金融そして時々山

山好き金融マン(OB)のブログ
最近アマゾンKindleから「インフレ時代の人生設計術」という本を出版しました。

連銀、年内追加利上げとバランスシート縮小を発表。ただし市場には違和感残る

2017年06月15日 | ライフプランニングファイル

昨日(6月14日)2日間のFOMCの後、連銀は政策金利の0.25%の引き上げを発表した(ターゲット金利は1.00%~1.25%)。これはほぼ完全に市場が予想していたレベル。

また連銀は最近の弱気の経済データは一時的なものとして、年内1回の追加利上げとバランスシート削減案を示した。

バランスシート削減は期日の到来する債券の再投資を削減することで実施される。国債については月額60億ドルを上限に、モーゲージ債については40億ドルを上限に再投資額を削減し、削減額を3カ月ごとに増加させ、最終的には削減額の月額上限を国債300億ドル、モーゲージ債200億ドルに引き上げる予定だ。

連銀は今年度のインフレ予想率については、3月時点の1.9%から1.7%に引き下げたが、2018年待つまでに、連銀がターゲットとする年率2%のインフレを達成できるという見方を示した。

一方足元の経済データは連銀の予想と逆の方向を示した。昨日朝労働省が発表した5月の消費者物価指数は前月比0.1%低下した。また商務省が発表した5月の小売業売上は、前月比0.3%減少した。

これらの弱い経済指標を材料に10年国債は買われ、一時利回りは昨年11月以降の最低レベルに達した。連銀の声明発表後若干利回りは上昇したが、債券投資家の間には、米国のインフレは連銀が示唆するほど進行するのかどうか懸念が残っている。

経済と物価上昇に対する連銀の強気と投資家の懐疑的な見方が交差している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【イディオム】Uneasy Peace... | トップ | 梅雨の晴れ間の水生植物園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL