朝明けに

聖書のことばから、うれしい一日一日の糧を!

前もって準備していて下さる善い業の中へ

2016-10-19 18:13:36 | 聖書から
主よ、あなたの慈しみがとこしえにありますように。

  御手の業をどうか放さないでください。詩編138:8




 私たちは神に造られたものであり、

しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、

キリスト・イエスにおいて造られました。

私たちは、その善い業を行って歩むのです。エフェソ書2:10




 創世記13:5~18

 Ⅱコリント2:1~11

      (ローズンゲン日々の聖句10/19;水)




 私たちは、自分で生まれて来て、自分で生きているように思っていますが、あの本によると、「あなたたちを造ったのはわたしだ」とおっしゃる方がおられるのだそうです。

私たちは、その方の御手の業なのだそうです。

だから、その方が、御手のわざである私たちを見放してしまうことはなく、しっかりと握っていて下さるのだそうですね。






 そればかりでなく、私たちが自分で行っていると思っている善い業も、実は、その方が前もって準備していてくださったものなのだそうです。




 それで、私たちは、善き業の何かをなし得たとしても、それは自らの力によるのではなく、天の神、主、「わたしはある」と言われる方が、私がそう出来るよう、前もって準備してくださっていた、神の賜物なのだそうです。




 そのことがよく分かった者は、自分を誇ることを止め、この方に感謝をささげるようになるのだそうです。




 また、自分の考えの中にとどまるのではなく、「聖である霊」と呼ばれる方が、心に置いてくださる「御父」の御思いの中に、善い業の中に、一歩、踏み出していく者にもしていただけるのだそうです。




 アブラハムが、甥のロトと別れるとき、どこを取るかを、まず、ロトに選ばせて、自分は残りを取って行ったように(創世記13:5~18)。




 また、使徒パウロの勧めに従ってコリントの人たちが、罪を犯している人を、悩みに満ち、憂いに満ちた心で、涙ながらに、責めたけれども、その人が悔い改めたとき、赦し、力づけ、愛したように(Ⅱコリント2:1~11)。

今日も。


イメージ 1








[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]









"哲学・思想 ブログランキングへ"









[269RANKのランキングサイト]









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体験した事実を証言する者に。 | トップ | 与えて頂いている賜物を生かして »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。