茜ちゃんの「島日記」

奄美群島から文化の発信を試みております。自然・文化・民俗学など想い付くままの事柄どうぞお聞きください。

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2016-9-16号」

2016年09月15日 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの

 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

 

2016-09-16号 

 

 

スーパー台風14号中国上陸!

 

最近は台風が近海で発生し、すぐに日本列島に押し寄せて来るようになった。

先般の台風10号の後始末の出来ない内に、今度は15.16号である。

14号は台湾、中国を襲い900hpというスーパー台風となった。

中国本土でも大被害が出ているであろう。 台湾も酷い・・

 

台湾・高尾での被害

 

台風16号は台湾と波照間海峡の辺りを北西に進み、大きく偏西風で蛇行して、

北九州海岸に上陸するかもしれない。皆さん、気を付けてね!

 

 民進党の代表選挙

 

 

9/15に民進党の代表選挙が行われた。 政策論争は報道機関からはほとんど聞かれず、

漏れ聞こえて来るのは・・<二重国籍>の話ばかりであった。

9/13までは日本人であるという話になっていた。

途中、幾度となく二転三転して来た話であったが・・

9/13になって、選挙の地方投票者の締め切り日に於いて、

突然、<自分は現在二重国籍者である告白!>

すでに、投票者は投票を終了しているのに・・

これは・・「詐欺行為」と同じ理屈になるのではないかな??

 

それは法理的に問題あり ?

   

 

 現在、母国であるという台湾政府に、台湾籍の確認と抹消を届けている途中とか‥

外交官ですら二重国籍は認められない。当然の事である。

もし、野党の民進党が将来政権を捕ったらどうするのか??

首相は二重国籍者で良いのか?? 当然ですな!

今後、国会では大混乱になるであろう。

 

 

 

 

尖閣諸島問題-5

 

米海軍・強襲揚陸艦(40.000t) 

 

 

 9/4から始まったG20以降暫くは鳴りを潜めていた、中国海警局の船舶が相も変わらず、

尖閣諸島を回遊している。先般のような大量の漁船は全くなし。

日本・潜水艦

 

 

先回も詳しく書いた通りの理由で、中国も乱暴なことが出来ないのである。

当初、予想した事情が専門家筋から漏れ聞こえてきた。

大凡、事情は予想通りの事であった。

1-米国の強襲揚陸艦の出撃とケネデー大使の行動

2-米国の原子力潜水艦の黄海付近の偵察行動

これが中国の行動に大きくブレーキを掛けたのである。

<日米と東シナ海で衝突したら、現在の戦力からして中国には、勝利の可能性は全くない>

以上の判断から、中国は8/15の幹事長と駐日大使の会談で即撤退!

以上が現在までの真相であった。

 

米国第七艦隊攻撃用空母部隊

   

中国が 撤退した背景は複雑ではあるが、簡単に理由を書くと、

1-政府中枢と中国海軍等の連携が上手く取れていない。

現在の中国政府は権力闘争の真最中であって、尖閣諸島如きに手を取られている場合ではない。

海軍は人民解放軍であり、海警は地方の機関である。中央と意思の疎通を欠いている。

確かに、杭州辺りは習近平の最近まで、権力の及ぶ所ではあったが、

現在は天津市長(習近平の部下)が天津大爆発の嫌疑で拘束中。

そんなところではない!!

2-中国の軍事力は張り子の虎

中国の艦艇と戦闘機

  

中国には核が有る。しかし、中国は核の先制不使用を宣言している建前が有るから、

戦時にすぐ核の使用は出来ない拘束が有る。

そうなると、先ずミサイルや艦船や戦闘機や爆撃機の使用となる。

しかし、多数が古い型のもので、戦時には殆ど使えない。

中国空母・遼寧 (寂しそう???)

後残りが新型の艦船・航空機である。戦力はやっとこれで均衡する。

しかし・・

一番大事な稼働率が・・中国20%! 米国80% 日本90%

軍人の戦闘能力の不備・不足

これでは戦争にならない!

これが実際のところの 日米VS中国の 現実です。

という訳で中国は皆逃げ出したという結果になりました!

 

 

報道機関ではこのような現実を書かず、今にも中国が攻撃するかのような論評が目立つ。

一部の評論家もまた同じ状態である。数字の裏付けがないのは一番怖い!

我々は戦争と云うものは総力戦であり、一部の勝利が最終的な勝利に繋がる訳でない。

このことを知っておかねばならないし、金融経済力のない国は何れ軍事でも負ける!

此の事を十分承知するべきである。旧ソ連はその典型であった。

現在の中国の現実は張り子の虎である。

 

 

次回は北朝鮮情勢とフィリッピンについて

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サワラチャンの加計呂麻島... | トップ | 「サワラチャンの加計呂麻島... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL