金融そして時々山

山好き金融マン(OB)のブログ
最近アマゾンKindleから「インフレ時代の人生設計術」という本を出版しました。

佐川の飛脚メール、多少不安は残ったが格安だった・・・

2017年01月25日 | うんちく・小ネタ

NPO法人や一般社団法人で大きなコスト要因は郵送費用だ。ヤマト運輸がメール便を廃止して以来頭を使う問題である。

私が事務局を務める某団体では今月会員向けに学会誌等を佐川の飛脚メールを使って発送した。

仮にこれを郵便局から送ると360円かかる(レターパックライトを利用と仮定。重量があったので「ゆうメール」の方が割高と判断した)。

佐川に集配を依頼すると@100円の請求書を置いて帰ったので、少し気になり(HPには300g以下165円、600g以下216円とある)、担当営業所(練馬)に後で電話をしたがまったくつながらない。

「本当に無事配送してくれるのかな?」と少し心配したが、問題なく配送された。

HPを見ると「大量発送の場合は割引があるので、担当営業所かセールスドライバーに相談してください」とある。相談する前にセールスドライバーが割引価格で受注してくれたようだ。

相談したくても電話がつながらないという問題はあった(集荷専用の電話はつながったが)が、郵便局に較べると格安である。

「ゆうメール」にも大量発注による料金割引はあるが、こちらは個数が500個以上から。

残念ながら某団体の発送個数はそこまでいかないので、「ゆうメール」の料金割引は使えない。

ヤマト運輸にも「クロネコDM便」というサービスがあるので、次回は佐川の営業所の混乱が収まっているかどうかを確認しながら、クロネコの利用も視野に入れる必要があるだろう。

団体事務局というのも、単なる事務処理ではなく、ある種のリスクを取ながら、コスト削減を図らなければならない時代になったと感じだた次第だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投資の上からは「強いアメリ... | トップ | 久しぶりに電子本の出版に取... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL