金融そして時々山

山好き金融マン(OB)のブログ
最近アマゾンKindleから「インフレ時代の人生設計術」という本を出版しました。

大きな公園、楽しみ方は人それぞれ

2017年04月20日 | まち歩き

昨日昭和記念公園までサイクリングをして、チューリップなど花の写真を撮って遊びました。

お昼に渓流広場レストランでビールを飲みながら、周りを見ると公園には色々な楽しみ方を求めてきている人がいることに気が付きました。

となりのテーブルのやや年配の女性グループはお喋りに熱中していました。このグループは「花よりおしゃべりグループ」です。

後のテーブルのおじさんグループのテーブルにはビールや缶酎ハイの缶が並んでいました。このグループは「花よりお酒グループ」です。

少し先のチューリップ畑では三脚を広げて熱心に写真を撮っているグループや単独のカメラマン(ウーマン)がいました。このグループは「カメラフリークグループ」です。

お揃いのサイクリングウェアを着て、ロードレーサーに乗っているサイクリストもいました。このグループは「シリアス(熱心な)サイクリストグループ」です。

でも一番多いと思ったのはグループや家族連れでスマートフォンで写真を撮り、ほどほどに花を楽しみながら散歩しているグループでした。

このグループは「公園お楽しみグループ」と呼びましょう。また少数ですが本格的に絵を描いている人や野鳥観察をしている人も見かけました。

昭和記念公園のような大きな公園の楽しみ方は人様々です。欲張りな私は「自宅から往復30kmのサイクリング」+「一眼カメラでの花撮影」+「ランチビール」を楽しみました。

今のところ30kmのサイクリングは快適ですが、もう少し歳を取ると自転車で往復はきつくなるでしょう。若い時は「大きな公園の近くに住む」ことを住居選択基準に入れていませんでしたが、シニア世代になって時間に余裕がでてくると、半日くらい楽しむことができる大きな公園の近くに住むことは重要な住居選択基準ではないか?と考えるようになりました。

(写真はビールとチューリップの重ね撮りです)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花咲き乱れる昭和記念公園へ | トップ | 【イディオム】Complacent ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL