金融そして時々山

山好き金融マン(OB)のブログ
最近アマゾンKindleから「インフレ時代の人生設計術」という本を出版しました。

無職と書くかわりにpensionerと書く方法がありますよ

2016年10月19日 | うんちく・小ネタ

滅多に読まない新聞の読者投書欄だが、今朝たまたま読売新聞の投書欄に70代の元大学教授が役所などに提出する職業欄に無職と書かされるのに抵抗を覚えるという一文を寄せているのが目にとまった。

日本ではあまり一般的ではないと思うが、退職者は職業欄に無職ではなく、年金生活者と書くのが海外では一般的だという話を聞いたことがある。日本人でも退職者が海外旅行をするとき、職業を記入する場合は「無職」ではなくPensionerと書くべきだと言われている。無職と書くと収入がない人だと思われ、入国管理局などが不安になるからだ。

私は昔企業年金関係の仕事をしていて、米国のステートストリートと一緒に仕事をしていたことがある。ステートストリート銀行は年金や投資信託といった信託業務を取り扱う米国の大手信託銀行だが、その幹部は常に「自分たちは年金業務を通じて退職者たちの尊厳を維持することを目指している」とコミットメントを述べていた。

米国流のレトリックがあることは割り引いて考える必要があるが、独立した収入源(政府や家族に頼らない)が退職者の尊厳を確保していることは間違いない。

年金、少なくとも企業年金は退職金の延払いであり、退職金は給与の後払いであることを考えると年金は決して誰から与えられる「恩給」ではなく、自分が稼いだお金なのである。

Pensionには年金という意味の他、家族経営の小規模宿泊施設という意味もあるが、語源は同じらしい。つまり退職した人が将来の収入のために、自宅などを改装して宿泊施設にしたことによるという。

中国の古典(管氏)に「衣食足りて礼節をしる」という言葉がある。生活が豊かになるとおのずと道徳心が向上するという意味だ。古代ローマは市民層が崩壊したことにより滅亡した。

これからますます高齢化が進む日本では「高齢者」としっかり市民と位置付ける必要がある。無職と書くよりはpensionerと書く方が良いと私は考えている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オバマ大統領、トランプに泣... | トップ | 銀行のノルマ営業監視、徹底... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL