あまりもの

日々のつぶやきなど

さなだとIQ

2016年10月17日 | ドラマ
まる

源次郎がどんどんかっこよくなっていく
あの変装はそこに重ねたら父上が起こるかもしれないけれど私的には源次郎は父上を憑依させて入城したのだと勝手に思ってる

雁金踊り、春ちゃんはかわいいしきりちゃんはキレがあったな!
見張りの人たちのお咎めができるだけ軽いといい

すえちゃんは源次郎が流刑中だから結婚を世話してくれる人がいなかったんだろうか?真田の人たちは考えてくれなかったのか
作兵衛の乳を吸っていた、に泣き笑いな感じ

源次郎の身なり派手だったなー
大助は田舎で野良仕事してた父親が突然こんな感じになってどう思うのだろう
いきなり10万の大将格なんてびっくりじゃないのか
実際身分的には源次郎ってどの辺だったんだろう
毛利さんとかえらそうな感じだけどそういう人たちと並べてもらえたの?
そう言えば源次郎はポジションは何だ。関ヶ原の時には実家に帰ってたから大名真田の元当主の次男で今弟というだけ?
関が原実質大将の三成の部下的な認識はあったりなかったりするのか
元からの人がほとんどいないから人間関係よりも肩書重視なんじゃと思ったりするけど秀頼と淀殿が頼ったらそれが権威になるのか
さらにそういえば流刑になったらその時に個人の財産は全部没収されちゃうんだろうか
財産って年貢と城とか土地と密接でそこを離れたら自然になくなってしまうものなのか
源次郎の着物が母上から送られて持て余してた派手な反物だったとかならいいなー

淀殿、黒の入った着物でまさに魔性の美女という感じになっていた
源次郎に学習能力があればあの淀殿を見たら「豊臣滅ぶな」と感じそうなものなんだけど(笑)

内記さまが身なりがさっぱりして前より元気そうに見えた

兄上のご病気心配だ

おこうさんがすっかり完全に家来っぽくなってて、なんだか複雑な感じ。側室じゃ駄目だったのか
みんなこれから嫡男の実母に命令したり仕事の頼み事したりって出来るのか、それとも稲さん専用なのか
うーーーん。でもやっぱりなー元々真田の正当なお姫様だと思うと何かが許しがたいものがある。世の理不尽を背負ってるのか。でも背負わせてるのが真田の人たちだからなーなんで側室じゃないんだろうなー。これまでみたいにもうちょっとこう「なんだか勝手に働いちゃう側室」くらいに見えてたらよかったのに
おこうさん的には息子が嫡男になってそれで昇華したのかな

服部半蔵。押し通ったか!(笑)

あのついてきた九度山の村人は何か活躍するのかな。楽しみにしておこう



IQ

初回はとにかく司馬先生と石川先生しか考えられなかった!
司馬先生は自分の中でついこの前昌幸父上に抜かれるまで三谷さん作品で好きキャラトップだった!
二人だけのやりとり中一瞬司馬先生っぽい表情もあった気がする!
面白かったなー振り返れば奴がいる。あの頃久しぶりに次週が楽しみなドラマだった

とか考えてたら結局花屋さんがなんでお寿司屋さんを殺したのか聞きのがしてしまった
なんでなんだ?

とりあえず趣の異なる豪邸を楽しんだ

あの護衛じゃない方の女刑事のキャラがどこかで見覚えがあるんだけどどこだろう

出浦さまがこんな所にいらした!
早く大阪に向かって下さい!

この枠で何回か前のドラマが筋立てはふつうに面白かったのにおふざけが学生の自主製作か!とツッコミを入れたくなるレベルだったので、今回はそうならないように祈ろう


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あいぼうとシェフと十人 | トップ | 淘汰 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。