脱サラ整体師の午後

日々の生活や施療の中で、発見したこと、気がついたことなどを綴ります。画像:ゆずちゃん(5歳・♀)お客様です☆

子どもと整体のあいだに

2016年12月07日 | 日々の施療
うちの店は、子ども向けのメニュー(キッズ整体)もあるため、
店内にキッズを意識したグッズを少し置いています。

「頭部の模型」は、分解できるので、子ども達に1番人気です。
また、全身の骨格模型でも、楽しそうに遊んでいます。
最近、「人体絵本」(ジュリア―ノ・フォルナーリ著/ポプラ社)
を新たに入手しました。
部分的に色々めくって見れるので、大人でも退屈しません。

時々訪れるMさん(40代・女性)は、小学校の先生です。
Mさんは、「人体絵本」を見つけるなり、
「これ面白いですね!今度、4年生の理科の授業で、人体の話をするので、
 教材にしてみようかな?
 早速、アマゾンで取り寄せてみます。」

そして3週間後、Mさんが、息子さん(Rくん、小4)を連れてやって来ました。
R君は、サッカー少年で、練習中に左ハムストリングを痛めたそうです。
私は、肉離れや炎症が無いことを確認し、キッズ整体30分を行い、
最後に、キネシオテープを貼りました。

Mさん 「先日の「人体絵本」、子どもたちに大好評でしたよ!
    プロジェクターで拡大して見せたんです。
    それから、“整体”についても、子どもたちに説明してみました。
    “整体”は、体を整えると書くこと。
    人の手によって、筋肉や骨格を調整して、体の不調を治す方法のこと。
    去年、私の右肩が上がらなくなり、やむを得ず左手で
    板書していた時も、整体で治したこと。
    また、子どもたち(小4・小3・年長)もみんな整体が好きで、
    たまに連れて行くこと。
    そうしたら、みんな真剣に聞き入っていました。
    痛くないんですか?なんて、質問する子もいて、みんな
    整体にも興味を持ったようです。」

整体についても、こんなに詳しく小4の理科の授業で説明して頂き、私は
とてもうれしかったです。

Mさん 「来月は、一番下の娘の誕生日なので、連れてきますね。
    プレゼントは、整体がいいというんです♪」

これには、私も驚きました。
何という5才児!
でも、小さな整体ファンに、私も感激です ☆ 

子どもたちにとって、整体がもっと身近な存在になるように、
体だけでなく、心や脳にもプラスアルファの効果があることを、
もっともっと、大人たちに伝えていきたいと思います!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニンジンを食べるバランスボ... | トップ | 福銭付きの駅弁があった! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の施療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。