ポチの女房

専業主婦のつぶやき

べっぴんさん 第98回

2017-01-30 22:34:58 | べっぴんさん
いきなりですが
◎本日のべっぴん
紀夫が「一つ一つ正しいことを選択するしかないと思う。二人でしっかり受けとめて、さくらを待とう。」
こんな物わかりのよい父親をもっているのに、なぜさくらは、両親の気持ちがわかってあげられないのでしょう。

昭和35年7月。
夏休みになり、健太郎と龍一は、キアリスでアルバイト。
龍一は、ともかく有数な進学校に通う健太郎が、アルバイトしていて良いのかとつっこみたくなりますが。
今後の伏線でしょうか。

ゆりは、さくらに、「自分が変わろうとしてるなら、いつでも撤回していいの。」とアドバイス。
それでも、さくらは、ヨーソローに。五月の代わりに手伝いまで。
学校から、何らかの処分されてもしょうがない状態ですよね。

で、突然メリヤス工場が、工場を手放すと言い出します。
五十八、登場。何か良いこと言ってくれるかな?

※次回への期待度○○○○○○(6点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランチ 回転寿司 | トップ | カープ観戦 10/1(16) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。