうかはわかりませんが、阪神大賞典は気をつけましょう(笑)」というほど父オルフェーブルが意識される馬です。

秋のツアーでもチャカチャカと落ち着かない動きで、全く一箇所に止まれないタイプ。ただ、担当スタッフさんは変わっていましたがとにかく走ることは大好きらしい。その報告だけは一緒でした。何よりですね。

まあ、毎日を生き生きと過ごしているとのことで初めてのレポート表現ですが、とにかく活気には満ちているようです。

走る(活躍する)かどうかなんてデビューしなけりゃわかるはずがない。

ただこの時期は成長を促し基礎的なチカラをつけてもらいたい、ただそれだけですね。
動きにバネがあることはわかっています。私個人的には理想のサラブレッドに近い形をしており正直半端なく期待しておりますが(笑)、サラブレッドは生き物で何があるかわかりません。

また、育成の過程でどう変化していくか神のみぞ知る部分もありますから今はただ健康に大きくなってほしいだけですね。

5/1生まれなのでここから一気に成長していくのではないか?そしてもし外見だけでなくオルフェーブルの血が素晴らしい脚力になっていたら…こんな嬉しいことはありません。

419kgとまだまだ小柄。

どんな曲線で成長して、どこでデビューか?
あ、その前に名前応募しなくちゃいけない!

うーん、、ウォルマートw
ベルマート、モンマート。
スーパーの名前しか出て来ないぞ!

ちょっと考えますね。

無事に大きく羽ばたいてクラシックに乗ってほしい夢ある一頭です。とはいえまずは無事のデビューまで応援して行きたいと思います。


↓募集写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引退のハマオリ、明日のサラブレッドオークションへ!

2017-10-05 00:12:04 | 【引退】ハマオリ
サンデーサラブレッドクラブより愛馬の引退に関わるご案内が届きました。



改めて、ハマオリは引退してしまったと実感します。

まだ若いですしどうなるか?と思いましたがお手紙によると繁殖には上げないでサラブレッドオークションに出しますとのこと!

なんと!

現役続行(別オーナー)可能性が出てきました。
たいがいは地方かと思うのでどなたかに購入頂き地方所属で走れるかもしれません。

出資馬ではかつて初出資世代のキャッチザゥェイがこのルートで地方所属へ。地方では園田で1勝を上げることができ、中央引退から15戦、計18戦を走ることができました。

他にもあの有名一口馬主で今は一等持ちもされているGさんが自分のラフィアンの一口愛馬をサラブレッドオークションで購入し、個人の所有馬として川崎で走らせています。

笠松などで重賞を勝つ馬も出ておりますし、ここからハマオリがもう一花。今度こそゆっくり調整して馬体を作って秘めたポテンシャルを存分に発揮できる機会になれば…と密かに願っています。

昨年はサラブレッドオークションで重賞ホースのダイワマッジョーレが出品され話題になりましたね。
中央で3億近く稼いだ馬が…7歳でしたが1,700万もの価格で落札されました。ファンジカの仔でハイアーゲームの半弟。兄弟揃って重賞ホース。

残念ながら今年のOROカップで8歳にして予後不良となってしまいましたが近年この中央抹消→オークションという流れはますます加速しているかと思います。

本日の東京盃でもキタサンミカヅキとブルドッグボスの1-2で中央から地方への所属変えで活躍する馬は増えています。

ハマオリの今後に期待!!です。
明日は楽天競馬の第173回サラブレッドオークションでハマオリが新たな主人との出会いができることを心から願っています。

タートルボウル産駒ですし高い値段はつかないでしょうが、明日の夜には結果がわかります。
幸せな結末となることを願ってやみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スプリンターズステークス、予想!

2017-10-01 13:37:52 | 馬券
◉08 レッドファルクス
○09 メラグラーナ
▲03 セイウンコウセイ
△06 ワンスインナムーン
×02 レッツゴードンキ
×04 フィドゥーシア
×05 ラインミーティア
×07 ダイアナヘイロー
×11 モンドキャンノ
×16 ダンスディレクター

基本は08-09と03-08.091-2着で3連単。

混戦ですが、全部荒れるというよりヒモか頭がどちらか荒れるスプリンターズ。
基本は強くて人気のある馬、あとは勢いのある近走勝ち馬。

そして血統的にサンデー系が有力でない(社台の力がかかってない)レースなので適性重視。
おかわりと中山が得意な馬に要注意!です。

10万馬券になれば良いな、と願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加