朝明けに

聖書のことばから、うれしい一日一日の糧を!

天の神、主の知識と英知、“霊”の力に満ちて

2017-08-09 08:44:08 | 聖書から
知恵を授けるのは主。
主の口は知識と英知を与える。箴言2:6

 イエスは“霊”の力に満ちてガリラヤに帰られた。
その評判が周りの地方一帯に広まった。
イエスは諸会堂で教え、皆から尊敬を受けられた。ルカ4:14~15

 マタイ5:33~37
 使徒21:27~40(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句8/9;水)

 私たちが、神のことばを受け入れ、神のことばを自分のうちにたくわえ、
自分の耳を知恵に傾け、心を英知に向けるなら、
もし私たちが悟りを呼び求め、英知を求めて声をあげ、
銀のように、これを捜し、
隠された宝のように、これを探り出すなら、
そのとき、私たちは、主をおそれることを悟り、神の知識を見いだすようになるのだそうです。
天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方が知恵を与え、
御口を通して知識と英知を与えてくださるのだそうですから(箴言2:1~6)。

イエスは、30歳になる頃まで、ナザレ村で、両親に仕えられ、人々からは父親だと思われていたヨセフの仕事、大工をしながら、普通の人と変わらない生活をしておられたのだそうです。
そして、およそ、30歳の頃、バプテスマのヨハネからバプテスマ(洗礼)を受けられたそのとき、
天が開け、神の“霊”、御霊が鳩のように下って、ご自分の上に来られ、
天から「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ」という声が告げられたのだそうです(マタイ3:13~17)。

それから、御霊に導かれて荒野に上り、40日40夜断食をしたあと、悪魔の試みを受けられたのだそうです。
悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、
「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。
それは私に任されているので、私がこれと思う人に差し上げるのです(ルカ4:6)」と、自分を拝むよう誘ったのだそうですが、
イエスは、「引き下がれ、サタン。
『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ(申命記6:13)』と書いてある」と聖書のことばをもって答えられ、これを退けられた(マタイ4:1~11)のち、
御霊の力を帯びてガリラヤに帰られたのだそうです。
そして、“霊”、御霊を通して来る、天の神、主の知識と英知によって教えられたのだそうです。


私たち日本人も、自分の釈明、主張、自分の正しさを人々に分かってもらおうと、
「天地神明に誓って」とか、「神にかけて」とか、言うことがありますが、
イエスは言われるのですね。
「決して誓ってはいけません。
『はい』は『はい』、『いいえ』は『いいえ』とだけ言いなさい。
それ以上のことは悪いことです」(マタイ5:33~37)と。

どこまでも、自分の力で自分の正しさを分かってもらおうとしないで、
正しくさばかれる方、
「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする」(申命記32:35、ロマ12:19)と仰る方に信頼し、お任せするのが知恵のあるやり方ですよ、ということでしょうか。

 使徒パウロも、エルサレムで、誤解によって殺されようとしたときも、自分を殺そうとする人々に対して釈明するときも、「兄弟たちよ。父たちよ」と呼びかけ、
天の神、主に信頼し、結果は天の神、主にお任せしていたようですね(使徒21:27~22:1)。

 私たちにも、〔聖である霊〕と呼ばれる方を通して、「神の知識と英知」が来て、
「天の神、主の知識と英知」で、一つ一つのことに向かって行けるのだそうですから。
神の勝利に向かって。
今日も。
イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あなたの顔をこちらに向け... | トップ | 主のすばらしさを味わい、こ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。