朝明けに

聖書のことばから、うれしい一日一日の糧を!

主の御思いを求めて

2017-06-02 06:39:25 | 聖書から
苦難の襲うとき、
私は主を求めます。
夜、私の手は疲れも知らず差し出されます。詩77:3

 主が、あなたがたに
神の愛とキリストの忍耐とを
深く悟らせてくださるように。Ⅱテサロニケ3:5

 エフェソ書1:15~23
 使徒5:17~33(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句6/2;金)

 苦難の日、
天の神、主が、私たちの願いを拒まれ、私たちに対する慈しみを閉じてしまわれたように思えるとき、
なお、私たちは天の神、主に向かって手を差し出し、声をあげ、叫ぶのですね。
かつての、天の神、主がなさったくすしいわざを思い起こしながら。

 主は真実な方。私たちを悪いものから守ってくださる方。
天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方は、
「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている〔生まれた時からの私〕という霊を、イエスの十字架刑での処刑に合わせていただいて処刑されたもの、死んだものとしていただき、〔聖である霊〕と呼ばれる方をお迎えした者に、
この方によってその心の思いを導き、
神の愛とキリストの忍耐を悟らせ、持たせてくださるのだそうです。

神を知るための知恵と掲示を与え、
心の目がはっきり見えるようにしてくださって、
神の召しによって与えられた望みがどのようなものか、
聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、
また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを
体験させてくださるのだそうですから。

 〔父である神〕は、その全能の力をキリストのうちに働かせて、
キリストを死者の中から、新しい霊のからだによみがえらせ、
天上においてご自分の右の座に着かせて、
すべての支配、権威、権力、主権の上に、
また、今の世ばかりでなく、次に来る世においてもとなえられる、
すべての名の上に高く置かれているのだそうです。

 〔父である神〕は、いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、
いっさいのものの上に立つかしらとされ、
受け入れる者を、ご自身のからだとし、
〔聖である霊〕と呼ばれる方によってその心を導き、
手足がその人の思いのとおりに動くように、私たちをご自身のからだとして用いて、
ご自分がしようと思われる栄光のみわざを現してくださるのだそうですから(エペソ1:15~23)。

 イエスの弟子たちが、〔聖である霊〕と呼ばれる方をお迎えして、
この方が心に置いてくださる〔父である神〕の御思いのままに、
数か月前に人々の目の前で十字架刑で処刑されたイエスの復活を語り出し、
大祭司とその仲間の者たちが留置場に入れ、裁判にかけ、死刑にしようとするおびやかしにもかかわらず、
エルサレム神殿で、このいのちのことばを語り続け(使徒5:17~33)、
このイエスの復活にかかわる喜びのニュースが、エルサレムから始まって、ユダヤとサマリヤの全土、さらには地の果てにまで、
東の果ての日本にまで伝えられ(使徒1:8)、
受け入れた人々に新しい人生を起こしているように。

だから、〔父である神〕の御思いを求め続けていくのですね。
〔聖である霊〕と呼ばれる方によって。
今日も。
イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

[269RANKのランキングサイト]

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大きな喜びをもって、 | トップ | わたしの耳を呼び覚まし、開... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。