ポチの女房

専業主婦のつぶやき

純と愛 雑感

2013-04-13 21:13:26 | 純と愛
新しい朝ドラが始まり、2週間が過ぎてしまいました。
『純と愛』の感想をと思いながら、春のバタバタで遅くなってしまいました。

『家政婦のミタ』の脚本家である遊川さんが、朝ドラを書くというので話題になりました。
主演は、夏菜さん。全く演技を見たことがありませんでした。相手役の風間さんも同様です。
男女の立場が入れ替わるという新しい発想の朝ドラです。
舞台はホテル。ホテルといえば、韓国ドラマの『ホテリアー』を思い出し、面白い話になるのではと期待が膨らみました。

このドラマは、オオサキプラザホテル時代、里や時代、新サザンアイランド時代の三つに分かれていたと思います。
途中、おじいがつくったホテルサザンアイランドの崩壊というのがありましたが。
どの時代が好きかと言われれば、即答でオオサキプラザホテルです。ホテルならではのエピソードが盛り込まれていました。
それから、周りも大先社長をはじめ、桐野、水野、千香といった人たちが個性あふれていて、見ていて楽しかったです。特にブライダル部門でのお話しは、人が幸せになるのをお手伝いする仕事で、もしかしたら私がつきたかった職業の一つです。ロビーウエディング、見ていてこちらの方も、嬉しくなりました。

愛の本性が見える能力というのは、あり得ない話ではありますが、純と幸せになっていく過程でその能力がなくなっていくというのは、愛の本質という意味で、良かったのではないでしょうか。
里やでは、サトをはじめ、従業員の人たちがいわくありげで、興味がわきましたが、ドラマの舞台が、里やである必然性がないなあと思いました。

サザンアイランドが、壊されていく場面も辛かったですが、善行が亡くなったり、晴海が若年性認知症になるのを見るのは辛かったです。しかも、またしても里やは火事でなくなってしまったり。
また、最後もハッピーエンドとはいえず。
朝から辛い場面が多かったのも、このドラマの特徴だと思います。心は揺り動かされますが、みたあとが、爽やかではありません。
面白くて続きは気になりますが、辛い場面は何度もみたいという気持ちにはなれませんでした。

俳優さん、女優さんでは、風間さんと岡本さんの兄妹の演技に心惹かれました。
風間さんは、他のドラマを見ていないので何ともいえないのですが、愛にしかみえないぐらいはまっていたと思います。
岡本さんはヒロインのオーディションをうけて、落ちてしまったそうですが、彼女以外に誠役はないなと思います。

高視聴率をとった『梅ちゃん先生』より、視聴率は低下しました。
理由は、このドラマが夜だったら、受け入れたでしょうが、朝見るのには誰もが受け入れられるドラマではなかったといえると思います。
個人的には、好きなドラマでした。で、メモリアルブックを買っちゃいました。

HYの主題歌が大好きで、ふだん歌詞を聴かない私が、じっくり歌詞に聴き入っていました。HYのベストアルバムが出ないかなと思っています。

20日に、BSで、桐野を主人公にしたスペシャルドラマ『富士子のかれいな一日』が放送されるようです。
楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 最終回

2013-03-30 22:15:48 | 純と愛
愛が果たして目覚めるのかということが、一番の関心でしたが・・・予想通りの結末でした。ただし、この予想は、昨日の回を見てから。それまでは、愛は目覚めると信じていました。そうでなければ、絵本通りでなくなってしまうと。しかし、『家政婦のミタ』を見たせいかもしれないのですが、遊川さんなら、結末を視聴者の想像にまかせると確信しました。それが、遊川流なのではないかと。

マリヤの呼びかけで集まってくる正、あゆみ、士郎、羽純。

その後は、純の一人芝居のようです。
純の心の声、そして本当の声が続きます。
「愛くん、これからもきっといろいろ大変なばかりだと思うけど、私はやっぱり素敵な未来がくるって信じたい。
信じるって、人が言うって書くんだね。(ここから、心の声でなくなります。)
どんなことがあっても、このホテルと大切な仲間を守ってみせる。
自分が信じたことを伝える。
この世界から、笑顔がなくならないように、命をささげる。
私たちは未来を変えることができる。
奇跡を起こすのは、神様じゃなく、私たち人間なんだから。
愛くんが、一生目覚めなくても、私は死ぬまで、待田純であり続けると決めた。
愛くんが、目覚めたとき、必ずここをまほうのくににしてみせる。」

純は愛にキスをします。
かすかに手が動く愛・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第150回

2013-03-29 21:00:44 | 純と愛
純と晴海の2人芝居のようでした。以前、純と愛の2人芝居は感動しましたが、今回は、つなぎの回のようで。
純は、晴海のひとことで、ホテルを再開する決意をするのですが、もうひとつインパクトに欠けるような気がします。

純は愛に向かって「なんで起きてくれないのよ。」

〈純・心の声〉
「おじい、お父ちゃん、お願い助けて下さい。」

晴海がやってきます。
相変わらず、晴海はこのホテルを父親のホテルで、純を従業員と思い込んでいます。
晴海の思い出の曲は、「ひなまつり」。ジュークボックスが壊れているので、純が代わりに歌います。(子供の頃のように音痴でなかったのが、残念なようなそうでないような。)
晴海が何か食べたいと言ったとき、純がつくったのは、だし巻き卵とサラダ。
晴海が純に母親のことを訪ねると、純は家族の誇りだと。

晴海は帰るときに、「ここにまた来てもいい?だって、ここ、まほうのくにでしょ。」

〈純・心の声2〉
「愛くん、わたし、愛くんが二度と起きてくれなくても、このホテルに一人でも多くの人に来てもらって、さっきのお母ちゃんみたいな笑顔を作っていくことに決めた。あなたが目覚めると無理して信じるのをやめる。あなたのためにつくったこのホテルをダメにしたら、私たちが愛し合ってきたことも、消えてしまうから。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第149回

2013-03-28 21:15:01 | 純と愛
『若者たち』で、泣かされました。2番の「君のあの人は 今はもういない だのに なぜ なにを探して 君は行くのか あてもないのに」この歌は、私たち世代の歌です。そう思いながら、遊川さんの生年月日を調べると同世代でした。

愛に声をかけたのは、まず水野。水野は千香と婚約。
サトと忍は結婚。サトの「あんたたちは、ハッピーエンドじゃないとまずいんじゃないの。」ということばが、将来の暗示と思いたいです。
この流れで、桐野にプロポーズするがふられる大先。大先は、ホテル評論家。桐野は社長を目指して奮闘中。「待ってるわよ、愛くん。」
志道からのビデオレター。

ホームページに書いてあったサービスをする純。
「俺たちを手ぶらで帰らせる気?」と大先。(館さんが台詞をかんだのに、そのまま放送とは遊び心?)
マッサージをうける秋代。メイクしてもらうサト。新メニューを試食する忍。歌のリクエストする桐野。
桐野は純に、オープン前に直した方がいいとこのメモを渡します。
リクエスト曲は、「若者たち」
大先からのエール。「ここにいる全員が、待田純のおかげで今がある。待田純にホテルをやり続けて欲しいとおもってるんだ。」
しかし、純は「愛君が目覚めてくれないと、ここはまほうのくにには、ならないんです。」
桐野は「信じて待ちましょう。彼女ならきっと大丈夫です。」

あと2話。純は何をきっかけに、まほうのくにづくりにとりかかるのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第148回

2013-03-27 22:06:25 | 純と愛
愛が眠ったままで、辛い日々が続きます。自分を責める純。
そこへ、懐かしい顔が集まります。このことをきっかけに、純がホテル作りの情熱を取り戻してくれると良いなあと思います。

純は、床ずれ防止のため、2時間おきに愛の体制をかえてあげます。
愛は眠ったままです。
「そろそろおきたら。」「そうします。」と愛。純が愛にキスしようとしたとき、目が覚めます。
(こういうリアルな夢って辛いですよね。)
純は、夢と同じことをしますが、目覚めない愛。

正、あゆみ、羽純は、それぞれ働くことにします。剛は、いったん大阪へ。
晴海は、純が10歳の頃に戻っているようです。最近では、善行のことを幸せにできなかったことは、覚えています。

〈純・心の声〉
「いろいろなことを忘れても、お母ちゃんの心の中には、自分の伴侶を幸せにできなかったかもしれないという後悔だけは、残っている。そして、それは、今の私も同じだ。」

羽純から「純ちゃんは、ホテルをやってないと純ちゃんじゃないと思う。」

「社長久しぶり。」と大先社長。桐野、水野、千香。サトと忍。
サトは、ドラマコンクールに出したシナリオが大賞。
一同は、変わり果てた愛の姿をみて、し~ん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第147回

2013-03-26 23:07:37 | 純と愛
愛はいつ目覚めるのでしょうか?このまま眠ったまま最終回ということもありえるのでしょうか?
辛い日々が続く純です。

手術から一か月。
多恵子と謙次が、それぞれ神戸と東京へ帰ることになります。
そして、純は愛をホテルに連れて帰ります。
多恵子は、愛に「ねむり姫」を読み聞かせます。
誠は医者になって、愛を治してみせると宣言。

やりたいことをみつけた誠と剛。
誠は剛にキスします。
誠を追いかける剛。剛が誠に渡した紙には、「ガンとバレエでガンバレ。」(剛らしいです。)
剛は誠に「何年でも待ってるから。」

純は愛にキスしようとしますが、やめてしまいます。布団の中で泣いてしまう純。(切なすぎです。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第146回

2013-03-25 22:18:43 | 純と愛
今回は、おじい、お父ちゃんと心の声が、三度も出てきました。それだけ純が追い詰められているということでしょう。
唯一の明るい話題は、勇気がハイハイを始めたことでしょうか。子供の成長は、皆に元気を与えます。

手術から2週間たっても、愛は目を覚ましません。このまま、目が覚めない可能性も高いようです。
それでも、待田家の中で、純は明るく「大丈夫です。愛くんは、必ず目を覚ましてくれます。そう信じませんか。」

ホテルのオープンは、当分延期。
晴海は、家族のこともわからなくなります。
勇気がハイハイ。「おまえも、いよいよ人生を歩き始めるんだな。」と正。

純は愛に話しかけます。晴海は昔にもどったようとか、勇気のハイハイのこととか。
「私たちも子供つくっとけば良かったね。」

〈純・心の声〉
「こうやって、こっちの手を握りかえすたびに、今度こそと思うのに、やっぱり愛くんは眠ったままだ。」

愛は、ねむり王子になったようです。目を覚ますのは、王女様のキスしかなさそうですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第145回(3/23)

2013-03-25 22:05:17 | 純と愛
愛の手術は成功とはいえず、ホテルのオープンに台風がやってきて、ふんだりけったりの純。
それでも、頑張る姿は、まるで朝ドラヒロインのようです。(朝ドラヒロインなのですから、当たり前か。)

愛の手術は朝から夕方になっても終わらず。
台風だけはホテルに近づいていました。

多恵子からの電話で、病院へかけつける純。そこで医者からいわれたのは、腫瘍を全部とりきれなかったこと、愛の意識がもどるかどうか保証されないこと。
ホテルが、台風の被害をうけ、大変なことになりました。ジュークボックスも壊れ、剛が書いてくれた壁の絵も悲惨に。
純は従業員の人たちに気をつかいます。

純は愛の体をさすって、何とか意識を取り戻して欲しいと願います。
多恵子から「これは、あなたのせいじゃないわ。目覚めるって信じましょう。私とあなたが力をあわせたら、世界最強なんでしょ。私たちがあきらめたら、愛が終わっちゃうわ。」「はい。」

〈純・心の声〉
「初めてさわってくれたお母さんの手が、あたしよりずっとふるえているのがわかった。」

いよいよ最終週を迎えます。
予告では、懐かしい人たちが顔をそろえるようです。
果たして、愛は目覚めるのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第144回

2013-03-22 21:41:49 | 純と愛
今回は、この朝ドラの中でも一番泣いてしまったと思う回です。
純と愛の2人芝居のようで、良かったと思います。

思い出話を語り合う純と愛。
会話をかいつまんで書いてみたいと思います。
「純さん、もし僕が死んでも、絶対にホテルのオープンを中止にしないで下さい。みんな、純さんのことを信頼して、支えてくれます。死ぬのは、怖くありません。僕が生きた証を残すことができたから。」
「神様は、こういいたいのかもしれません。どんなに愛し合っても、いつかは別れないといけないんだって。残された方は、どんなに辛くても生きていかなきゃいけないんだって。」
「神様なんていないんだよ。神様がいたら、愛君みたいな人、こんな酷い目にあわせるわけないし。」
「僕は神様いると思うな。全知全能な神様じゃなくて、ちょっとしたことしかできない神様。結局、僕たちの人生を決めているのは、自分自身の意志と信念でしかないんですから。」
「愛くんは、納得してるの?自分の運命に。」
「はいって言いたいけど、やっぱり無理だなあ。入院してから、ずっと心の中で叫んでます。なんで俺が死ななきゃならないんだろう。今なら、純の気持ち、わかるんです。もっと純さんと一緒にいたいなあって。」

手術当日、家族に見守られながら、愛は手術室へ。

〈純・心の声〉
「おじい、お父ちゃん、もし私たちを見ている小さな神様がいるなら、お願いですから、愛君を助けてください。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第143回

2013-03-21 21:25:29 | 純と愛
愛はホテルサザンアイランドを訪ね、従業員の人、ひとりひとりに自分の想いを伝えます。(遺言のようにも、聞こえますが。)

羽純がベルガール。羽純には、純の親友になってくれたことに感謝。
あゆみに髪を切ってもらう愛。(坊主になるのかと思っていたら、坊ちゃん刈り?いずれは頭の手術なので、坊主になると思いますが。)あゆみには、「純さんに、これからも、厳しく接してくれませんか。純さんは、あまやかされるとのびないタイプだと思うんです。」
正から、純と結婚したことを後悔していないかと問われて、正直そう思ったこともあります。それ以上に素敵な物をたくさんもらいましたからと答える愛。正には「人類史上、女性の強さを初めて認めた男」と褒めます。
剛には、誠も剛のことを好きだと言います。
マリヤの料理を食べて、美味しいと言います。「これからは、マリヤさんの料理、作って下さい。」

秋代がオープンを待ちきれなくてやってきます。新しい制服を作って。
晴海とキンも。

〈愛・切ない台詞〉
愛さんはどこと言う晴海へ。
「晴海さん、愛君は今入院中です。でも、すぐ元気になって必ず戻って来ますから。」(これは、晴海へというより、自分に言い聞かせているのでしょう。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第142回

2013-03-20 21:54:06 | 純と愛
愛の手術は明日、明後日は、ホテルのオープン。
愛は手術前に、ホテルサザンアイランドを見ておきたいと。(まるで最後のお願いのように思えて辛いです。)

愛が手術を受ける決心をし、いよいよ明日にせまります。ホテルのオープンは、明後日。
「どっちも成功するよう守ってください。」と写真に祈る純。

予約が二組。
しかし、明後日台風が来るようです。

誠が剛の今後を聞くと、剛は大阪へ帰って、個展の準備をすると言います。誠も一緒にと言いかけますが。
剛が誠に、愛の告白をしようとしたとき、羽純がやってきて中断します。
羽純は、自分の気持ちをおさえて、剛を励まします。
羽純が純へ恋の悩み相談。純は羽純に「友達になってくれないかな。」「合点。」

愛が、「僕と純さんのホテルにつれてってください。」と頼みます。
純は愛をホテルサザンアイランドに連れて行きます。
「ホテルサザンアイランド、素敵ですね。」「私たちのまほうのくにだよ。」「はい。」
と純と愛の笑顔。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第141回

2013-03-19 21:26:51 | 純と愛
なかなか同意書にサインできない愛。その気持ちは、わかるような気がします。
純がとったのは、多恵子に応援を頼むことでした。後半、多恵子は人が変わったように良い人になりましたね。

愛の手術日が決まります。手術は明後日なのに、同意書にサインできない愛です。「純さん、手術やめませんか。こわくなってきちゃったんです。」「手術しなかったら、もって1か月だって。」「もっと純さんと話がしたいです。」
(愛が危機になって、本当の夫婦らしくなりましたね。)

剛が誠を励まします。愛は、うかばれないとか、愛くんも本望なんじゃないかとか、酷い表現ですが、誠を励まそうという気持ちは伝わります。誠は「ずーっとそばにおって。死ぬまでそばにおって。」と。(これって、プロポーズですよね。)

マリヤがつくった豚まんにダメだしする愛。
みんなからのビデオメッセージを愛に見せます。泣き出してしまう愛。
「早くサインしなさい。」と多恵子がやってきます。

多恵子から純に電話。愛が手術することを承知させたとのことです。条件は、手術の結果に関わらず、ホテルをオープンすることです。
「すいません。お母さんに頼りっぱなしで。」「別にいいの。家族なんだから。」「なさけない嫁です。愛君になにも・・・。」「それ以上言わないで。手術の成功だけ祈りましょう。そうじゃないと。」

〈純・心の声〉
「泣いてしまうからということばを、お母さんがのみこんだのが、わかった。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第140回

2013-03-18 22:55:50 | 純と愛
愛の病気は、脳腫瘍。手術しても治るとは限らないようです。
どうなるかはわかりませんが、最後はハッピーエンドでお願いしたいです。(もう撮り終わっているから、結末は決まっているのでしょうが。)

愛の病気は脳腫瘍で、手術をすすめられます。手術しても治る保証はないと医者に言われます。
意識を取り戻す愛。「生きててよかったって思って。だって僕が死んだら、純さんが悲しむから。僕が死んだら僕より純さんの方が辛いから。」(この台詞は心に響きました。)
愛は、しばらく両親に病気のことは知らせないで欲しい、ホテルは予定通りオープンさせてくださいと頼みます。

ホテルをオープンするために、純は家族や従業員の人たちへ役割分担。
誠も手伝うと言います。
晴海は、愛が入院したことをすぐに忘れてしまいます。

純が愛のお見舞いにいったとき、愛は「すごい眠いです。今日は寝ますね。」ねむり姫ならぬねむり王子になってしまうのでしょうか。
「ごめんね、愛君。あたしが病気のこと、気づいてあげれば、こんなことにならなかったのにね。」(家族が病気になったら、きっと純と同じことを思うでしょうね。家族が病気になるって、辛いですね。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第139回

2013-03-16 22:33:32 | 純と愛
狩野家に続いて待田家も再生しました。明るい未来がまっているようにみせかけて・・・最後は愛が倒れます。
両家うまくいったら、最終回ともいえますが。

〈純・心の声〉
「おじい、お父ちゃん、今日は久しぶりに家族がそろった愛君の誕生日です。」

誠が亡くなった純のことを話して欲しいと両親に頼みます。純は愛と仲がよく、愛が作った糸電話で話していたそうです。誠が生まれたとき、本当に嬉しそうだったとも。
多恵子は誠に、誠は家族の希望の光だったと言ってくれます。
多恵子は愛に、「純が死んだのはあなたのせいじゃないわよ。今を生きなさい。未来をみつめなさい。幸せになりなさい。それが、のこされたものの責任だから。」謙次が言うように、これは多恵子自身に向けてのことばでもあります
謙次と多恵子は、結婚指輪を肌身離さずもっていました。復縁もあり?

「空気がおいしい。」と誠。「気持ちいい。」と謙次。「あ~~~。」と多恵子。
家族の皆が、悩まされていた物から解放されたようです。
ホテルの前で記念写真。多恵子は純に家族だから一緒に入るように言ってくれます。

愛の提案で、ホテルの名前は「サザンアイランド」に。
純と愛が、糸電話で話しているとき、愛が倒れてしまいます。

予告編では、愛が大変な重病のようです。意識がなくなるのかもしれません。
最後は笑顔で終わって欲しいのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

純と愛 第138回

2013-03-15 21:57:17 | 純と愛
待田家再生するかもの回。
家族が一緒に過ごすことは、大事なことだなとこのドラマを見てつくづく思います。

プレオープン当日。
謙次と多恵子がやってきます。
壁の“と”をはさむ2人ですが、お互いに相手の欠点を言い合って、帰ると言いだします。
愛は、多恵子からもらった時計を見ながら「僕はみんなに幸せになってもらいたいです。これから、みんなのことを愛します。だって、僕の名前は、愛と書いていとしと読みますから。」と家族に訴えます。
そこへ、「ハッピーバースデー。」言う声とともに、狩野家、従業員の人たちが入ってきます。
正がもっているのは、ケーキ。
プレオープンの日は、愛の誕生日でもありました。
晴海は愛に「いつも純のためにありがとうね。」

待田家の4人が、ワインで乾杯
愛とともに亡くなった純のために。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加