名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(641);四間飛車に右64銀戦法(二上達也)

2017-09-13 | 大山将棋研究
☆ 昨日の復習

先手番大山先生の次の手は?


☆ 今日の棋譜20170913
昭和57年3月、二上達也先生(当時棋聖)と第40期名人挑戦者リーグです。

大山先生の四間飛車に二上先生は棒銀のようでしたが

64に出ての急戦です。大山先生は袖飛車でしょうからどちらでも大差はないのですが

75歩と抑えて

袖飛車は右銀を引いて矢倉で受けます。これなら棒銀よりも玉が堅い、という主張です。

駒組みのやり直しになりますが、途中55歩と突いたのが膠着状態を嫌った手です。有吉先生なら(というか今は多くの人がそうですが)22玉~32金までは進めてから考えるところでしょう。

中央で戦いが始まり

この桂馬が間に合って73桂が間に合わず、大山先生がリードです。

二上先生は銀交換から

76歩に85桂と逃げられたのが痛かったのです。手順前後はうまくいかない、というのが不運。やむなく銀を打って

飛銀で攻めるのですが、大山先生の69歩が好手です。76金などを見て、65飛55銀が窮屈になりました。(55銀の前に84歩か)

飛車を移動すれば銀当たりで

この55歩も好手ですね。

77歩成に56金で

一段落して飛角交換だけですが、二上先生からは攻めにくいのです。

守りの桂で攻めるのは苦肉の策。

でも簡単ではありません。

どうやら攻め合いになりそうですが

玉頭の勢力は大山先生のほうが強く

銀で歩を払い

35歩と抑えてしまえばもう一息。

ちょっと重いですが確実に攻めます。

二上先生も必死で粘りますが

角打ちから

竜を捨てて馬で銀を取れば寄りです。

投了図。

二上先生は読みに自信があるのでしょう、作戦勝ちなど目指さないで、中盤~終盤で難しい手順を読むのが好きで、感覚の良い大山先生には分が悪いのです。
79手目69歩あたりからの大山先生のうまさ、玉頭戦も楽しめます。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.31 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山王将
後手:二上達也棋聖
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 7八銀(79)
4 3四歩(33)
5 6六歩(67)
6 6二銀(71)
7 6八飛(28)
8 5四歩(53)
9 4八玉(59)
10 4二玉(51)
11 3八銀(39)
12 3二玉(42)
13 3九玉(48)
14 1四歩(13)
15 1六歩(17)
16 5二金(61)
17 6七銀(78)
18 7四歩(73)
19 2八玉(39)
20 8五歩(84)
21 7七角(88)
22 9四歩(93)
23 9六歩(97)
24 4二銀(31)
25 4六歩(47)
26 7三銀(62)
27 3六歩(37)
28 6四銀(73)
29 4七銀(38)
30 7五歩(74)
31 7八金(69)
32 7六歩(75)
33 同 銀(67)
34 7五歩打
35 6七銀(76)
36 5三銀(64)
37 3八飛(68)
38 7二飛(82)
39 3五歩(36)
40 同 歩(34)
41 同 飛(38)
42 3三銀(42)
43 3九飛(35)
44 3四歩打
45 5六銀(67)
46 4四歩(43)
47 6七金(78)
48 6四歩(63)
49 3六銀(47)
50 4三金(52)
51 2六歩(27)
52 3一角(22)
53 3八金(49)
54 4二角(31)
55 4七銀(56)
56 5五歩(54)
57 5九飛(39)
58 2四歩(23)
59 6八角(77)
60 6二飛(72)
61 5六歩(57)
62 6五歩(64)
63 同 歩(66)
64 5四銀(53)
65 7七桂(89)
66 5六歩(55)
67 同 銀(47)
68 5五歩打
69 同 銀(56)
70 同 銀(54)
71 同 飛(59)
72 7六歩(75)
73 8五桂(77)
74 5四銀打
75 5七飛(55)
76 6五飛(62)
77 8六歩(87)
78 5五銀(54)
79 6九歩打
80 4六銀(55)
81 1七飛(57)
82 6四角(42)
83 5五歩打
84 7七歩成(76)
85 5六金(67)
86 6八と(77)
87 6五金(56)
88 4二角(64)
89 6八歩(69)
90 3五歩(34)
91 2七銀(36)
92 2五歩(24)
93 同 歩(26)
94 1三桂(21)
95 2四歩(25)
96 同 銀(33)
97 2六歩打
98 3六歩(35)
99 4七歩打
100 3五銀(46)
101 5四銀打
102 2五歩打
103 4三銀(54)
104 同 玉(32)
105 5四金(65)
106 3四玉(43)
107 4六金打
108 5七角打
109 3六銀(27)
110 2六銀(35)
111 2一飛打
112 3一金(41)
113 3五歩打
114 3三玉(34)
115 1一飛成(21)
116 3二玉(33)
117 2三歩打
118 2一銀打
119 2二香打
120 3三角(42)
121 3四歩(35)
122 2二角(33)
123 同 歩成(23)
124 同 銀(21)
125 1二龍(11)
126 1一香打
127 2三角打
128 4二玉(32)
129 1四角成(23)
130 1二香(11)
131 2四馬(14)
132 5二玉(42)
133 6三銀打
134 6一玉(52)
135 7三歩打
136 投了
まで135手で先手の勝ち

ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山将棋研究(640);四間飛... | トップ | 20170914今日の一手(その569... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。