FLY to the world!! 【一口馬主・地方競馬応援記】

“一口馬主ウイング・大航行日誌”
出資する社台・サンデーを中心に、馬主ライフと競馬のあれこれ。

シュペリユールの16、ハロン17秒で成長を促進

2018-01-12 15:26:53 | シュペリユールの16
1/5現在、社台F在厩。
----------
騎乗調教開始後も順調な経過を歩んでおり、周回コースにてウォーミングアップのあと、週3日は直線コースにてハロン18~17秒を主体に15-15の時計を計時することもあります。現状はまだ線が細く、体力・筋力が不足している印象です。ただ、馬体の使い方にセンスを感じさせており、これからの変わり身に期待します。現在の馬体重は422kgです。
----------
【レポートの転載につき、社台サラブレッドクラブの許可を頂いております】

5月生まれなのであまり成長面は心配していないシュペリユールの16ですが、こちらが想像した以上の順調さで育ってきていますね。

もう15-15が使えるようですし、文字通りこれからの変わり身に期待というところでしょうか。

馬体重が増えて欲しい。
希望するのはそれだけです。

5勝した母シュペリユール、そして秋華賞を勝ちJCでシングスピールのハナ差2着した祖母ファビラスラフイン。
祖母と母はともに442〜452kgでベストパフォーマンスを出していました。競馬に行ってこの体重になるには、デビューまでに450kg近くを一度経験したいかな。

小さくて走らないことはないと思うのですが、なんとなくこの馬先行で粘りこむイメージなので…

まあ、どんな形であれ走る馬は走るし、コメントでもセンスがうかがえると言ってもらってますので信じて待ちましょう。

社台ファームで泥臭く鍛えてもらって、芝ダート兼用になるとよりいいかな。長く活躍できるように、この時期を大切に過ごしてもらいたいと願っています。

↓11/27 社台ファーム



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュペリユールの16.徐々にペースアップ

2017-12-28 08:03:58 | シュペリユールの16
12/1現在、社台F在厩。
----------
社台ファームでの馴致訓練を難なくこなし、この中間からコースでの騎乗調教を開始したところです。現在、週3日は周回コースにて常歩3000m、ダク1200m、軽めキャンター1200mを乗り、直線コースにてハロン18~17秒のキャンターを消化しています。また、それ以外の日にはトレッドミルで動かす日、周回のみの日も設定するメニューです。まだ筋肉がつききっていない印象で緩さが残っていますが、走らせてみると四肢の動きに力強さが通ってきた感触があります。現在の馬体重は428kgです。
----------
【レポートの転載につき、社台サラブレッドクラブの許可を頂いております】

5月生まれということもあり、まだまだ幼さが残る様子。

調教動画が公開されましたがキャンターでややペースアップかな。







中尾厩舎のキャッシュインクルーデッドの16と併せております。向こうはドリジャ産駒ですね。

秋のツアーで追加出資となった本馬ですが、シンボリクリスエスらしい顔つきですね。



↑11/17社台ファーム

まだまだ体も幼いですね。



↑10/1早来ファーム

この馬の特徴は柔軟性。
450kg前後の競馬かと思いますが、母が438〜448で5勝。特別を連勝した際には440kgでの出走でした。

力強さが宿ってきたのは良い傾向です。
母父サンデーのシンボリクリスエスなのでもしかしたらもしかする…かもしれない!

先輩より加藤先生は良いジョッキーを手配してくれるとのことですので期待して待ちましょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュペリユールの16、近況レポート

2017-11-09 16:42:20 | シュペリユールの16
11/3現在、社台F在厩。
----------
早来Fにて初期馴致を済ませていたため、社台ファームでは早速、馴致場で駆け足訓練を開始しています。やや腰に疲れが見られますが、放牧をしっかりと行っていた証とも言え、遅生まれでこれからの良化が見込めるでしょう。牝馬らしい反応のよさが目をひきます。現在の馬体重は438kgです。
----------
【レポートの転載につき、社台サラブレッドクラブの許可を頂いております】

社台ファームでの駆け足訓練が始まりました。
10/24に移動してから約2週間ですか。
遅生まれにしては体重もあり、何より顔立ちがクリスエス産駒らしい顔に。

ブランネージュに似ております。
とても。

足が長く耳が大きいことも特徴であり、良い傾向と言えるでしょう。感覚的なものですが。

この馬がどのような成長曲線を辿り、どういった馬に育って行くのか楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュペリユールの16、早来ファームで初期馴致

2017-10-05 08:38:39 | シュペリユールの16
2017年10月02日 早来F在厩
------------
早来Fに在厩しています。現在は、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っています。遅生まれのため馬格は小ぶりですが、血統から受けるイメージどおりにゆったりと堅実に成長してくれています。心身ともに健康的でいつも生き生きとしており、兄たちと同様、奥の深いタフな競走馬へと成長してくれそうです。走ることに対して前向きな気性は頼もしく、馬格以上の存在感があります。9月牧場見学ツアー時の測尺は、体高150cm、胸囲171cm、管囲18.8cmでした。現在の馬体重は427kgです。
------------
【レポートの転載につき、社台サラブレッドクラブの許可を頂いております】

うわー、久々に社台サラブレッドクラブの…という文章を書きました(笑)

しばらく縦縞の勝負服の馬を出資馬🐎として見ることはないかと思っていたら秋のツアーで出会ってしまいました!

現場で馬を買うという初の体験をさせて頂き、晴れて愛馬となりました。

ハマオリが3歳未勝利で引退してしまいまして、4歳1頭・2歳1頭・1歳2頭という形になりました。

さて、母シュペリユールは言わずと知れた名牝ファビラスラフィンとサンデーサイレンスの仔です。
ファビラスラフィン自身は7戦しかできませんでしたが秋華賞を含む4勝でジャパンカップでも2着に入っておりその年の最優秀3歳牝馬に選ばれています。
秋華賞ではエアグルーヴやエリモシックに勝ち、ジャパンカップではシングスピールに敗れていますがエリシオ、ダンスパートナー、バブルガムフェローを負かすなど優れた資質の持ち主でした。

産駒からも母シュペリユール(特別連勝を含む5勝、獲得賞金1億円超え)を始め、あのオルフェーブル逸走で有名な阪神大賞典の勝ち馬ギュスターヴクライ(父ハーツクライ、5勝、獲得賞金1.7億円)などを出しています。

母シュペリユールは本馬のほか、ナリタハリケーン(父キングカメハメハ、5勝、獲得賞金1.2億円)などコンスタントに8頭の産駒を送り出し計11勝を挙げています。

母の産駒は
・2008 イッツスパーブ(牝・父ファルブラヴ)15戦2勝…社台TC・大久保洋吉厩舎、社台F
・2009 ナリタハリケーン(牡・父キングカメハメハ)32戦5勝…オースミ・中尾秀正厩舎、白老F
・2010 ポートドラルーン(牝・父チチカステナンゴ)4戦0勝…社台TC・堀宣行厩舎、白老F
・2011 カネトシキフジン(牝・父キングカメハメハ)7戦0勝…兼松利雄・荒川義之厩舎、白老F
・2012 ブレイクザポケット(牡・父ジャングルポケット)19戦3勝…サンデーレーシング・萩原清厩舎、白老F
・2013 ナディール(牡・父クロフネ)2戦0勝…G1レーシング・中尾秀正厩舎、白老F
・2014 ヴェルラヴニール(父ハービンジャー)5戦1勝…サンデーレーシング・加藤征弘厩舎、白老F

そして一世代空いて本馬となります。

仔だしの良い母ですが、生産こそ白老Fで一定ですがクラブ間でも3クラブ全てから募集され厩舎もバラバラ、父もバラバラ(笑)

ようやく加藤征弘厩舎で落ち着いたのかな、というのがヴェルラヴニールと本馬の流れでの感想です。

大きなレースに勝った産駒はいませんが兄たちを見ていても1,000万下までは通用する血統かなと。
牝馬なので6歳春の年齢制限はありますし牝馬があまり走らない系統なのを買ってから気づきましたが(笑)ファビラスラフィンの牝系を代表する繁殖になることを期待しています。

半兄ナリタハリケーンを超えたら最高ですね。
ただ、8歳現役でこの歳にして札幌記念2着という実績から晩成だったらどうしようと不安になりますw

直近の半兄ヴェルラヴニールをお持ちのお知り合いからは、加藤征弘先生は良い騎手を連れてくると太鼓判!

確かにヴェルラヴニールは戸崎・四位・川田・ルメールと実力と実績を兼ね備えた騎手を配してくれています。
初戦がダイワギャグニーの3着、2戦目で1.3倍の圧倒的1番人気で4馬身差の圧勝で1着。
500万下で多少足踏みしていますが、まだ上にいくのではないでしょうか。

半兄ナリタハリケーン・ブレイクザポケット・ヴェルラヴニールは現役ですし、この血統的に5勝というのが一つのキーワードかなと思いますので目標は大きく5勝。
そして1,600万と言わずぜひオープン馬として繁殖に上がってほしいです。
主戦を確保しコンスタントにたくさん走ってほしい、それが本場馬にかける一番の期待です。

母も16歳で繁殖としてはピークを過ぎたかもしれませんが昨今のトレンドを見ていると繁殖も活躍年齢が上がっている気がします。

カルマートの16は母父シンボリクリスエスですし、ブランネージュといいどうもクリスエスに縁があるようなのでこの馬も1億円の王台目指して頑張ってほしいですね!

まずは無事にデビューまで行ってほしいな、と願っています。兄を見ていてもクリスエスという血統からもダートも?ノンコノユメの厩舎ですし。


↑社台秋ツアー、早来ファームにて

額のダイヤモンドが💎輝く日を心待ちにしています^_^



↑募集写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加