skydust

ローリー

復帰45年

2017-05-16 | 日記

 

 

 




 

OKINAWAが復帰してから45年。

本土復帰したとはいえ、未だオキナワのままだ。

でも精神的・文化的にはもう充分本土並みのような気がします。

だって沖縄の人が沖縄を声高に誇れるし、

頭かちゃかちゃーの若い子なんかどこにもいないのだから。

ドルが円になり、道路の右側通行が左側通行になった。

南沙織やフィンガー5が登場して、

決定打の具志堅用高の快進撃もあった。

それからビギンや安室奈美恵、SPEEDなどが続き、

名実ともにオキナワは全国区になった。

個人的にはやはり深紅の優勝旗が海を渡ったことでしょうか。

亡くなったうちのおばぁも、

生きてるうちに優勝が観れるかな?なんて言ってたねぇ、、

僕もどこか、甲子園から深紅の優勝旗が海を渡った瞬間、

オキナワの本当の本土復帰ではないか、

なんて思ってたりしてましたね。

 



まだまだ貧困問題や基地問題など、問題は山積みだし、

本土とオキナワ、オキナワとアメリカ、オキナワの中の対立、、

相容れぬ県政と政府を見る度に、ほんと誰かが仕組んでるのか?

というぐらいとにかく物事が円滑に進まない。

でもこれからはね、物を作り増やすことからは脱皮してね、

物を減らす社会じゃないと駄目だと思うんだ。真剣にね。

未来の子供達に要らない物をわざわざ残すことはない。

余計な予算で箱物や道路ばっかり増やすのではなく、

もっと未来に寄り添って、必要なものに予算を使うべき。

誰ぞが真剣にオキナワにカジノ誘致なんて言ってますが、

やめといた方がいいね。

依存と癒しの奇妙な島になりかねない。

本土復帰を越え、僕らから〝劣等感゛は消えた。

確かに暮らしも豊かにはなったけど、

その分失ったものも多いんだ。

 便利になるのもいいし、裕福になるのもいんだよ。

ただ、五感を失うのがね。。。何よりも怖いこと。

 実際、そういう世の中になってきてるから、

 それだけは奪われないように。。。願ってます。 

 遥か昔はね、沖縄人もインディアンも第六感を持ってたんだよ。

目で夕方を感じたり、帰り路の夕食の匂いを鼻で感じたり、

あったかい晩ご飯を味覚いっぱいで感じ、

お風呂で今日の疲れをとる。

そして眠る前に深夜ラジオで自分だけの名曲を探す。。。

当たり前のことだけど、すごく大事なこと。

それさえあればきっと大丈夫!

皆さん、明日もいい日で!


 

ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一家に一台 | トップ | レディース2days »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL