あまりもの

日々のつぶやきなど

2016年09月15日 | ドラマ
うるおんな

最終回
退屈はしなかったけどなんだかなという感じだった

バリアフリーでなくていいんなら10億も出して古くて汚くて飲み屋とか入ってて大手不動産会社が再開発を進めてる地域のビルなんか買わなくても引っ越しをやめればいいんじゃないかとかそれだけ出すならもうちょっと小さくてもいい物件があるんじゃないかとか
そもそもバーのママは課長とさんげんやさんのクビと引き換えにでもそこに残りたかったかとか(シラスミカの実家は潰したのに)
そういう不満が残った
さんげんやさんが正義でないのは知ってるけど

さんげんやさんのシラスミカへの言葉とかあだちのシラスミカおねだり拒否とか課長が最後まで恋愛問題ではすっきりしなかったとか、なんかこう作り手さんの自意識による「視聴者の予想通りにだけはしない方向で」締めようと思った結果が登場人物たちにしわ寄せというかとばっちりが来たというかそういう気持ちよくない感じが残った

にわくんがきっぱり拒絶?されたのは清々しかった(笑)
けどちょっと前まで彼もさんげんやさんに対抗しようと頑張ってたはずなのになーと思う

続ける為か終わらせる為かの理由でどこかで何かが捻じ曲げられたような匂いを感じるんだよな

何も考えさせないでいてくれるうちは楽しいドラマだった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イフ妄想 | トップ | かき氷2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。