ポチの女房

専業主婦のつぶやき

ひよっこ 第36回

2017-05-13 22:23:40 | ひよっこ
みね子すずふり亭を訪ねるの巻。
他に事件が起こるわけでもなく、それでも、いい回だったなあと思わせるドラマ。
良いなあ。
人の優しさが、身にしみますし、みね子や登場人物に感情移入できるドラマです。

すずふり亭の人物紹介
ホール係 朝倉高子 先輩コック 井川元治 見習いコック 前田秀俊
店主 牧野鈴子 シェフ 牧野省吾
新しい登場人物
中華屋福翠楼主人 福田五郎 五郎の女房 安江
安江役は、生田智子さんなのですね。お久しぶりな気がします。

みね子が、途中の電気屋さんで、自分たちがつくっているトランジスタラジオをみつけるという回想シーンも、良いですね。
9800円ですって。

みね子は、すずふり亭で、初めてもらったお給料で、食べるのを楽しみにしていたのですね。
特別に、店をあけてくれる省吾も、他の従業員達も、いい人です。

◎本日のよかっぺ
鈴子が、みね子の予算で食べられるように仕向けたところ。
自分の給料で、食べたいというみね子の気持ちをくんでくれたのですよね。

みね子が注文したのは、ビーフコロッケ1個60円。
このドラマは、料理のシーンも、良いのです。
作るところも描かれ、とても美味しそう。
みね子が、いつかこのお店で一番高いビーフシチューを食べられるように頑張ると宣言。
鈴子がみね子に、「頑張れ みね子」と言っているところは、鈴子ではなく宮本さんが、みね子ではなく架純ちゃんに言っているように見えました。

☆次回への期待度○○○○○○○○(8点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよっこ 第35回(5/12) | トップ | カープ観戦 5/4(17) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。