ポチの女房

専業主婦のつぶやき

ひよっこ 第37回

2017-05-15 22:21:09 | ひよっこ
澄子、ホームシックになるの回。

1965年(昭和40年)5月。
綿引とみね子は、実を見かけたという人の証言を参考に、実を捜します。
見つからないですよね。いや、みね子が言うように見つからない方が、良いような気がします。
クリームソーダを頼む二人。
綿引が、みね子に、東京の人は、ほとんどが、東京にいた人ではなく、東京に来た人だって、言ってました。
確かにそうですよね。
生まれたときから、東京に住んでいるという人の方が、うんと少ないですよね。

合唱の練習曲は、「椰子の実」
あまり、歌詞を聞かない私ですが、このドラマでは、歌の歌詞が字幕ででるので、じっくり、聞いています。
椰子の実は、ふるさとを離れてさまようという歌なのですね。
予告に出てきた、みね子が椰子の実にのっているのが、いきなり出てうけました。

◎本日のよかっぺ
愛子が、「国のものを親御さんが、送ってくれるじゃないですか。かえって、子どもたちを辛くさせたりするんですよね。いろいろと届くことハガキすら届かない子と。」
愛子らしい思いやりのことば、愛子が、舎監だから、乙女寮の子どもたちは、大丈夫ですね。
きっとどんな辛いときでも、力になってくれるでしょう。

澄子は、自分だけ何も送ってもらえなくて。
まさに、愛子が言っていたハガキすら届かない子です。
寂しいと思いながら、祖母の笑える話をするところは、澄子らしいなと思いました。
同室のみんなも、いい人ばかり。
ただ、何があっても寝ていた澄子が、泣いていたのは切なかったです。

笑いあり涙ありの今回でした。
大きな事件は、起きませんが、心にしみいるようなドラマだなと思います。

☆次回への期待度○○○○○○○○(8点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日メニュー 2017 | トップ | ひよっこ 第38回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。