名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(760);中飛車に75歩急戦(塚田泰明)

2018-01-10 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180110
昭和58年12月、塚田泰明先生と第17回早指し選手権です。

昨日の将棋と似ていますが、大山先生の中飛車に対しての塚田先生のななめ棒銀です。

大山先生はいつものように78金と受けます。違いは56歩と57歩の違いで

中央位取りにはなりません。塚田先生は銀を繰り出しました。

大山先生の袖飛車には44銀がよくある受け方です。これに昨日並べたのと同じ45歩。今度は取れません。

33銀に46銀はあまり得ではないと思うのですが。24銀35歩同歩同銀同銀同飛31歩で13角ねらいで居飛車が悪くはないです。

塚田先生は昔から攻め将棋で、「塚田攻めれば道理引っ込む」と言われたり、「攻めっ気120%」と自称していました。75銀と出てから端角で迎え撃ちます。

15歩にも76銀ですか。とにかく攻めます。

駒損は気にせずに

とにかく攻めますが

さすがに無理をしているでしょう。

銀を打って大山先生は一息つきました。

56歩同金47銀には馬の利きを使って受ける92馬です。塚田先生は行きがかり上飛車を切って

76歩で食いつきますが、大山先生も飛車を打ち込んで反撃です。

88飛は取らせる方針で、玉頭方面が大事です。

塚田先生は控えの桂で攻めを継続し

飛車を取れば攻めが形になってきました。

大山先生は92馬の利きを生かして受けます。

馬の利きを止められたら反撃して

激しい攻防戦です。

金を打って、どうやら大山先生の優勢が見えてきました。

36馬を消して受けやすくなり

下から追うのが気がかりですが、厳しい攻めです。

さて、ここが問題です。35馬は指し過ぎだったようで、馬を逃げておけば大事には至りませんでした。

後手から詰めろが入り

まだ受けはありそうに見えるのですが、かなり難しいです。38銀か?左が壁なのでもう受けがないのかもしれません。

香を補充されての投了図。

塚田先生はどんどん攻めるのですが、無理なはずです。でも道理が引っ込んでしまいました。30秒でなければ逆転していないと思うのですが。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.31 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:塚田泰明5段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 6八銀(79)
4 3四歩(33)
5 6六歩(67)
6 6二銀(71)
7 5八飛(28)
8 4二玉(51)
9 4八玉(59)
10 3二玉(42)
11 3八玉(48)
12 5二金(61)
13 2八玉(38)
14 5四歩(53)
15 3八銀(39)
16 1四歩(13)
17 1六歩(17)
18 7四歩(73)
19 6七銀(68)
20 8五歩(84)
21 7七角(88)
22 4二銀(31)
23 5六歩(57)
24 5三銀(42)
25 4六歩(47)
26 7五歩(74)
27 7八金(69)
28 7六歩(75)
29 同 銀(67)
30 7二飛(82)
31 6七銀(76)
32 4二金(41)
33 3六歩(37)
34 7三銀(62)
35 4七銀(38)
36 7四銀(73)
37 3八飛(58)
38 4四銀(53)
39 4五歩(46)
40 3三銀(44)
41 4六銀(47)
42 7五銀(74)
43 3五歩(36)
44 1三角(22)
45 1五歩(16)
46 7六銀(75)
47 同 銀(67)
48 同 飛(72)
49 6七金(78)
50 7四飛(76)
51 1四歩(15)
52 3五角(13)
53 同 銀(46)
54 同 歩(34)
55 8二角打
56 4七銀打
57 8八飛(38)
58 7三桂(81)
59 5七金(67)
60 3六銀成(47)
61 9一角成(82)
62 1七歩打
63 同 香(19)
64 5五歩(54)
65 3八銀打
66 5六歩(55)
67 同 金(57)
68 4七銀打
69 9二馬(91)
70 7七飛成(74)
71 同 桂(89)
72 7六歩打
73 3四歩打
74 同 銀(33)
75 3三歩打
76 同 玉(32)
77 3一飛打
78 3二金(42)
79 2一飛成(31)
80 7七歩成(76)
81 3七歩打
82 1六歩打
83 同 香(17)
84 2四桂打
85 3六歩(37)
86 1六桂(24)
87 3七玉(28)
88 3六銀(47)
89 4八玉(37)
90 8八と(77)
91 5五金(56)
92 7八飛打
93 5八歩打
94 4六香打
95 4七香打
96 7四歩打
97 4六香(47)
98 2八桂成(16)
99 4四銀打
100 2四玉(33)
101 3二龍(21)
102 3八成桂(28)
103 同 玉(48)
104 4七角打
105 2八玉(38)
106 2七銀成(36)
107 同 玉(28)
108 3六角成(47)
109 3八玉(27)
110 2七銀打
111 4八玉(38)
112 4四歩(43)
113 3七金打
114 2六銀打
115 3六金(37)
116 同 歩(35)
117 3八歩打
118 7七飛成(78)
119 5七桂打
120 6六龍(77)
121 3三角打
122 2五玉(24)
123 4四角成(33)
124 4七歩打
125 同 玉(48)
126 3五金打
127 5六金(55)
128 6九龍(66)
129 5九香打
130 4三金(52)
131 3五馬(44)
132 同 玉(25)
133 3九桂打
134 2五角打
135 4八玉(47)
136 3七歩成(36)
137 同 歩(38)
138 3六歩打
139 2七桂(39)
140 同 銀成(26)
141 3六歩(37)
142 同 角(25)
143 3九銀打
144 9九と(88)
145 投了
まで144手で後手の勝ち



ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20180110今日の一手(その627... | トップ | 大山将棋問題集 20180110 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事