ポチの女房

専業主婦のつぶやき

てっぱん 第104回

2011-01-31 20:31:01 | てっぱん
「おのみっちゃん」で働くのぞみさん。
あかり「会社、いつまでお休みなんですか?」
のぞみ「いつまでも。」
初音「あんた、これからどないするつもりや?」とのぞみさんに。
のぞみ「荷物は彼の部屋に残ってますけど、戻るつもりは。一から出直します。会社もやめましたし。」
初音「住むとこだけやのうて、働くとこもないわけや。あきれるわ。」
あかり「行くとこがみつかるまで、うちの部屋におって下さい。」
のぞみ「そうさせてもらえる。しばらくの間だけ。」
初音「勝手に決めな、大家はうちや。後悔してもしらんで。」
(のぞみさん、こんな下宿に住むはずないようなことを言っていたのに。)

あかりさんの部屋に、荷物を出し始めるのぞみさん。のぞみさんの物が、あかりさんの部屋を占領し始めます。婚約指輪をポケットに。

「おのみっちゃん」に、社長さんと神田さん。
神田「あかりちゃん、よう決断してくれたわ。」とあかりさんに感謝します。
社長「おのみっちゃん、大丈夫なん?部屋、半分になってしもうたんやろ。」
あかり「大丈夫です。」
のぞみ「残りの荷物、どうしよう?」
神田「相手には、言うたんか、おなかのことや。」
のぞみ「彼には関係ありませんから、全部私の責任です。」(子供は二人の責任です。)

おのみっちゃん閉店時間。
のぞみ「このまま、働かせてもらっていいかな。」
あかり「うちは助かりますけど、バイト代が。」
のぞみ「バイト代、出せる店にするのよ。それを考えるのが店主の仕事でしょ。」
初音「店のことは店の主にまかせて、あんたは、自分のこと考え。」と怒って出ていきます。

本日のつっこみ処
「あかりさん、バイト募集していましたよね?バイト代が払えない?」

あかりさんが初音さんに「おばあちゃんは、なんで反対なん?小早川さん、うちの部屋に住まわすこと。」「あんた、あの人の子、どない思うてる。自分と重ねてないか。あの人、母親になる気、あらへんわ。」(のぞみさんが、産まない選択をするということでしょうか?)

滝沢さんに、おせっかいしすぎと指摘され、あかりさんが、「うちの家族も、千春さん、一人にせんかった。」(千春さんとのぞみさんを重ねていますね。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩ご飯/肉じゃが

2011-01-30 19:58:42 | 食事
晩ご飯をつくって、写メするのを忘れ、久々の食事シリーズです。
寒いときの定番料理です。
じゃがいもが、おいしく食べられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅弁三昧

2011-01-30 19:47:18 | 食事
近くのスーパーで、全国駅弁&空弁めぐりをやっていたので、買ってきて食べました。


かにめし(鳥取県 山陰本線 鳥取駅)


ひつまぶし釜飯(愛知県 東海道本線 三河安城駅)


ひっぱりだこ飯(兵庫県 山陽本線 西明石駅)
人気№3だけあって、美味しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドーハの歓喜!

2011-01-30 02:29:26 | スポーツ
アジアカップ、日本優勝です!!!
おめでとうございます

試合終了後、すぐに寝ましたが、8時には起きたので寝不足です。
決勝戦、危なかったです。シュート数は、オーストラリアが相当上回っているのでは、ないでしょうか。ひやひやの場面、点が入っていたらと思うと。ラッキーともいえますが、運も実力のうちといいますね。
MVPは、本田圭佑選手のようです。私は2試合しか見てないので、この2試合の貢献度から言えば、ゴールキーパーの川島選手だと思います。韓国戦のPKもよくセーブしましたが、オーストラリア戦、何度も日本のピンチを救いました。

ザッケローニ監督にかわって、日本代表の試合が、面白くなったように感じます。
今回の試合も、選手交代がずばり当たりましたね。

とにかく2大会ぶり4度目の優勝は、素晴らしいです。

スポーツニュースで知ったのですが、ゴールを決めた李選手は、サンフレッチェの所属だったのですね。ふだん、サッカーを見ることがないので、初めて知ったわけです。
追記:広島のラジオで、李選手がゴールを決めたときに、矢を射るパフォーマンスをしたといってました。サンフレッチェという意味ですよね。全然きづかなかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てっぱん 第103回

2011-01-29 22:12:36 | てっぱん
朝、初音さんが台所でネギを切る音を聞くのぞみさん。
初音さんは、かつおだしをとり、大豆御飯に、コロッケを作ります。

田中荘の朝食。
「小早川さんも一緒に食べましょう。」とあかりさん。
(下宿人たちの席位置が、大幅に変わっています。)
ひじきとおからの入った貧血対策コロッケ。
田中荘の面々、皆、初音さんがつくる食事につられて下宿人になった話題になります。
民男「お姉ちゃんは、コロッケにつられそうやな。」
のぞみ「誰が好きこのんでこんなとこ。」
あかり「うちが出ていく。おばあちゃんの部屋に戻る。そしたら、一部屋空くじゃろ。」
初音「勝手なこといいな。うちは、お断りや。だいたい何にも頼んでへんのに、気持ちの押し売りしな。」
のぞみ「大家さんの言う通りよ。私住みたいなんて頼んでない。ひとりで大丈夫。」
民男「ひとりちがうで。ふたりや。」
中岡「民男のみた赤ちゃんの夢、正夢になるとええな。」
笹井「僕が出ていきます。」
民男「それやったら、僕らがでていく。」
中岡「滝沢君、一番自立してそうやないですか。」
のぞみ「住まないといってるでしょ。私はどこだってやっていけるんだから。」

本日のつっこみ処
「部屋のゆずりあいって・・・。本当に譲っても良いと考えているのでしょうか、下宿人たち。」

食器洗いを手伝うのぞみさん。
「ほんと変な人たち、距離感めちゃくちゃ。勝手に部屋のゆずりあいするし。会社は、私を無理矢理休ませて、仕事とりあげちゃうし。廊下ですれ違ったら大丈夫って、泣きそうな顔して心配してたくせに、誰も電話かけてこないし。もうわけわかんない。」と涙。

(のぞみさんは、冬美さんの代わりになるような存在になるのでしょうか?赤ちゃんを下宿で育てるってありでしょうか?それとも、何か起きて田中荘を出ていくことになるのかな。
だいたい週初めに何か起きて週末には解決のパターンが多かったてっぱん。のぞみさんネタ、ひっぱりますね。来週もでるらしいので、3週目に突入。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新旧交代

2011-01-29 21:21:21 | 日記
 
古いミシン                              新しいミシン

ミシンです。
古いミシンが壊れてしまったので、新しいのを買いました。
元々、裁縫が大の苦手で、このミシンの出番は、極めて少なかったのですが。
一番最初は、子供たちのおむつを縫いました。それから、子供たちが幼稚園時代には、袋物やスモックをつくりました。その後は、ぞうきんを縫うときだけだったように思います。
結婚以来使っていた家電では、最後の買い換えなのでは?
長い間、お疲れ様と言ってあげたい気持ちです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てっぱん 第102回

2011-01-28 21:56:36 | てっぱん
のぞみさんは、貧血で倒れたのでした。あかりさんの部屋で横になっています。そこへ、あかりさんがやってきて「たまには、甘えてもええと思います。」と声をかけます。

「おのみっちゃん」に、神田さん。(お好み焼きが、焦げてる~)
「おばちゃん、あの子、しばらくおいたってくれんやろか。」と神田さんが初音さんに頼みます。「向こうが何にも言ってへんのに、かえって迷惑なんちゃうか。」「わし、ほんまにうれしかったんや。世話になった人の娘さんが、わしを探しに来てくれた、父親ちがうかいうて。心配させてもろうたら、あかんやろうか、自分の娘や思うて。」(どこかで聞いた台詞、ゲゲゲの女房で、美智子さんが、太一君に言っていたような?)「あいにくやけど、うちでは、ひきとれんわ。空いた部屋あらへんさかいな。」

のぞみさんが、田中荘の洗面所で顔を洗います。そこへ、笹井さんが「またお泊まりですか。」「いえ、ちょっと。」「おなか痛いんですか、さっきから手が。お大事に。」「具合が悪いんじゃなくて、おなかに子供が。」「おめでとうございます。命ですね。」「おめでたい人、ここに住むとそうなるの?」「どうでしょう。」(のぞみさんの妊娠がわかって、初めて、おめでとうと笹井さんが言ってくれました。そうです、おめでたいことですよ。)
そこへ、滝沢さん、民男君、あかりさん。
民男君が、のぞみさんのスーツケースから赤ちゃんがでてきたという夢を話します。「正夢ですね。お大事に。」と笹井さん。「小早川さん一人の体じゃないんじゃけえ。」とあかりさん。

あかりさんの部屋で。
トランペットの田中千春の名前をみて、のぞみさんが、真知子さんを千春さんと勘違いします。
「ごめん、うそなの、友達のとこ、泊まり歩いているって。ビジネスホテルに泊まってるの。一人でのんで、気がついたら、あなたの店に向かってた。自分から彼をとったら、何も残らなかった。」「相手の人に言わないんですか。」「なんていうの。責任とれって。大丈夫、あなたが心配するようなことじゃない。」
あかりさんが持ってきたみかんを食べ始めるのぞみさん。
廊下で涙がとまらないあかりさん。

本日のつっこみ処
「のぞみさんと千春さんを重ねていたのでしょうか?いまいち、あかりさんの涙に共感できませんでした。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選抜出場校決まる

2011-01-28 16:47:34 | スポーツ
高校野球の話です
広島県から、総合技術高校が初出場(春夏をつうじて)します。新しい高校(開校6年目)ですが、今まで、何度かあと一歩で甲子園出場を逃しています。

中四国枠は、5校。岡山2、広島、香川、高知となっています。21世紀枠で、徳島。
厳しい世界です。

どこが優勝候補なのでしょうか?
選抜は、時期的に、なかなか見られないことが多いです。
今年は、行進曲が「ありがとう」だし、開会式は見たいなと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シレンは、試練じゃ!?

2011-01-28 09:24:36 | ゲーム
DS『風来のシレン5』を、昨年『FF4』クリア後、毎晩のようにやっています。
それで、めっきり読書量が減っています。

風来のシレンシリーズの原型は、トルネコの不思議なダンジョンというソフトです。
トルネコは、ドラクエⅣでおなじみのキャラです。
冒険するたびに、ダンジョンの形や落ちているアイテムがかわるという画期的なゲームだと思います。しかも、倒れると持っている道具がすべてなくなります。レベルも、1に戻ります。何回やってもあきないです。

普通のダンジョンは、クリアしました。が、シレンは、その後の方が、たくさんのダンジョンが発生します。
クリア後のダンジョンで、クリアしたのは、いまだに「ゲンさんのシマ」一つ。
ダンジョンを発生させるのに苦労したり、キャットストーン集めにも時間がかかっています。

風来のシレン4より、難易度は易しめかもしれないのですが、私にとっては、“試練”なのです。
そのうち、根気がなくなり、他のソフトにいってしまうかも?
完全クリアは、諦めています。
といいつつ、はまるゲームなのです(おにぎりが、食料として必要なゲームです)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てっぱん 第101回

2011-01-27 20:37:19 | てっぱん
伝さん宅。神田さん、根本さん、社長さん。
「心配の種が増えてしもうた。わし、どないしたらええのや。」と神田さんが、のぞみさんの妊娠を話します。

加奈さんが泊めてくれと「おのみっちゃん」にやってきます。
「滝沢さん、お正月に会うたときより、ええ感じじゃん。」と加奈さん。「どこが。」とあかりさん。「近くにおると見えんこともあるんよ。バイトの。」「小早川さん?」「あかりにダメだしとるけど、あかりのこと、気にいっとるわ。」

「おのみっちゃん」ののれんをかけているところへ、のぞみさん。
「どうでした?」とあかりさん。「7週目。1センチぐらい。」「無理せんとって下さいね。」「動いている方が気がまぎれるから。」
「当たりやったみたいやな、うちの勘。」と初音さん。「あたりなんだか、はずれなんだか。」「あんたしだいや。」「産んだ方が良いと思います?」「自分で決め。」

本日のつっこみ処
「のぞみさん、妊娠を全然喜ばず、KYだと言ってました。女性なら産みたいのに決まっているのに、なんだか反応が違和感です。」

「あんたが悩んでもしゃあない。」と初音さんが、あかりさんに。「わかっとる。」「千春と重ねたらあかん。」「重ねとらんもん。」
(初音さんの方が、千春さんと重ねているようです。あかりさんも?)

「おのみっちゃん」に神田さん。
「先に休憩とってください。」とあかりさんが、のぞみさんに。
「ええから、休み、なあ、こっちの方に引っ越してきたらどうや。」と神田さんが、のぞみさんに。「けっこうです。同情されるような人間にはなるな、母の口癖でした。」「同情してるんとちがうがな、お母さんにお世話になった恩返しや。」
倒れるのぞみさん。
(お世話になった人の娘さんとはいえ、神田さんは、心配しすぎです。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てっぱん 第100回

2011-01-26 21:54:22 | てっぱん
てっぱん、記念すべき第100回です。

宣言通り、のぞみさんがやってきます。また、スーツケースを持って。
「朝9時までの動きで一日の仕事が決まるのよ。」とあかりさんに指示。「へえ。」と気のないあかりさん。
民男君の書いた絵をはずすのぞみさん。「一つ屋根の下にすんだら、家族になっちゃうわけ。もしかして、お客さんも家族でみんなの家みたいな店にしたいと思ってる?そういう仲良しクラブののりが、店をだめにするの。」
(のぞみさんの言い方は、きついけど、言っていることは的を射ていると思います。)

久太さん、加奈さん親子が、「おのみっちゃん」に。
加奈さんが、大学に合格したとのことです。(加奈さんは、どこに下宿するのでしょう?出演回数が増えるといいな。)
あかりさんの焼いたお好み焼きを食べる加奈さん。

浜勝に出前にくるのぞみさん。敷物まで用意、鉄板のお好み焼きです。

本日のつっこみ処
「運ぶのに大変な鉄板のお好み焼き、しかも敷物まで。これって5枚?しかないから回収しなければならないのですよね。効率的でないように思いますが。」

「おのみっちゃん」に、神田さん。もうすぐ閉店の時間のようです。
「何があったか聞くまで帰れませんわ。」と神田さん。のぞみさんが、出前から帰ってきます。
婚約者の裏切りにあったとのこと。「わし、どついたるねん。」と神田さん。「そっとしておいて下さい。」とのぞみさん。
「生姜抜き、天かす多めの豚玉が、お気に入りでな。あんたのおかあさんが、よう食べてたんや。同じのを食べるか。」と初音さん。(あたたかいことばです。)
美味しそうに食べるのぞみさん。嬉しそうです。「これ、食べにきたんですね。酔っぱらったとき。」とあかりさん。
「おなかすくと、むかむかするんです。」とのぞみさん。「あんた、もしかしたら。くるもんきてへんのと違うか。」と初音さん。「誰かきまんの?」と神田さん。「あんた、おめでた違うか。」
(急展開です。おめでただとしたら、どうするのでしょうか、のぞみさん。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま放送中3

2011-01-25 22:47:13 | 日記
アジアカップ準決勝、日本-韓国戦です。
今までのアジアカップ、全然観戦してなかったのですが。
いつもワールドカップのときだけ、サッカーを見ているにわかサッカーファンです。

韓国にPK。
前半23分:韓国が1点先取です。
前半36分:日本が同点ゴール。前田選手。
白熱した試合が続きます。
前半は1-1の同点。

前半に比べると、両チームとも選手の動きが鈍くなっています。
韓国のシュートは、サイドネット。危なかったです。
韓国フリーキック。わずかにはずれる。
岡崎選手のシュートは、はずれる。
後半は得点が入らず、延長戦へ。
前半は、日本有利な気がしたのですが、後半は、完全に韓国ペースでした。

延長戦。
日本がPK獲得。キッカーは、本田選手。とめられましたが、細貝選手が押し込みます。
終了間際に、韓国が同点ゴール。
日本は、1点いれて守りにはいっていたのに、ピンチが何度もありました。

PK戦。
3-0で、日本勝利!
次は、決勝です。

おやすみなさい
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

てっぱん 第99回

2011-01-25 22:27:08 | てっぱん
のぞみさんが、お礼と忘れ物をとりにきたようです。
「先日は、申し訳ありませんでした。」初音さんに謝るのぞみさん。会社から休めといわれたとか。それにしては、スーツケースの大きな荷物を持っています。
忘れ物は、指輪ではなく、あかりさんのお好み焼きを食べること?美味しそうに、お好み焼きを食べます。
出前の電話がなります。「わたし、行ってもいいけど。」とのぞみさん。
出前から帰ってくるのぞみさん、帰りに5枚の注文をとってきました。
英語を多用するのぞみさん。(感じ悪いです。)
「決めた、わたし、ここで働く。ここを立て直す。お金はいらない。」
また、お好み焼きを食べるのぞみさん。今度は尾道焼きではなく、大阪のお好み焼きです。

「ウーロン茶は、いかがですか。」とすすめるのぞみさん。下宿人たちには、「お一人様一品のご注文をお願いしています。」

本日のつっこみ処
「のぞみさん、お好み焼き屋を手伝うのに、スーツはないでしょう。スーツケースには、他の服もあるのでは?せめてエプロンだけでもつけてほしいです。」

のぞみさんのおかげで、売り上げは多かったようです。
「まだまだ無駄を削れるわよ。お好み焼き一枚で何時間もねばる客がいるし、ひやかしにくる下宿人はいるし。」「それだけ、居心地がええ店なんです。」と反論するあかりさん。「お金にならなくても、お客さんてわけ。お客さんがニコニコしてれば、もうけは二の次ってことね。」「お金お金て、ガツガツせんでも。」「あなた自分のお給料計算してる?時給800円として月20万。」「そんなにまだ。」「募集だしていたバイト以下ってことね。もう少し、自分の仕事に高い値段をつけてもいいんじゃない。そういう気持ちがなかったら、続けていく意味ないと思う。あしたもくるわ。」
(のぞみさんは、厳しいことを言っているように見えますが、その通りだと思います。やっぱりあかりさんは、甘いです。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタッフブログより

2011-01-25 18:20:46 | ゲゲゲの女房
『ゲゲゲの女房』yaguchiプロデューサー、毎日更新されています。
ゲゲゲファンの方は、既に読んでいるよという人も多いと思いますが、そんな中でうける話題があったので、転載します。
1月22日分の一部です。

ちょうど「ゲゲゲの女房」の撮影をしていたころ、萌ちゃんの主演ドラマ「激恋」が再放送されていたのですが、ちょうど向井さんがスタジオ前のソファーのところのテレビでそれを見て、「これ、何?」と萌ちゃんに尋ね、萌ちゃんは「冬に撮影していたドラマの再放送なんです」と答え・・・

恋愛ドラマなのでラブシーンがあるのは当然なのですが、そのとき、萌ちゃんと恋人役の熱烈なラブシーンが放送されているのをたまたま見た喜子の父親である向井さんは、「なんだこれは! 喜子はお父ちゃんに黙って何をしてるんだ! お父ちゃんはこんなの許さん」と怒ったふりをした(笑)、という心あたたまる話があって、昨夜も萌ちゃんとその話で笑い合いました。

以上です。
水木さんと喜子ちゃんの関係を、そのまんま表すような、いい話だと思います。
向井さん、そういえば、子役の扱いが上手でした。萌ちゃんは、子役という年齢ではないのかもしれませんが。

このスタッフブログを読んでいると、是非、yaguchiさんに、ゲゲゲの裏話の本を出して欲しいと思ってしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てっぱん 第98回

2011-01-24 21:32:25 | てっぱん
先週の復習。小早川のぞみ(29)という字幕。

本日のつっこみ処
「人物紹介で、今まで年齢がでたことがあるでしょうか?何か目的があるのか。」

よっぱらって「おのみっちゃん」に来るのぞみさん。
お客さんは、社長さん、根本さん、岩崎先生。
「小早川のぞみ、一生独身をつらぬきます。」と婚約指輪をてっぱんの上に。「地球がまわってる。」とのぞみさん。「ガリレオガリレイですね。」と岩崎先生。(goodつっこみ!)
神田さんが登場。のぞみさんを抱えてあかりさんの部屋に。ふとんを運ぶ根本さん。(どこから?)
「まさか、あんたの子やないやろな、あやのさんの娘さん。」と初音さんが神田さんに聞きます。「あほなこといいなや。おばちゃん、知ってるやんか。わしが昔全然相手にされんかったこと。」「あの子の足が、こっち向いたんは、あんたを頼りたかったからちがうか。」「それやったら、おばちゃんの方や。母親頼りにしたなったんちがうか。」

翌朝、「ここどこ?なんで私があなたの部屋にいるの?」「夕べ、酔ってうちのお店にこられて。」「こんな時間!」とあわてて出ていくのぞみさん。
のぞみさんが忘れていった指輪をみつめるあかりさん。(いいです。女心ですよね。)

「おのみっちゃん」に出前の電話。伝さんが、いってくれます。
夜、出前から帰ってくる滝沢さん。出前の電話。社長さんが、「僕が行くわ。」。
「あんた、いつまで、ひとさんに出前、頼むつもりや。皆さん、本業もってはるのに。そういう人ら、あてにしたら悪いやろ。」と初音さんがあかりさんに。「出前、やめとうないし。」「そやったら尾道に帰ったお兄ちゃんの代わりみつけ。」

アルバイト募集の張り紙を書くあかりさん。時給で悩みます。結局800円。
のぞみさんが、アルバイト募集の張り紙を手にとります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加