FLY to the world!! 【一口馬主・地方競馬応援記】

“一口馬主ウイング・大航行日誌”
出資する社台・サンデーを中心に、馬主ライフと競馬のあれこれ。

シュペトレーゼの15、順調に素直に。

2016-11-05 19:35:14 | ムーランナヴァン
2016/11/4 NF早来
----------
現在はウォーキングマシンの運動を60分に加えて、ロンギ場でダク、キャンター運動を行っています。慣れてくるに連れてキャンター時のバランスがよくなってきました。スピードが上がれば、もっとよくなると思われます。小柄な牝馬ながら飼喰いはよく、また、一歩一歩をしっかり踏み込んでいるので、キャンター時は実際のサイズよりも大きく見えます。騎乗者の指示には素直に従っており、非常に乗りやすいタイプの競走馬です。現在の馬体重は419kgです。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

これまでの経緯が、下記の通り。

9月14日(水)
----------
NFイヤリングからNF早来の育成厩舎へ移動しました。移動後の状態を確認しながら初期馴致を進めていきます。

10月3日(月)
----------
現在は馴致を進めている最中です。鞍を付けるところまでは進めており、現在は厩舎内の廊下で人がまたがって軽く歩かせています。馬体は小ぶりな作りですが、バランスが良く、まとまっています。馴致において、気難しい面を出すこともありません。馬体の成長をうながすべく、カイバの量を早めに増やして、ボリュームアップさせながら、ロンギ場での運動で基礎体力をつけていきます。9月牧場見学ツアー時の測尺は、体高152cm、胸囲171cm、管囲19.5cm、現在の馬体重は413kgです。
----------


↑9/13NF YEARLING

必死の検討の結果不惑の一頭指名!
一次募集で満口となったシュペトレーゼの15

まさかのレポートチェック漏れで2回分のレポートが記載されておりません!(笑)

ということで新たに2015年産のこの馬をよろしくお願いします。

母父ディープインパクト。
イモータルの姪っ子に当たる本馬には、府中に適性がありそうなinbreedも魅力のヨーロッパ血脈とサンデー系。シロッコにも繋がる母系。

何より柔らかく柔軟と思われる筋肉に発達した胸前。
澄んだ瞳とそれに似合わぬ太く頑強な首さし。

春ツアー以降3ヶ月経った秋ツアーでの写真ではモリモリ太ってますが(笑)その分が発達して筋肉になると信じたい。

こんなに太く見えて419kg、ただ大きく見せるということは競走馬としてはとてもいいことです。
また従順で乗りやすいのは父の血でしょうか。
蹄の大きな馬ですし、とにかく無事に冬を越え来春には期待の2歳馬になってほしいもの。

どんなに良くなっても絶対オッズがつかない血統だと思うので、新馬戦から稼がせてもらいたいw

尾形厩舎目指して頑張れ!

あ、名前考えなきゃ。。


母のシュペトレーゼはドイツワインの格付で「遅摘み」という意味があります。でも君は早くから走って構わないのだよ、新種牡馬×初仔。そしてBMSディープ。

まずは叔父のイモータル、エックスマーク超えを目標にしたいところです。
楽しみにしています!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハマオリ、ゲート試験不合格... | トップ | アメリカ大統領戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。