しましましっぽ

本や映画などの簡単な粗筋と感想。
後、好きなスポーツの事を書いた、
備忘録の様なブログです。
☆フォトチャンも☆

W杯 ドイツ大会 ワールドカップはイタリアへ

2006年07月10日 | スポーツ
イタリアが、PK戦でフランスに勝ち、24年振り4回目の優勝
7分にフランスがジダンのPKで先制。
これで、惜しくもブッフォンのW杯無失点記録更新はならなかった。
そして19分、コーナーキックから、マテラッテのヘディングが決まり、イタリア同点。
この後は両チーム無得点と言うか、無失点と言った方がいいような、守備が光った戦いで、延長戦そして、PK戦へ。
今日は、イタリアはいまひとつな感じで、攻撃があの得点の後、同じくコーナーキックから、トニのヘディングがクロスバーを叩く惜しいシーンがあったが、その後はなかなか攻められなかった。後半はコーナーも少なかったし。
そして守備も、シュートまで持って来られる事が何度かあったが、ブッフォンの力の見せ所になった。これは守備との兼ね合いもあるのだが。
フランスも守備が良かった。

そしてPK戦は、勝ったことのないイタリアだけに、また負けるのか・・・・でも、そろそろ勝たせてくれと、祈りながら。
結果、5人全員が決める、イタリアにとって奇跡のようなPK戦だった。
トレゼゲに感謝、などと言ったら怒られるけれど、ユーロ2000は、トレゼゲに負けたようなものだから、今回はお返しを貰ったということで。そう、フランス大会はフランスにPK戦で負けているのだし、今度はイタリアの番だよ。
でも、勝っても負けても、PK戦は辛い。

ワールドカップを触って、はしゃいでいる選手を見ていると、この姿を12年前にも見たかったと、強く思った。
これで、イタリアはPK戦の呪縛から解放されたかな。

1ヶ月のW杯。自分のW杯は最後まで終わらなかった。
応援するイタリアの選手達に、ありがとう、そしておめでとう。

イタリアの選手は小柄な人も多い。だから、日本選手も力をつけてこの世界に対等に勝負出来るように頑張って欲しい。
などど書いてしまったが、うん、観客は気楽だ。

次回は南アフリカ大会。
優勝国イタリアも予選から戦う。でも、4年間は幸せな気持ちでいられる。
最後にもう一度、
イタリア、優勝おめでとう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« W杯 ドイツ大会  3位決定戦 | トップ | 「エターナル・サンシャイン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL