ポチの女房

専業主婦のつぶやき

べっぴんさん 第129回

2017-03-07 23:18:35 | べっぴんさん
潔のアドバイスで、父親に会う紀夫。
高齢の父親に出向かせるって、いかがなものかと思いますが。

◎本日のべっぴん
紀夫の父・五郎が、「いくつになっても、嬉しいのは、子どもが幸せなことだからな。」
「想いというのは、形を変えて、引き継がれていくものじゃないか。」
久々登場の五郎、今まで、生きていたのかさえもわかりませんでした。
確か、貴族院議員でしたよね。その後、どうしていたのかさえ、全く描かれませんでした。
良いこと言いますよね。

結局、さくらが、嫁にいくことになります。
それが、妥当でしょう。

仲人が、前大島社長。
社長の口から、さくらの名前の由来なんて、なんかなんか変な話です。

二人の結婚式は、省略。
そして、なぜか坂東家に住むことに。
そのことを知らない両親って、変。

3年経過
昭和48年(1973)
健太郎は、開発宣伝部部長。
入社3年で部長なんて、違和感です。
さくらは、おめでた。

※次回への期待度○○○○○(5点)
どこまで、どうでもいい話が続くのか。このまま最終回?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 完全制覇! 2017 3月 | トップ | 並んでいます »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
年度末の歴史の授業みたいに (ペンちゃん)
2017-03-08 11:36:32
現代まで追いつかねばならないので、どんどん話が進みますね。
ともかく枝になる話は省略ということで。

俳優さんも皆さんお若いですし。
主人公の最終話の年齢設定は59歳とのことですね
なんかなんかな (ポチの女房)
2017-03-08 23:24:21
ドラマが、つまらないです。
「本日のべっぴんさん」さがしも、毎回大変。
つっこみどころ満載になってきています。
朝ドラファンとして、悲しいことです。

コメントを投稿

べっぴんさん」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。