名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(390); 三間飛車に左美濃

2017-01-05 | 大山将棋研究
☆ 昨日の復習

先手番桜井先生の次の手は?


☆ 今日の棋譜
昭和52年12月、中原誠先生と第31期棋聖戦第1局です。


大山先生の先手三間飛車、急戦は難しいので中原先生は持久戦です。

左美濃になり、大山先生は石田流を目指します。

大山先生が37桂を跳ねないなんて伝説ですかね。ここまでは跳ねているほうが多いと思いますが。22玉型の左美濃は角のラインが嫌味。それを含みに45歩です。

中原先生は角を移動させる意味もあって74歩ですが、68角から46角を見るのも味が良いです。振り飛車の作戦勝ちか。

中原先生の64歩もあまり突きたくはないのですが、64銀は4筋が薄くなります。

銀は引いて固めることにしました。大山先生は4筋の位を取り

86歩は無視して飛車をさばきます。

気持ちよさそう。

54歩を決め、左銀を使います。

するすると銀が出て

84歩を打たせ

75歩で角を封じます。狙いは44歩から53歩成です。33銀左なら一応受かるのですが

中原先生は46歩と48歩を決めて、寄せ合いを選びます。

金を捨てて角をぶつけ

大山先生も寄せ合いに応じます。

39竜からの寄せの手筋には

29金打で手を稼いで銀を取り、攻め駒4枚ですから難しくはなさそうです。

32桂(よりも32銀のほうが少し難しそうに見えますが、ともかくその桂馬を取って

44桂の筋があるので簡単な寄せです。

22玉型の左美濃は角筋を生かして攻められるのが怖いです。三間飛車や中飛車なら比較的やりやすいのですが、それでも嫌な感じです。大山先生がやや作戦勝ちになり、左銀を繰り出していくだけで有利になりました。84歩を打たせ、75歩で封じる、というところが印象的です。
中原先生は素直に寄せ合いにもっていくのですが、形勢判断が楽観的な先生ですから悪いと思っていなかったのですかね。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.23 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山棋聖
後手:中原誠名人
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 7八飛(28)
4 8五歩(84)
5 7七角(88)
6 3四歩(33)
7 6六歩(67)
8 6二銀(71)
9 6八銀(79)
10 4二玉(51)
11 4八玉(59)
12 3二玉(42)
13 3八玉(48)
14 5二金(61)
15 2八玉(38)
16 1四歩(13)
17 1六歩(17)
18 5四歩(53)
19 3八銀(39)
20 3三角(22)
21 5八金(69)
22 2二玉(32)
23 7五歩(76)
24 3二銀(31)
25 6七銀(68)
26 9四歩(93)
27 4六歩(47)
28 4四歩(43)
29 4七金(58)
30 4三金(52)
31 3六歩(37)
32 5三銀(62)
33 5六歩(57)
34 8四飛(82)
35 3七桂(29)
36 2四歩(23)
37 4五歩(46)
38 7四歩(73)
39 6八角(77)
40 7五歩(74)
41 同 飛(78)
42 7四歩打
43 7八飛(75)
44 6四歩(63)
45 7六飛(78)
46 4二銀(53)
47 4四歩(45)
48 同 角(33)
49 4五歩打
50 5三角(44)
51 5七角(68)
52 8六歩(85)
53 6五歩(66)
54 8二飛(84)
55 6四歩(65)
56 同 角(53)
57 7四飛(76)
58 5三角(64)
59 5五歩(56)
60 同 歩(54)
61 5四歩打
62 6二角(53)
63 6六銀(67)
64 7三角(62)
65 6五銀(66)
66 8七歩成(86)
67 6四銀(65)
68 9五角(73)
69 7一飛成(74)
70 8五飛(82)
71 7四龍(71)
72 8四歩打
73 6三銀成(64)
74 8六角(95)
75 7五歩打
76 4六歩打
77 同 金(47)
78 4八歩打
79 3九金(49)
80 7八と(87)
81 4四歩(45)
82 5四金(43)
83 同 龍(74)
84 6八角成(86)
85 同 角(57)
86 同 と(78)
87 5二成銀(63)
88 8九飛成(85)
89 4一成銀(52)
90 同 銀(32)
91 4三歩成(44)
92 5七角打
93 2九金打
94 4六角成(57)
95 4二と(43)
96 同 銀(41)
97 4一角打
98 3二桂打
99 同 角成(41)
100 同 玉(22)
101 3四龍(54)
102 4一玉(32)
103 4三銀打
104 投了
まで103手で先手の勝ち
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20170105今日の一手(その443... | トップ | 大山将棋研究(391); 中飛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。