名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(386); 中飛車に居飛車穴熊

2017-01-01 | 大山将棋研究
☆ 昨日の復習

さて、年が改まって、少し工夫を思いつきました。昨日の大山将棋研究の復習です。

ここで米長先生の一手は何だったでしょうか。
思い出せない方は昨日の記事を見直してください。


☆ 今日の棋譜

昭和52年12月、板谷進先生と第10回連盟杯争奪戦です。


板谷先生の36歩が早いのですが、中飛車と居飛車穴熊の将棋になりました。

大山先生は36歩は早いだろうと動きだします。

飛車先も交換して

銀を繰り出します。板谷先生は67金が間に合わないので飛車を回って応急処置。

大山先生が中央を抑えることになりました。

38飛には44角が普通なのですが、52の金を43に上がるのが大山先生らしい手です。

3筋の歩を交換させて逆襲しようと考える人なんです。

でも飛車を追われる前に4筋の歩も交換できれば、居飛穴としては悪くはありません。

大山先生はあくまで中央を抑え込もうとしています。

板谷先生は4歩もって十分ではありますが、攻め方は難しいです。

大山先生は気持ちよく3つ突きだして

板谷先生はその裏に歩をたらす。51金は利かされで指しにくいけれど、放置すると41歩成~42と よりも早く攻めなければいけません。

47歩成がその対抗策だったわけですが、

57歩成の前に47銀が間に合いました。

さらに銀を打って板谷先生が好調子。

飛車の取り合いです。

この寄せ合いは69と~79と で先手玉が詰めろ、後手玉は63銀成で詰めろにならないので、後手有利ではあるのですが、こういう1手違いは穴熊がうっちゃりを食らわせやすいです。

79角成で後手の勝ち、に見えるのですが、角を渡すと72成銀同金71角で詰んでしまいます。あとで75馬があるので後手玉が狭いのです。79飛成から行っても銀を取って88銀と埋め、角を渡せないのではまずそう。
よって大山先生は自玉に手を入れるしかないです。71銀とか金打もありましたが(千日手か?)

92玉とかわしました。板谷先生はとにかくしがみつき、それでほぼ詰めろが連続します。

うまが少しずつ迫っていって

飛車を切って桂、これで寄りかと思ったら

難しい受けが出ました。上に逃げだせれば逆転します。

ここで金を捨てるのですね。

それで香を取れば後手玉を上に逃げさせません。

62飛にも金を打てばよく

投了図。

序中盤は振り飛車のペースに見えるのですが、穴熊としては抑え込まれているようでも持ち歩が多いので何とかなりそうに見えます。42歩には51金ではないか、という気はするのですが、57歩成の前に47銀とぶつけられれば、居飛穴が勝ちやすいのでしょう。後手の44金が遊んでしまい、飛車を取った64銀が63銀成と使えた、という差が1手の差になってしまいました。

終盤の検討をするのにちょうどよい題材で、変化を検討すると終盤の力が向上します。


#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.23 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:板谷進8段
後手:大山棋聖
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 4四歩(43)
5 4八銀(39)
6 4二銀(31)
7 3六歩(37)
8 4三銀(42)
9 6八玉(59)
10 5二飛(82)
11 7八玉(68)
12 6二玉(51)
13 5六歩(57)
14 7二玉(62)
15 5七銀(48)
16 5四歩(53)
17 7七角(88)
18 8二玉(72)
19 8八玉(78)
20 7二銀(71)
21 9八香(99)
22 3三角(22)
23 9九玉(88)
24 4五歩(44)
25 8八銀(79)
26 5五歩(54)
27 同 歩(56)
28 同 飛(52)
29 5六歩打
30 5一飛(55)
31 6六歩(67)
32 5四銀(43)
33 5八飛(28)
34 5五歩打
35 5九金(49)
36 9四歩(93)
37 6八金(59)
38 5六歩(55)
39 同 銀(57)
40 5五歩打
41 6七銀(56)
42 5二金(41)
43 7八金(68)
44 6四歩(63)
45 3八飛(58)
46 4三金(52)
47 3五歩(36)
48 同 歩(34)
49 同 飛(38)
50 3四歩打
51 3六飛(35)
52 4四角(33)
53 6八角(77)
54 3一飛(51)
55 4六歩(47)
56 3五歩(34)
57 4五歩(46)
58 同 銀(54)
59 3九飛(36)
60 5四銀(45)
61 4九飛(39)
62 4五歩打
63 8六角(68)
64 3六歩(35)
65 4七飛(49)
66 3四飛(31)
67 6四角(86)
68 3五角(44)
69 5八銀(67)
70 4六歩(45)
71 2七飛(47)
72 5六歩(55)
73 4二歩打
74 4五銀(54)
75 8六角(64)
76 4七歩成(46)
77 同 飛(27)
78 4六銀(45)
79 4九飛(47)
80 5四飛(34)
81 4七銀(58)
82 同 銀成(46)
83 同 飛(49)
84 4四金(43)
85 4五銀打
86 5七歩成(56)
87 5四銀(45)
88 4七と(57)
89 3一飛打
90 5八と(47)
91 7九金(69)
92 4九飛打
93 5三角成(86)
94 6九と(58)
95 6三銀成(54)
96 7九と(69)
97 同 金(78)
98 9二玉(82)
99 7二成銀(63)
100 同 金(61)
101 6三銀打
102 8二金打
103 7二銀成(63)
104 同 金(82)
105 6三金打
106 同 金(72)
107 同 馬(53)
108 8二金打
109 7二金打
110 同 金(82)
111 同 馬(63)
112 8二金打
113 8一飛成(31)
114 同 金(82)
115 8四桂打
116 9三玉(92)
117 8一馬(72)
118 6四銀打
119 7四金打
120 同 歩(73)
121 9一馬(81)
122 6二飛打
123 7二金打
124 7九角成(35)
125 同 銀(88)
126 7七銀打
127 9二桂成(84)
128 8四玉(93)
129 8六香打
130 投了
まで129手で先手の勝ち
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20170101今日の一手(その441... | トップ | 大山将棋研究(387); 中飛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。