橡の木の下で

俳句と共に

草稿06/30

2010-06-30 09:16:21 | 日記
鎌倉

的場まで通ふ径ありほととぎす
万緑やつがえて放つ矢の間合ひ
   円覚寺本尊
厳かに宝冠被き黴匂ふ
青梅雨や墓域に出でて風少し
鎌倉や山を下りくる梅雨の靄
鎌倉の道入り難し額の花
                亜紀子

この記事をはてなブックマークに追加

平成22年「橡」7月号より

2010-06-30 08:42:40 | 俳句とエッセイ
初かはづ

せんだんの藤にも似たる花の雲
染み入るがごとし若葉の雨に濡れ
草蜘蛛は草が住処よみどりの日
座に入りし火虫手捕りて訝らる
ふるさとの野の遥けさよ初かはづ
                  亜紀子

この記事をはてなブックマークに追加

草稿06/29

2010-06-29 07:11:37 | 日記
締め切りは背後に迫る梅雨の雷  亜紀子

子どもの頃はよく雷を聞いたように思う
近頃めずらしく豪快な音を聞いた

この記事をはてなブックマークに追加

草稿06/28

2010-06-28 09:46:37 | 日記
門までの行き来に引きぬ梅雨穂草  亜紀子

雨が上がり、日が差し来れば
早起きは雀

向かいの家の甍に転がるように羽ばたき遊び
こぼれるような歌にお喋り

この記事をはてなブックマークに追加

草稿06/27

2010-06-27 11:23:41 | 日記
梅煮る香屋内に満ちぬ夜の雨  亜紀子

楽しみを探す
雨には雨の楽しみを

この記事をはてなブックマークに追加