緋野晴子の部屋

緋野晴子の「たった一つの抱擁」「沙羅と明日香の夏」とレヴューのご紹介を中心に、文学関連・その他のお話しをしてゆきます。

これが 「青い鳥のロンド」 です

2016-12-07 16:14:49 | 千里の道




         
             あなたは青い鳥が見えますか?

       「一番好きだった人と、幸せの奪い合いをしている」       菜摘子
       「心の震えは何物にも代え難いわ。ああ、生きているって思う」  百音
       「他の人たちにも何か不幸があったらいいのに……」        夢子
       「何だかんだ言っても、私たちはそれでも勝ち組なのよね」     翔子
       「オマエは空っぽだって、喉の奥から嫌な声を出して笑うの」      麗
       「フッ、フッ、夢は掴んだとたんに消えてなくなるシャボン玉」 栄の魔女
       「暗闇の中で、君と僕のことを想って泣いた」               護


前記事で「あとがき」をご紹介しています。あわせてご覧ください。ただ今、予約受付中。

       本代(予約20%引き)+税+送料 = 1600円以内 です。


ご予約いただけます方は、承認制にしてありますコメントで、お名前・〒・ご住所をお教えください。

お言葉と住所等のコメントは2つに分けていただき、こちらで確認しだい、住所等のほうは削除させて

いただきます。それでも不安な方は、そうおっしゃってください。私のメルアドをお教えしますので、

そちらへお願いします。

緋野晴子の3作目です。どうぞ読んでみてください。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近刊 「青い鳥のロンド」 の... | トップ | 友を想う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

千里の道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。