ポチの女房

専業主婦のつぶやき

ひよっこ 第38回

2017-05-16 22:33:05 | ひよっこ
澄子の回が続く。
前日、珍しく眠れなかった澄子は、仕事で失敗ばかり。
松下から、「働く気ないなら、首にするぞ。」と言われます。
でも、仲間は、みんな味方。

澄子がいなくなります。
一生懸命、上野駅まで行って捜す同室のみんな。
ホント、同室の6人は、家族みたい。
駅のセットが好きとイノッチが言ってましたが。
よくできています。
変な男達にからまれ。

◎本日のよかっぺ
幸子が変な男達に、「私達は、行き場のない迷子なんかじゃない。ちゃんと自分たちの力で、自分たちの場所で生きてます。」
かっこいい!
これだけ、堂々と言える幸子は、素敵です。

行方不明だった澄子は、一人で銭湯にいって、のぼせて病院へというオチ。
バナナを食べていたのは、当時の様子を象徴しているようです。
バナナは、ナレでもいってましたが、高級品で、病気のときぐらいしか食べられなかったのです。

ラーメンの屋台をみつけて、ラーメンを奢る愛子も、素敵。

☆次回への期待度○○○○○○○○(8点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよっこ 第37回 | トップ | パン教室 5月(17) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。