要約できない人生のあれこれ

気ままに日々のこと
いきづらさを抱えて。なんでもない日常のこと。ごみ捨て場。届かない。

あのひとの不在

2016-10-14 16:34:21 | 日記






「君のいない世界にも何かの意味があって」


好きなひととお別れしてから、

言葉が浮かばなくなった

君のいない世界に足を踏み入れたけど

これに何かの意味があるのかはまだわからない





本当にいない、

こころのなかにも置いておけない。

そんな毎日が無情に降る




大切なひとだけをたいせつにします

そう言ってあのひとはいなくなった

想うことは信じること

もうできなくなった

してもいいのかもしれない、

こころのなかに置いておくことくらいは。

でも、もう私にはできない

そう、おもってる。










あれから私はうまく泣けなくなって

あれから私はすきなひとがいなくなった

歩いていて、自然のその美しさにカメラをきることも、

無意識にはできなくなった




どうやって書いていたんだろう

どうやって撮っていたんだろう











ほしのこえ、で、

地球と星とでメールがだんだん届かなくなる

ミカコが遠くへ行くたびに

届くのに何年も、かかるようになっていく


そんな距離はもう、離れるばかり



あのふたりは、最後に会えたんだろうか

なんとなく、会えなかったような気がする



それでもあの映画がすきなのは、なんでだろう

きっとふたりに想いがあるからな、なんて思う



想いは距離を越えて

きっとそれがなくなればはてしなく遠い





もうどこにいるのかわからない

私の好きだったひと。






ジャンル:
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狂気 | トップ | 暴力 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL