ポチの女房

専業主婦のつぶやき

ひよっこ 第15回(4/19)

2017-04-20 21:33:28 | ひよっこ
ブランコにのり、楽しそうなみね子と時子から始まり。
いよいよ聖火リレーの準備。
ポスターづくりの谷田部家。ぜっけんづくりの助川家。聖火台をつくる角谷家。
田神先生は、当時のギャグ宣伝係。あじゃぱー、およびでない と言ってるだけ。
トーチをつくる藤井先生。 トーチをもっての走り方指導する木脇先生。

聖火リレー前日。
あのおまんじゅうが、谷田部家の食卓に並びます。

昭和39年10月4日
聖火リレー大会が始まります。
一部始終、よくできていて、その様子を書いてしまうとブログ記事が、とても長くなりそうなので、細かいところは、省略しますが。

先頭は、三男。
頑張れと応援する母・きよ。
「ありがとう奥茨城村。俺を忘れねえでけれ。」

時子。
東京に出て行くのを反対しているのに、「しっかり映れ。」と言う母・君子。
時子は、カメラ目線でした。
「奥茨城村を、うちの父ちゃんと母ちゃんをよろしくね。」とみね子に、トーチを渡します。

みね子
一生懸命、父親のために走るみね子。
実の映像が出てくると、涙なしでは見られませんでした。

◎本日のよかっぺ
みね子が、「みね子は、ここにいます。」
きっと実へのメッセージでしょう。

☆次回への期待度○○○○○○○○○○(9点)
何度見ても涙です。
こんなに感動できる朝ドラ、素晴らしいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよっこ 第14回(4/18) | トップ | ひよっこ 第16回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。