すけあくろう 多楽祭 ライブレポート

毎月最後の土曜日に開催しているアマチュアミュージシャンばかりが集まって出演するライブイベントのレポートです。

四月の多楽祭🎵🎵

2017年05月15日 | 2017四月の多楽祭

せにゃならんことがこの歳になって、若い時分に比べて増えた気がするんはわしだけでせうか。
 のんびりと、のほほんと、悠々自適に老後を暮らすと云うその昔、思い描いたわしの余生たるや、木っ端みじんに粉砕されたのでございます。

 さて、せめて月に一度の多楽祭くらい、きびしい現実から逃避して好きで止まず、恋して止まない自分の歌を、この夜も此処に唄いに来たつわものおじさんたちのご紹介です。

 出花は数年ぶりのキャプテン畑中が飾ります。筆者の好きな♪どん底の人間には歌なんか聴こえない(チィと歌詞が違うケド)を熱唱してくれはりました。

 

 

 

 

 時代屋・川近さんが今宵も唄う「どフォーク」は、何があっても軸がぶれないのであります。

 

 

 

 数か月ぶりに三良坂町から高島さん登壇。敬愛するお方の詩に曲をつけた歌を披露されました。

 

 人が唄う歌に涙を流すマツムラさんが筆者は羨ましく、そんな豊かなる感性で、まだまだえっと曲を書いて欲しいと思います。

 

 久方ぶりに世羅町からフォトグラファーの田中さんのパフォーマンス。近日中の自転車購入で体力増強か‥

 

 ウルトラ7/11南畠敷店主は、今宵もマイペースでうるしだに節を聴かせます。

 

 近所の久保さん。歩いて1分の久保さん。走ったら12秒くらいの久保さん登壇。

 

 筆者もチコッと唄いました。


 こうやって、忙しいのに、他にもせにゃいけんことがえっとあるのに、此処へ来て唄ってくれる皆さんに乾杯!
 ありがとう!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風の丘・春の風まつり 2017 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。