ポチの女房

専業主婦のつぶやき

べっぴんさん 第13回

2016-10-17 23:05:07 | べっぴんさん
すみれとゆりのもんぺが、近江に引っ越して地味になったなあと思います。
やはり、おしゃれなもんぺは、近江では、はけなかたったのでしょう。
もう一つ気がかりなのが、タスペトリーのことです。
焼けてあとかたなくなくなってしまったのでしょうか。

神戸の家も、大阪の会社も焼けてしまい、潔の父は、亡くなっていました。
戦争の悲惨さが、ここでも強烈に、あらわされます。

乳飲み子を抱えた女性が、食べ物に交換して欲しいとやってきます。
すみれが、こっそり食べ物を渡してしまいます。
すみれの頬をうつ茉奈ちゃんではなく静子。
静子の気持ちもわからないではないですが、すみれの優しさもわかってあげて欲しかったな。
嫌なキャラを演じる茉奈ちゃんは、似合わないです。

近江の家の跡取り、肇が帰ってきます。
一緒に喜んであげるゆり、すみれ、喜代。
それなのに、長太郎からは、「出ていって欲しい。」と。

◎本日のべっぴん
潔が無事にゆりの元へ帰ってきてくれたこと。
ゆりが、飛び出していったところへ、帰ってくるなんて、なんてグッドタイミング。
見ていてウルウル。
本当に良かったです。あとは、紀夫ですね。

※次回への期待度○○○○○○○○(8点)
近江編は、早めに終わって欲しいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« べっぴんさん 第12回(10/15) | トップ | ついにこの日がやってきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。