S.C.相模原サポーターブログ

SC相模原を楽しく応援するブログです

川戸初ゴール!試合は引き分け・・勝てたけどなぁ・・

2017-05-18 08:02:37 | SC相模原・激闘の足跡

5月14日のSC相模原vsグルージャ盛岡の試合は1対1で引き分けに終わりました。この試合、前半の戦い方はSC相模原が押していただけに、勝ちたかった試合でしたが引き分けに持ち込まれ、もったいない印象が強く残ります。失点シーンも前週と同じく、左サイドから逆サイドに抜けたファーサイドのボールを決められてしまいました。梅井が相手選手をつかんでいないほか、相変わらずサイドをえぐられた時の岡根のポジションが中途半端で、ゴール前人数は揃っているのにいるのに決められる、という残念なゴールになってしまいました。SC相模原は昨年・今年と1試合当たりの平均得点数が1点を割ったままです。攻撃が上向いてきているものの、1試合中に2点を取る確率は現状低いままですから守備陣が「0で抑える」気概がないと勝てません。また左サイドを破られるとき、徳永が裏のスペースが危ないからケアしてくれ、と指さしして指示しているのに、周囲の選手の反応が遅れました。もう一度、相手のサイドからの崩しに対するDFラインの守備と岡根のカバーリングの動きについて再確認しないと、次節以降もサイドからの失点が再び起きることでしょう。相手チームも試合のビデオを見て「相模原を崩すならサイドから」「左右に揺さぶるとマークがはずれやすい」とサイド中心の攻撃を仕掛けてくることは間違いないのですから。

前半は素晴らしいサッカーが続きました。誠・菊岡・徳永・麦倉のパス連携がよく、特に左サイドの誠と麦倉の崩しから何度もいいボールが上がっていました。徳永の動きはこの日も素晴らしく、攻撃・守備両面において視野の広さを感じます。誠とともにこのチームの中盤のキープレーヤーになっていくことは間違いなさそう。またこの日のジョンは高さではなくポストプレーで存在感をアピールしました。前半の戦い方を見る限りにおいては、「今日は勝てる」雰囲気150%でした。しかし、これが引き分けに終わってしまった最大の原因が「川戸・久保の怪我退場」。また、交代選手の入れ方にも疑問符がつき結果的に後半の攻撃はジリ貧に終わりました。特に、ジョン・久保が交代した場合のFWの準備がチームとしてできていません。この日は呉の1トップに菊岡を高めに置くようなフォーメーションでしたが全く機能しませんでした。久保負傷退場の時点で3バックに変更するオプションもあったと思います。決定力のある保崎をウィングに置くのもオプションの一つとしては、あり、と思いますが、中盤のポゼッション率が下がるのでFWに高原のようなキープ力のある選手がいることが条件になります。次節琉球戦、久保・川戸が元気な姿でプレーしてほしいですね。沖縄で勝ち点3をゲットしよう!

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョンの2発で同点!チーム... | トップ | 栃木SCを食ったぞ!こりゃ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。