脱サラ整体師の午後

日々の生活や施療の中で、発見したこと、気がついたことなどを綴ります。画像:ゆずちゃん(5歳・♀)お客様です☆

ちょっとハッピーな出来事

2017年06月30日 | 日々の施療
私が、整体師の仕事をしていて、楽しいなと思うことのひとつは、
日々、色々な仕事や年齢の方々と、お会い出来ることです。
しかも、ある程度まとまった時間接するので、お客様との
会話から、情報や知識が沢山入ってきます。
様々な現場のプロの人たちの話が聞けるので、
とても楽しく、また勉強になります。
この点が、私たちの仕事の“ラッキーな部分”
かもしれませんね。

最近もうちのお店で、こんなことがありました。

週末、定期的に来院されるJさん(50代・女性)は、
「保護犬の里親探し」のボランティアもされています。
昨年の暮れに、チワワのオス(推定9歳)を保護し、
一時的に預かったそうです。
それが丁度クリスマスイブの日だったので、「さんた」
と命名したそうです。
「さんた」は、虐待を受けていた様子で、なかなか人を
信頼できず、近づく者に「ガゥガゥ!」と唸って、
時に噛みつくそうです。

一方、毎週日曜日来院されるKさん(50代・女性)は、
昨年、母親、そして愛犬のチワワと、立て続けに亡くし、
以来とても寂しそうにされていました。

私はある時、Kさんに、「さんた」が里親募集している
ことを伝えてみました。
するとJさんのブログで「さんた」を知ったKさん、
大変興味を持たれたようです。
そして、4月に「お見合い」、5月に2週間の「トライアル」(預かり)
を経て、今月晴れてKさんは、「さんた」の里親になりました。

大変臆病で、気難しく、心に傷を持つ「さんた」が、
果たしてKさんに慣れてくれるか心配でしたが、全て取り越し苦労だったようです。
2人は、とても仲のいい関係のようです。
最近、Kさんの背中の張りが少し緩んだのは、きっと私ではなく、
「さんた」のおかげです。
自律神経の糸が、やっとリラックスモードに入ったのですね。

今回、ちょっとした情報から、Jさん、Kさん、「さんた」3者の
ハッピーな橋渡しが出来たことが、とても嬉しいです。
これからも、人・ワンちゃん・情報との出会いを大切にしながら、
整体師の仕事を続けていきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 施術をしないという選択肢、... | トップ | 藤井聡太四段 に学ぶ子育て... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の施療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。