羽をひろげて
motogpライダーになる事を目指しながらも、事故により他界した長男ショウの意思を引き継いで頑張るアイとヨウの記録です




GWの最後の週末、鈴鹿サンデーロードレースにヨウが参戦しました



昨シーズンの後半からCBRカップでロードレースを始めて
SATO RacingさんとPLUSONEさんのおかげで
今シーズンはJ-GP3で修行する事になりました

シーズン初めにGP3車両に2回乗った後、膝を骨折。
2ヶ月のブランクの後のいきなりの鈴鹿、初のJ-GP3レース。

膝もまだ屈曲の角度が浅く、コーナーリングは厳しいし
なにしろ、乗る事に対して消極的な状態だったので
「何、言うてんねんっ。気合入れろや」と思いながらも
大丈夫かなぁ~と心配しながら行かせると
前日の雨の走行では、4分10秒というとんでもない遅さで周回して
こりゃ、どうなることかと・・・



いざ、レースが始まると、ためらいや恐怖心を振り払って走れたようで
いちおう、レースに参加出来るレベルで走ってくれました。

予選:20位 決勝:17位


走りは10点だったけど、キャリアのなさから考えると
闘争心だけは満点だったかな

ヨウ
兄ちゃん、姉ちゃんを超えられるように、これから頑張ろう

チームの皆様、応援してくれる皆様方
本当にありがとうございました。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週の日曜日、2016シーズンの全日本ロードレース開幕となる筑波でのレースにアイが出場しました


≪PHOTO:梶崎さん、ありがとうございます≫

事前テストで手応えを掴んで、臨んだレースウィークでしたが金曜に転倒してしまい
その事をきっかけに、崩れていく流れを断ち切る事ができないまま

予選・・・
そして決勝・・・
と進めてしまうことになり、リザルトは最悪の転倒リタイアとなってしまいました。

多少は私も好結果を期待していただけに、チョー残念

私は負けるのは大嫌いなので、次に勝てるようにするにはどうすればいいか
レースが終わってからいっぱいいっぱい考えました。

アイも悔しかっただろうし、色々考えてはいると思う。
走りも改善する部分は山のように沢山ある。
そこはアイ自身もいっぱい考えてはいるみたい・・・。

でも、実は足らずは精神面。
もっともっと精神面を成長させないと更に上の世界は見えないかな~





甘えた根性は捨てて、もっともっと自分を追い込んでレースを頑張れ
(鬼の母を許しておくれ)
私達家族は心の底から応援してるんだからね


≪PHOTO:naniwa hideoさん、ありがとうございます≫



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年からアイはTEAM PLUSONEさんで、走らせてもらう事になりました。
ショウが昨シーズン走らせてもらえる予定だった、チャンピオンを輩出したチームです。
今までと違って、走りに集中させてもらえる環境に、アイ本人も凄く満足しているようです。

3/12に全日本に先駆けて出場した筑波の地方選では、自身で設定したタイムもクリアできて、気分良く、再度、先週、事前テストに行ってきました。


≪PHOTO:やまさん≫

2日間の走行も無事に終え、結果は自身の目標タイムをクリア。
順位は6番手タイムでした。

アイは技量も精神面でも、まだまだ未熟な部分が多い無名のライダー。
にも関わらず、チームの皆さんや、その他の方々にも沢山アドバイスや応援を頂いて、これまで以上に充実して凄く楽しくレースに取り組めているみたいです。

皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今週は新チームでの全日本初レース。


≪PHOTO:やまさん≫

応援してくれる方々の為にも、元気よく走って!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月の最終週に鈴鹿でNGK杯が開催されました



前回、鈴鹿の全日本選手権に参加して
僕がライダーとしての仕事をこなせなかったので
最悪の成績になってしまいました
これまでも、メカさんには取組み姿勢を
注意されてきたのですが、直せずにズルズルと進んできて
メカさんに見捨てられちゃって
レースは出れなくなっていました



レース直前の水曜の夜に、お父さんから

「メカさんが、
『最後に走りなさい』って言ってくれてるよ。
どうする?」

って、言われたので
金曜日から期末試験でしたが、学校を休んで
喜んでレースに参加させてもらう事にしました



僕は鈴鹿の全日本から、NGK杯までの間に
ミニバイクサーキットに練習に行っていました

今までRSに乗っていても、ただ漠然と走っていたのかな?
って反省して
「ミニでもコースレコードを抜く!!」
を目標にして、考えて走るようにしました。
すると、自分でもビックリしたのですが
走行の度にアベレージタイムが上がっていきました

そのミニバイクの練習の後
レースには出れないことを告げられて
僕はかなりのショックを受けました

でも、レースに出られる事になって
ジワジワと喜びがこみ上げてきました





レースの結果は・・・


予選:1位
決勝:転倒リタイヤ

シリーズランキング:2位


優勝すれば、今シーズン戦ってきた
藤井先輩を逆転してチャンピオン
っていう状況もあったのですが
僕は上手なレース展開も出来ないし
即席の作戦で、藤井先輩に通用するとも思えなかったので
とにかく、
・19秒台を目指して全力で走る
・レコードを塗り替えて、この世界に自分の名前を残す。
という事だけを考えました。

シーズンを戦うライダーとしては
間違った作戦だったかもしれませんが
このレースで僕が立てられる、精一杯の目標だったと思うし
ほんの僅かでしかなかったけど
これまでのコースレコードを塗り替える事ができ
いい取組みが出来たレースだったと思います





僕はレースが出来なくなって、後悔しています
「もっと前から、こういう風な気持ちで臨んでれば
 もっとレースが続けられたかなー」、と。
でも、ちゃんと取り組まなければ、こうなっちゃうんだ。
という、現実は受け止めるしかないと思いました。





僕は結局、結果は残せませんでしたが
RS125に乗った3年間の終わりで
自分がこの世界にいたという事を残せただけでも、
僕は自分として少しだけ
納得できる終わり方ができました。



今まで僕を応援してくれてた皆さんには
こんな終わり方で、申し訳ありませんでした
でも、こんな僕を応援してくれた事に、大変感謝しています。
そして、最高のマシンで走らせてくれたメカさん
本当にありがとうございました






コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )




日曜日に鈴鹿サーキットで全日本が開催されて
僕も参戦してきました

今年、ウェストチャレンジカップで調子のいい鈴鹿での全日本ということで
先輩ライダーの走りに少しでも近づけるように頑張ろうと思っていきました

でも、前の週のテストで考えにくいトラブルが続いて全然周回できず
不安が残ったままウィークに突入してしまいました。

レースまで一週間という短い時間でしたが
メカさんが原因を突き止めてくれて、完璧に直してくれました。
メカさん、本当にありがとうございます

マシンに不安のない状態で迎えたレースでしたが
悔しい事に決勝では僕がクラッチを焼き付かせてしまって
1周も出来ずにマシンを止めることになってしまいました

今回が2度目の全日本参戦で更に応援してくれる人が増えて
「頑張らないと!」、とは思っているのですが
レースは僕に足りない事だらけで
どうすればいいのか、いっぱい悩んでしまいます



ただ、苦い事ばかりではなく
お客さんが見てくれる全日本選手権という
ステージのにぎやかさを感じる事が出来ました

今回一つ、恥ずかしくて申し訳ない事がありました。
ピットウォークの時に僕達のマシンと僕も
参加させてもらったんだけど
その時、サインを求められて
そんな事を言われた事がない僕は

「書けないんです

って、言っちゃいました
せっかくサインを書いてくれるように
求められたのに断っちゃうなんて
すごく失礼な事をしたんだ・・・と帰ってから思いました。
あの時の方、ごめんなさい

もっと速くなって、またサインを求められるようにならないと

応援に駆けつけてくれた
テクニカ社長
ボディショップシミズの皆さん
ジュンちゃん&ジュンちゃんパパ
お手伝いしてくれた、まこっちゃんさん

新たに応援幕を作ってくれた
ボディーショップシミズのシミズ社長とたもっちゃん
テクニカのタカイチ社長
TAKE UPのタムラさん
AstecWorksのアオタ社長
コウヅキさん
オオシマさん
フジタさん
オオマエさん
ホンダさん
ニシモトさん
アリヤダさん
マエカワさん
ヤマモリさん
オオハラさん

いつも応援してくれる
タカハシファミリーとオオジファミリー
そして、学校のみんな

クシタニ西宮店さん
クシタニさん
ボディーショップシミズさん
テントに来て応援の言葉を下さったharadaさん
一週間前のテストでのマシントラブルを解消して
完璧な状態でマシンに乗せてくれたメカさん

こんな結果で本当にすいませんでした
そして、応援ありがとうございました

がんばるっ

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




今日は岡山国際で全日本選手権がありました

せっかくの全日本選手権という大舞台でしたが
僕は数週間前から自分の走りが
うまく、なおせない状態が続いていて
練習、予選と気持ちのいい走りができませんでした

そんな中でもたくさんの応援メールを頂いて
ものすごく励まされました

そして今日もたくさん応援の声を頂きました
そういう言葉を聞くたびに、僕は
「うしろから、追い上げたる~
と張り切っていました

そして決勝
苦手なスタートはやはり失敗
そのあと、追い上げの体制を整えようとペースを上げて行こうとした時
転倒してしまい大きくポジションを落としてしまいました

ピットに戻ってメカさんが応急的に直してくれて
再スタートして、なんとかチェッカーを受ける事ができました

でも、チェッカーを受けた後
応援に来てくれたみんなが手を振ってくれて
僕はその時ものすごく感動しました
そして支えてくれる仲間がいるということに
すごく感謝の気持ちでいっぱいになりました


今回のレースではいろいろな課題も見えたし
自分のレベルはこんなものなのかというのも
ハッキリ分かりました
これからは今後の課題をクリアしつつ
自分自身を磨いていこうと思います

応援メールをくれた皆さん

全日本に合わせて急いでスーツを作ってくれたクシタニさん

わざわざ応援に来てくれたクシタニ西宮店のコバヤシさん

ウィーク中、カウルを応急修理してくれたボディーショップシミズさん
そして応援に来てくれたボディーショップシミズのみなさん

いろいろとお世話してくれたテクニカさん

応援、お手伝いに来てくれた
ヨッシー&ヨッシーパパ
ジュンちゃん&ジュンちゃんパパ

いつも写真やビデオ撮影して応援してくれるナカツさん

ピットまで来て励ましてくれたカメラマンのharadaさん

みんなで一生懸命作って応援旗を用意してくれたタカハシファミリーさん

そして完璧なマシンで走らせてくれたメカさん

こんな僕にみなさん
本当にありがとうございました



これからも応援してくれるみなさんと
一緒にレースしたいので応援よろしく願いします

コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )




先日、岡山国際サーキットでレースがありました

僕は前日からあまり調子が良くなく、
そのままの展開をレースまで引きずってしまいました

結果は

予選 2位
決勝 3位

でした

自分でも何かが欠けてるみたいで
それが何かを自分なりに頑張って探してるけど
なかなか、上手く見つけ出せずにレースとなり
すごく悔しい結果に終わってしまいました

次まで時間はないけど
色々考えてみたいと思います。

クシタニ西宮店さん
テクニカさん
ボディーショップシミズさん
応援してくれてる皆さん
そして、僕を走らせてくれたメカさん

本当にありがとうございました





次のレースは岡山国際サーキットで開催される
全日本選手権に参加予定です

僕はまだまだ遅いので
ベストな結果は残せないかもしれないけど
今の自分の精一杯の走りをして
頑張ってみたいと思います



コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




★☆★
8月1日
岡山国際サーキットでレースがありました



今回のレースは悔しい結果となりました。
予選2位、決勝2位です。


★☆★
前の週の練習で転倒してしまい
マシンを大きく壊してしまって
セッティングがふりだしに戻ってしまいました


★☆★
レースウィークに入り
メカさんが必死で修復してくれて
金曜入りさせてもらえる事になりました
金曜日はセッティングを合わせるのに
すべての時間を使ってしまいましたが
なんとかセッティングの方向も決まりました


★☆★
土曜日はマシンの最終確認と微調整を行いました。
今シーズン、ずっと争っているケンタ君も
徐々に仕上がってる感じだったので、チョット気になりましたが
次の日も早かったので気にしないように9時半には寝ました



★☆★
レース当日この日も相変わらずの暑さでした
幸運にも予選は7時45分とかなり早かったので
あまり暑さを気にする事無く走れそうでした。

予選は一番後ろから出ました。
僕の前はケンタ君で、少し差が開いていました
僕は
「この差を走行時間が終わるまでに埋める
と意気込んでペースアップをはかりました
でも、ケンタ君は僕よりも若干速いタイムを出し
逆に差は開く感じでした
それでも何とかペースアップして
自己ベストと同じタイムまでもっていきましたが
でも、結果はケンタ君に負けていました


★☆★
決勝前には色んな人に声をかけてもらいました。
その中でも一番うれしかったのは
僕がスターティンググリッドに並んで
最初に目に入った横断幕でした。



僕は少し恥ずかしかったですが
ものすごくうれしかったです

Oさん、Tさん本当にありがとうございました



「この横断幕を作ってくれたみんなの為にも頑張らないと

と気合を入れてマシンにまたがりました


★☆★
スタートはかなり失敗して6位まで落ちてしまいました。
でも、すぐに挽回してバックストレートまでには
ケンタ君に追いつきました。
でも、走っているうちに
ケンタ君の方が速い箇所が多い事に気付き
抜ける場所が最終コーナーと
アトウッドコーナーくらいしかありませんでした


6周目くらいにアトウッドコーナーで仕掛けてみましたが
すぐにバックストレートで抜かれてしまいました

「これは最終ラップの最終コーナーに一回勝負しかないな」
と思いました。

そして最終ラップ
僕は最終コーナーで仕掛けるために
バックストレート後のコーナーから差を縮め
最終コーナーでのワンチャンスにかける準備を整えました。
そして、最終コーナー
ケンタ君も僕がここしかない事がわかっていたのでしょう。
インを閉めてきますが、僕は更にインへ
インに飛び込む事が出来たのですがケンタ君も引かず
ホームストレートではカウルがぶつかりながら
2人とも加速していきますが
コーナー進入で無理をしている分
僕の方が加速が鈍くゴールラインでは負けてしまいました



今回の負けはすっごく悔しかったですが
この負けをキッカケにチャレンジャーに戻ろうと思います




いつも応援してくれてる
クシタニ西宮店様
テクニカ様
今回からサポートして頂ける事になった
ボディーショップシミズ様
応援してくれていた皆様

本当に応援ありがとうございました

次のレースでは僕らしい
ベストなレースが出来るように頑張るので
応援よろしくお願いします

コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )




この日曜日、鈴鹿のフルコースでレースがありました

今回は期末テスト期間中だったので
前日の走行を走る事ができませんでした
しかも、いきなりの予選の天気は雨ということで
雨の苦手な僕にはちょっと不安でした



まずは予選です

前回のサンデーでは土曜日に転倒して
リズムを悪くしたので、
「今回は転倒しないように走ろう」
と、自分の中で決めて予選に挑みました

そのせいか、守りの走りになってしまって
かなりタイムは遅かったです
予選の中、「このままじゃ、ヤバいなー」と思い
最後にもう少しタイムをあげたつもりでしたが
結果は5位
今シーズン、初めての2列目スタート
1列目じゃなかった結果は不満でしたが
不思議とこれまでみたいに
不安でいっぱいになる事はありませんでした。
だから、次の日の決勝に向けて
すぐに気持ちを切り替える事ができました



予選が無事終了して、早めにお風呂に行って
夜はメカさんと僕の家族とで
一緒に食事をしながら、いろんな話をしました
このお店を出る時にコースターを柱にぶつけちゃう
という、アクシデントはあったけど
楽しい食事ができました



決勝の日、朝は雨が降っていました
僕は謙汰君に誘われ、一緒に下見バスに乗りました。
見た限り、レインタイヤかなって感じでした
でも、レースはこの2時間後・・・
となると、中途半端なコンディションになるかも?
レース開始の時間が近づくにつれ
サーキットの上の天気はその予想に近づいてきました

レース開始30分前になると
路面の確認の為にみんなコースとピットを
行ったり来たりしていました

僕らは
「レインタイヤで出て、コースを一回見てから
スリックタイヤにするか決めよう」
という話になっていました。
僕は下見バスに乗った時のイメージがあって
「レインタイヤで行けるやろー」
と思っていたのですが、コースインしてみると
「スリックだよな」って路面状況でした。

グリッドにつくとメカさんが超早業で、
タイヤを交換してくれました
タイヤ交換を終えたメカさんは汗だくでした。
僕の為にこんなに必死になってくれて
感謝の気持ちでいっぱいでした
だから、今度は僕が頑張る番です

スタートは少し失敗気味。
でも、気持ちを落ち着けてトップ集団の中で
みんなの動きを見て走りました。

2周目からはポケバイの時から一緒だった
心君と2人で集団を抜け出て行きました。
4週目まで抜きつ抜かれつしましたが
5週目に心君がヘアピン立ち上がりで
ハイサイドしてしまいます

それからは1位を単独走行となりましたが
中途半端な路面コンディションで
転倒者もいたので注意しながら走りましたが
自分でペースを作りながら走るのは結構難しかったです。
そんな時、謙汰君が猛追して来るのがわかりました。
だから、タワーに映る謙汰君のタイムと
自分のP-LAPに表示されるタイムを見比べながら
慎重に1位を守ってチェッカーを受ける事が出来ました


今回のレースは前週の練習で
いろいろなコンディションを走っていた事が
大きなアドバンテージになっていました。


でも、自分的に足りない部分も多く見えたので
この勝利に甘えることなく
次のステップに向けて練習していきたいと思います。

次は8月1日岡山でのウェストチャレンジカップに参戦予定です。



いつも応援してくれてる
クシタニ西宮店様
テクニカ様
ZERO様
応援してくれていた皆様

そして、忙しい中
マシンを完璧に仕上げてくれたメカさん。

本当にありがとうございました


コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




日曜は鈴鹿の西コースで、
ウエストチャレンジカップの第3戦がありました。

その日は今年一番の夏日和でした

予選はマシンの確認から始まりました。
というのも、前日の練習走行でハイサイドで転倒して
マシンを大破させてしまったからです
その後、メカさんが夜遅くまでかけて
必死に修理してくれたおかげで
予選で走行することができました


転倒した後の僕にいっぱい気を使ってくれたり
メカさんには本当に感謝です

僕自身も体のあちこちが痛みましたが
大きな怪我がなく不幸中の幸いでした

予選結果は2位でした
トップのK太選手とは、0.3秒の差がありました。
自分の中で、ちょっとこのタイムに
プレッシャーを感じましたが
レースは最後まで分からないので
落ち着いていく事だけ考えました

決勝は2時からと一番暑い時間帯です。

スタートはこれまでで
1番のスタートをきめることができました
「よっしゃー」と思い
「このままペースを抑え気味にして
チャンスを待って一気に追い込もう」
と流れが来るのを待ちました。



6周目にはK汰選手との戦いに
Y人選手が追いついてきて
そのまま抜かれてしまいました
でも、3人のバトルになる事は予想していたので
ここでも慌てる事無く対処するできました。

10周目
僕がトップに出る事が出来ました
自分が考えた最高のプランになったので
ペースを上げて引き離そうとしました。

ですが、大事なところでミスが続き
引き離すどころか逆にファイナルラップのヘアピンで
K太選手にパスされてしまいました

「絶対絶命や」と僕は思いました

でも、スプーンコーナーの2個目までに
追いつく事が出来、そのままアタック
そこではパスできたのですが、
無理に進入したせいで、脱出加速が落ち、
ストレートで並ばれそのままゴール

結果は写真判定で同着という結果になりました

僕は
「こんなことってあるんや」
と不思議な気持ちでした
喜んでいいのか、悔しがるところなのか・・・
でも、今回は考えながらレースが出来て良かったと思います。
逆にこのレースで自分の苦手なところも見えたので
これからの練習で克服していきたいと思います


この画像は一つの優勝カップを2人で持つ
珍しい表彰台の絵です


いつも応援してくれてる
クシタニ西宮店様
テクニカ様
ZERO様
応援メールを送ってくれた皆様

本当に応援ありがとうございました





コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ