橡の木の下で

俳句と共に

草稿09/08

2017-09-08 11:40:56 | 日記

神宮の森の霧湧く深さかな

神宿る双樹に避くる秋の雨

おしいつく森高ければ高く鳴く

食みてみる椎の実甘し母恋し

きらめくや花より数の萩の露

亜紀子


この記事をはてなブックマークに追加